いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】特殊部隊用戦闘服(ブラックBDU)とは? 0294 🇺🇸 ミリタリー

 

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の特殊部隊員用の戦闘服を分析します。

BDU(バトルドレスユニフォーム)のデザインとしては、ちょっと古いタイプになります。

でも、独特の凄みがありますよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカ軍特殊部隊用戦闘服(ブラックBDU)とは?

この前観ていたTVで、「ファッション初心者は、白か黒を基調にした衣類を選ぶべきだ…」なんて若いファッションリーダー(?)が言ってました。

(すかさずメモしたことは言うまでもありません。)

 

なるほど、中間色はコーディネートも難しいですよね。

 

何気なく選ぶことの多い黒い衣類ですが、軍服の場合は、いくつかの意味があるようです。

 

まず敵対する兵士にとっては、畏怖の感情を持たせる…つまりビビらせる効果があるそうです。

(日本では、迷彩服の方が効果がありそうですが…。)

 

一方、味方の軍隊の中では、他兵科との差別化を図り、エリート意識を醸成させる効果があるようですね。

 

第二次大戦中のドイツ戦車兵には、黒いウールの戦車服と呼ばれる独特の制服が支給されていました。

(兵科色はピンクでしたが…。)

 

今回のモデルは、その両方の効果を得ることを目的に製造されたものです。

 

一般に使われることは稀で、多くは特殊部隊用でした。

 

さてさて、それはどんな戦闘服なのでしょうか?

 

今回は、特殊部隊マニアのみならず、ファッションリーダーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アメリカ軍特殊部隊用戦闘服(ブラックBDU)の全体及び細部写真

前面

襟元一番上のボタン以外は、全て隠しボタンなのが特徴です。

 f:id:akmuzifal6489:20200120073152j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200120073414j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200120073043j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200120073110j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200120073134j:image

 

タグ①
f:id:akmuzifal6489:20200120073146j:image

 

タグ②

1997年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20200120073220j:image

 

襟付近
f:id:akmuzifal6489:20200120073206j:image

 

右胸ポケット

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200120073141j:image
f:id:akmuzifal6489:20200120073120j:image

 

腰ポケット

こちらも2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200120073052j:image
f:id:akmuzifal6489:20200120073127j:image

 

左胸ポケット

ポケットフラップにスリットがあって

ポケット内にペンポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200120073229j:image
f:id:akmuzifal6489:20200120073159j:image

 

袖には肘に補強生地があります。

袖口は3個のボタンとタブで開放・調整
f:id:akmuzifal6489:20200120073212j:image
f:id:akmuzifal6489:20200120073236j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ軍特殊部隊用戦闘服(ブラックBDU)の特徴とは?

生地は、薄いリップストップのコットンです。

 

ブラックに染められていて、イメージは墨汁の中に漬けたものを乾かした感じですね。

 

本当の真っ黒です。

 

デザインは、ウッドランドBDUの後期型を継承しています。

 

標準的な4ポケットのコートタイプですね。

 

ベトナム戦争当時に採用された、トロピカル・コンバットユニフォーム(通称ジャングル・ファーティーグ)の流れを汲むものです。

 

サイズ感は、概ね表記通りですね。

 

全体的な縫製は、少々雑ですが強度抜群の、アメリカ軍スタンダードな仕上がりです。

4  アメリカ軍特殊部隊用戦闘服(ブラックBDU)製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1997年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                   ナイロン

 ・表記サイズ                S–R

                                 (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約75センチ

                                    肩幅  約53センチ

                                    身幅  約64センチ

                                    袖丈  約62センチ

 ・状態                        中古良品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ軍特殊部隊用戦闘服(ブラックBDU)まとめ

ベトナム戦争中の南ベトナム解放民族戦線(通称ベトコン)は、よくブラックパジャマと呼ばれる薄いコットンの黒服を着用して戦闘することがあったようですね。

 

これに目をつけたアメリカ軍は、ジャングルファーティーグを黒く染め、鹵獲した中国製の自動小銃を持って、偵察や非公式な作戦を行なっていました。

(遠目には、区別つかないですよね。)

 

ところで、外国人の多くは上下黒服に独特の感情を持つようですね。

(警察関係の特殊部隊も一部では黒服ですよね。)

 

…じつは、最近よく発生しているアメリカ国内での銃乱射事件でも、多くの犯人が全身黒尽くめだったりしています。

 

自分を奮い立たすためでしょうか?

 

それとも、他者より優れていると言う事をアピールしたいのでしょうか?

 

犯罪者の心理はわかりませんが、何かを決心した場合に黒い服装をするようです。

(葬儀を除いて。)

 

日本人は…特に私のような昭和生まれは、学生服とか女子のセイラー服などが上下黒であったため、黒服にもあまり違和感はありませんね。

 

でも、目の前にいきなり全身黒尽くめの人間が現れたら、ちょっと感情が乱されるかもしれませんね。

 

さて今回のモデルですが、いつものようにサバイバルゲームや野鳥観測には向いていないようです。

 

勿論、野生動物の目にも、人間のシルエットが浮かび上がって目立つかもしれませんね。

 

黒い装備は、ヒストリカルゲームで特殊部隊を演じたり、ファッションで使用するのが良いようです。

 

アメリカ軍のBDUがベースなので、使い勝手は良いですよ。

 

今回のモデルは官給品ですが、モデル品も多く発売されていますね。

 

サイズも各種あるので、いつでも誰でも着られそうです。

 

今年の夏は、黒いBDUでキメてみませんか?

 

そうそう、洗濯時にはかなり色落ちしますので、呉々も白いシャツなどと一緒に洗わないようにしましょう!

 

今回は、アメリカ軍特殊部隊の戦闘服を分析しました。

次回は、アメリカ軍つながりで戦車兵用のジャケットを分析します。

お楽しみに!

参考:今回のモデルの原型BDUはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.co

ベトナム戦争当時の標準的なジャングルファーティーグはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


アメリカ軍 BDU ジャケット ブラック 357 デッドストック JB028NN リップストップ Black357 メンズ 黒 コンバット ユーティリティー サバゲー アメカジ サバイバルゲーム ミリタリーファッション ミリジャケ ワーク アーミージャケット カジュアル 春夏 春先 スプリング

 

スポンサーリンク

まっくら森の歌

まっくら森の歌

  • 谷山浩子
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes