いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】陸軍CVCジャケットとは? 0295 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍のCVC(コンバット・ビークル・クルー:戦闘車両乗組員)ジャケットを分析します。

以前デザート用を分析しましたが、今回は一般用です。

勿論、ヘリクルージャケット…ではないですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍CVCジャケットとは?

第二次大戦でアメリカ軍は、画期的な防寒衣料を開発し、一部の部隊に支給しました。

いわゆるウインターコンバットジャケット、通称「タンカース・ジャケット」です。

丈が短く、襟、袖、腰にニットを配したデザインは、現代のMA–1をはじめとするフライトジャケットや、スタジアムジャンパーの原型ではないか?と思われるほど、洗練されたデザインでした。

(しかもライニングが毛布生地で、とても暖かいジャケットでしたよ!)

しかし第二次大戦中に廃止されました。

以降は専用のヘルメットなどを除き、一般兵科と同じ被服が支給されました。

そんな中、各地で大きな戦争が起きます。

朝鮮戦争、インドシナ戦争、中東戦争そしてベトナム戦争です。

そのうち、直接アメリカ軍が関わった戦争は朝鮮戦争とベトナム戦争ですが、その他の地域における戦闘の情報も続々入ってきました。

なかでもアメリカ軍が注目したのは、撃破された車両の状況でした。

特に旧ソ連製(又は衛星国製)の携帯対戦車ロケット弾や対戦車ミサイルで撃破された戦車は、車内が黒焦げで装備していた弾薬が誘爆を起こし悲惨な状況になっていました。

勿論搭乗員の被害も甚大でした。

何しろ戦車内には、各種弾薬や燃料が積まれていて、一旦火がつくと激しい火災に発展するんですね。

早急に対策が必要でしたが、ヒントはパイロット装備にありました。

同じ頃、航空機の火災に悩んでいた海軍、空軍は、1970年代にはすでに難燃繊維製のフライトジャケットを実用化していました。

遅ればせながら陸軍も戦車兵などの戦闘車両搭乗員用の難燃被服開発を進めました。

そうして完成したのが、今回のモデルのような一連のアラミド(難燃繊維)装備です。

今回は寒候期用のモデルになります。

さて、どんなジャケットなのでしょうか?

何処かで見たジャケットですが、もう一度確認していきましょう!

2  アメリカ陸軍CVCジャケットの全体及び細部写真

前面

正面からは、ヘリクルージャケット大きく変わりません。

袖と腰にはニットがあります。

f:id:akmuzifal6489:20200123120341j:image

 

背面

上部にスリットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200123120348j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200123120354j:image

 

背面裏側

キルトでインターライニング(中綿)もアラミド(難燃繊維)です。
f:id:akmuzifal6489:20200123120429j:image

 

前合わせはジッパーのみで、冬季用のためにストームフラップがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200123120334j:image

 

タグ①

1986年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20200123120338j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20200123120416j:image

 

ジッパーは「SCOVILL」です。
f:id:akmuzifal6489:20200123120419j:image

 

腰ポケット

マジックテープで開閉

ポケット容量はやや小さいです。
f:id:akmuzifal6489:20200123120440j:image
f:id:akmuzifal6489:20200123120436j:image

 

左袖のシガレットポケット
f:id:akmuzifal6489:20200123120358j:image

 

袖にっと

肘に四角い補強生地があります。
f:id:akmuzifal6489:20200123120412j:image
f:id:akmuzifal6489:20200123120424j:image

 

背中のスリット

背面表側にタブが付いていて、マジックテープで開閉します。

ヘリクルージャケットとの大きな識別点ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200123120406j:image
f:id:akmuzifal6489:20200123120402j:imagef:id:akmuzifal6489:20200123120433j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ陸軍CVCジャケットの特徴とは?

シェルは明るいオリーブドラブの艶消しで、シックです。

如何にも地上戦闘用と言ったイメージです。

この生地は、ヘリクルージャケット(暖候期、寒候期用)、CVCカバーオールなどと共通ですね。

デザインは、2ポケットで丈の短いジャケットタイプです。

襟は普通ですが、袖、腰にニットがあって、かつてのタンカースジャケットの現代版といった感じです。

ライニングとインターライニングがあって、着るととても暖かいです。

気のせいでしょうか?アラミドなどの難燃繊維は、通常のナイロンより保温力があるような気がします。

(私見)

背中には、例のスリットがあって、マジックテープで開閉します。

これは、CVCカバーオールにあるレスキュー(救助)ハーネスを引き出すためのスリットです。

ヘリクルージャケットには、これがありません。

全体的には、着やすく暖かいジャケットですね。 

4  アメリカ陸軍CVCジャケットの製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1986年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          アラミド

                                (難燃ナイロン)

 ・表記サイズ                M–R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)                                    

                                    着丈  約66センチ

                                    肩幅  約49センチ

                                    身幅  約57センチ

                                    袖丈  約61センチ    

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 岐阜県の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ陸軍CVCジャケットまとめ

アメリカのミリタリークロージング(軍用衣料品)を集めていると、時々空軍のフライトジャケット(L–2B、MA–1など)を陸軍や海兵隊のタンククルー(戦車兵)が着用していたと思われる個体が発見されます。

大戦中の戦車ならいざ知らず、近年の戦車は冷暖房完備…かと思っていましたが、寒さを感じるタイミングもあるんですね。

でもナイロン装備は、やはり火に弱いのが難点です。

かといって、通常の装備(各種フィールドジャケットなど)は狭い戦車内では煩わしいものでした。

しかし今回のような専用モデルの開発で、またCVC装備の使い勝手が向上しました。

素晴らしいですね。

ただ、CVCジャケットに関しては、ACU迷彩(アメリカ陸軍のデジタル迷彩)モデルを見たことがありません。

(CVCカバーオールまでは確認できていますが…。)

もしかしたら廃止された可能性もありますね。

今後も調査してみます。

さて、今回のジャケットですが、とても着やすくて暖かいジャケットです。

普段着は言うに及ばず、サバイバルゲーム、狩猟、野鳥観察の防寒着として使ええます。

バイカーにもおすすめですね。(キャンプにも安心!)

ただし、使用には大きな問題点があります。

アメリカ軍ナイロン系難燃繊維の欠点で、紫外線により著しく退色してしまうのです。

(よーいドン!で次第に茶色に変色していきますよ!)

室内の蛍光灯でも変色していきますので、注意が必要です。

日光に当てないようにして、室内では紫外線を発しない蛍光灯に変えるなどの工夫が必要ですね。

もし、変色させてしまった場合は…諦めて、全体を満遍なく全部変色させましょう。

また違った雰囲気のジャケットになって渋いですよ!

 

今回は、アメリカ軍の現代に蘇ったタンカースジャケットと言えるCVCジャケットを分析しました。

次回は、CVCつながりで、CVCカバーオールを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:砂漠用CVCジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

CVCジャケットとペアで使用するCVCカバーオールはこちらです。う

www.military-spec-an.com

CVCジャケットと似ていますが、用途の違うヘリクルージャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 他国の同じ用途のジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦火の勇気(字幕版)

戦火の勇気(字幕版)

  • Edward Zwick
  • ドラマ
  • ¥1019
戦火の勇気(吹替版)

戦火の勇気(吹替版)

  • Edward Zwick
  • ドラマ
  • ¥1019