いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 陸軍CVCカバーオールとは?  0296 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍のCVCカバーオールを分析します。

前回(CVCジャケット)の続きになります。

撮影のために開封した、デッドストックですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服 陸軍CVCカバーオールとは?

世界各国の戦車兵用被服を見ると、圧倒的にカバーオールが多いですね。

元々第二次大戦で、戦車兵用カバーオールを官給品として採用していたのは、日本軍とイギリス軍でした。

(ドイツでも一部で採用していましたが、あくまで限定使用でした。)

一方アメリカ軍は、HBT(ヘリンボーンツイル:杉綾織)のカバーオールはありましたが、じゅんすいな戦車兵専用ではなく、あくまで作業服の一種でした。

(強いて言えば、ウインターコンバットジャケット(通称:タンカースジャケット)と、それと同じ造りのオーバーオールがあって、それが戦車兵用と言えなくもないですが…。 )

大戦後、優秀な戦車を製造し、NATO(北大西洋条約機構)の一員として各国に展開したアメリカは、そこでイギリス連邦国の戦車兵が着用していた、凝ったデザインのカバーオールを目のあたりにします。

やや凝りすぎの感もありましたが、そのカバーオールがとても機能的であったことから、アメリカ軍でもベトナム戦争終了後に戦車兵(戦闘車両)用カバーオールの開発を進められました。

デザインの基礎になったのは、イギリス軍系カバーオールではなく、アメリカ空軍が採用していたパイロットスーツでした。

(面白いですね。実際にK–2B(セージグリーン)などは戦車兵が使用していたことが確認されています。どうやって入手したのでしょう?)

そうして1970年代末に完成したのが、今回のカバーオールです。

折しも各地域で勃発した戦争の教訓から、戦車兵用装備も難燃性を求められるようになってきました。

新しく開発したカバーオールも、当然、難燃性能が付加されますよ!

さて、どんなカバーオールなのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  CVCカバーオールの全体及び細部写真

前面全体

斜めの胸ポケット、下半身に多いポケット、背面に何もないデザインなど、あきらかにパイロットスーツを参考にしていますね。

f:id:akmuzifal6489:20200123115725j:image

 

前面上半身

襟は、超音速で射出されることがないので、通常の形状です。

(シャープなデザインですね。)

袖口の形状に注意
f:id:akmuzifal6489:20200123115948j:image

 

前面下半身

分かりにくいですが、左右の腰、膝、ふくらはぎにポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200123115929j:image

 

背面全体
f:id:akmuzifal6489:20200123115802j:image

 

背面上半身

背面上部には、CVCジャケットと同じようなタブとスリットがあります。

ウエスト部には、生地が二重になったところが!
f:id:akmuzifal6489:20200123115718j:image

 

背面下半身

よく見ると、臀部に縦ジッパーが2本ありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200123115750j:image

 

前面裏側上半身

白いテープ状のものは、レスキュー用のハーネスです。

白い四角の生地は、ライナー用ダットファスナーの力布です。

f:id:akmuzifal6489:20200124131540j:image

 

前面裏側下半身

下半身のポケットは、全てスラント、又はスラッシュポケットなので、ポケット生地が全部内側にありますよ。
f:id:akmuzifal6489:20200124131551j:image

 

背面裏側上半身

レスキューハーネスは、タスキのように両脇を一周して、背中上部で交わっています。
f:id:akmuzifal6489:20200124131543j:image

 

背面裏側下半身
f:id:akmuzifal6489:20200124131547j:image

 

襟と胸ポケット

全てのジッパーのプルタブには、生地と同じ材質のタブが縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20200123115758j:image

 

ウエスト付近
f:id:akmuzifal6489:20200123115746j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20200123115705j:image

 

膝ポケット、足首のポケット、裾

全てジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200123115753j:image
f:id:akmuzifal6489:20200123115701j:image

 

勿論ジッパーは上下から開くダブルジッパーです。

股間の裁断が独特ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200123115640j:image

 

裾には内側に丸い補強生地が。

なるほど、ここは靴でよく擦り切れますよね。
f:id:akmuzifal6489:20200123115738j:image

 

左腰にあるレシーバーコード用ループ
f:id:akmuzifal6489:20200123115651j:image

 

左袖のシガレットポケットも採用
f:id:akmuzifal6489:20200123115647j:image

 

袖は立体縫製で、肘に補強生地があります。

袖はジッパーで開閉でき、袖口にはゴムが内蔵されていますよ。

これなら、ボタンの様に引っ掛かりませんね。
f:id:akmuzifal6489:20200123115734j:image
f:id:akmuzifal6489:20200123115712j:imagef:id:akmuzifal6489:20200123115933j:image

 

ジッパーは全て黒染めの「SCOVILL」です。
f:id:akmuzifal6489:20200123115805j:image

 

タグ

1989年度契約品です。

製造メーカーは、荒い縫製で有名ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200123115816j:image

 

ウエストのライナー用ダットファスナー

力布で補強されています。
f:id:akmuzifal6489:20200123115828j:image

 

臀部裏側には2本のジッパーと3個のダットファスナー。

ジッパーの用途は?
f:id:akmuzifal6489:20200123115730j:image

 

上部のマジックテープを外し、両サイドのジッパーを開くと臀部をオープンにできます。

これでトイレも安心ですね。

開く部分にダットファスナーが付いているので、ライナーも同じ仕様のようです。
f:id:akmuzifal6489:20200123115808j:image

 

背中のスリットは…
f:id:akmuzifal6489:20200123115922j:image

 

マジックテープで開閉します。
f:id:akmuzifal6489:20200123115941j:image

 

ここから白いレスキューハーネスを引き出します。
f:id:akmuzifal6489:20200123115823j:image

 

官給品の物品票
f:id:akmuzifal6489:20200123115937j:image

 

こんな感じでビニール袋に入っていました。

(未開封でしたが、撮影のために開封)
f:id:akmuzifal6489:20200123115820j:image

 

CVCジャケットとのコーディネート

(ジャケットはやや日焼けしています。)
f:id:akmuzifal6489:20200123115925j:image

 

こんなふうにしてスリットを開き、ジャケットの上から中のハーネスを取り出す。
f:id:akmuzifal6489:20200123115832j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地は薄いODのアラミドで、ジャケットより目が粗く、通気性がとても良いです。

デザインは、空軍が採用していたK–2Bに似ていますが、パッチポケットはなく、全てスラント&スラッシュポケットになっていますよ。

これで、一部生地が二重になっていることから、より耐火性が増していますね。

また袖口、足首はジッパーで開放でき、それぞれ先端にゴムを内蔵していますよ。

特筆すべきは、白いレスキューハーネスが、まるで襷(たすき)の様に脇を廻っているところですね。

これは、車内で気絶したり負傷した兵士を、狭いハッチ(搭乗口)から救出するためのものです。

人命重視のアメリカ軍らしい装備ですね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1989年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          アラミド

                              (難燃ナイロン)

 ・表記サイズ                S–R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約156センチ

                                    肩幅  約43センチ

                                    身幅  約54センチ

                                    袖丈  約63センチ

                              ウエスト 約45センチ

                                  股下  約70センチ

                                  着丈  約101センチ

                                  裾幅  約12センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 岐阜の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

実際に着用してみると、夏は通気性があって快適です。

しかし、アラミド繊維が汗を吸収しないので、大汗をかくと途端に不快になりますね。

素肌に着用するのはおすすめできません。

(そんなユーザーはいないですよね!)

注意すべきはサイズで、専用のライナー着用を前提に設計されているため、表記サイズよりワンサイズ大きくなっていることです。

また、紫外線による変色もCVCジャケットと同じで注意が必要です。

特徴あるレスキューハーネスは、特に違和感もなく着用できますよ。

(いざと言う時に、効果を発揮してくれるでしょうか?)

このカバーオールは、シックなカラーなので普段でも使用できそうですね。

ライナーを装着して、CVCジャケットを羽織れば、寒候期でも活躍してくれそうです。

袖口や裾が引っかかりにくいのは、各種作業でも助かりますね。

あらゆるシーンに応用の効くカバーオールですよ。

生地の特性からキャンプにも安心して使えますね。

アメリカ本国ではACU(アメリカ陸軍のデジタル迷彩)モデルも支給されています。

現在日本にもデッドストックが輸入されていることから、ODモデル(砂漠用のタンモデルも)は、用途廃止になったのかもしれません。

バブル期は、2万円近くしていましたが、現在は随分安くなっています。

探していた方は、今のうちに入手しておきましょう!

  

今回は、アメリカ軍の戦闘車両等乗員用カバーオールを分析しました。

次回は、ベルギー軍の空挺装備を分析します。

お楽しみに!

参考:アメリカ軍の他のCVC装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 同じ頃の旧ソ連軍戦車兵用迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。(202001280732更新)

スポンサーリンク


【実物放出品20%OFFセール!】実物 新品 米軍ノーメックス CVCタンカーカバーオール 《WIP03》

スポンサーリンク

戦火の勇気(字幕版)

戦火の勇気(字幕版)

  • Edward Zwick
  • ドラマ
  • ¥1019
戦火の勇気(吹替版)

戦火の勇気(吹替版)

  • Edward Zwick
  • ドラマ
  • ¥1019