いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【ベルギーの軍服】陸軍特殊部隊用迷彩スモック(ジグソーパターン・SASタイプ)とは? 0532 🇧🇪 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211113082329p:plain

今回は、ベルギー軍の特殊部隊用迷彩スモックを分析します。

ベルギー軍といえば、空挺部隊がイギリス軍のデニソンスモックを範としたスモックが有名でしたね。

今回のモデルも、イギリス軍のあるスモックを参考にしたみたいですよ。

もしかしたら稀少なモデルかもしれないですね。

欠品がありますが、程度は良好です。

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  ベルギー陸軍特殊部隊迷彩スモック(ジグソーパターン・SASタイプ)とは?

特殊部隊といえば、真っ先に思い浮かべるのはイギリス軍のSASですね。

(…あれ?前にも書きましたっけ?)

 

他にもアメリカ軍のグリーンベレー、デルタフォース、シールズや、旧ソ連のスペツナズなども有名で、それぞれその活躍が映画になったりしていますよ。

 

では、他国はどうでしょうか?

 

あまり知られていませんね。…でも、実はあるのです。

(勿論◯◯◯にも…。)

 

今回のモデルは、ベルギーが軍の特殊部隊用に開発した迷彩スモックになります。

 

イギリス軍が第二次大戦中に開発した、防風迷彩スモックを原型として開発されました。

(勿論、そっくりそのままではありませんよ。)

 

伝統ある独特の迷彩がステキですね。

 

さてさて、それはどんな迷彩スモックなのでしょうか?

今回は、ベルギー軍マニアのみならず、特殊部隊装備コレクターのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です。

前面

f:id:akmuzifal6489:20201003175518j:image

 

背面

迷彩生地は、1950年代のものに似ています。
f:id:akmuzifal6489:20201003175606j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201003175732j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201003175740j:image

 

フード左側面
f:id:akmuzifal6489:20201003175542j:image

 

フード右側面
f:id:akmuzifal6489:20201003175640j:image

 

エポレット

テーパー付きのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20201003175620j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201003175709j:imagef:id:akmuzifal6489:20201003175613j:image

 

腰ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201003175717j:imagef:id:akmuzifal6489:20201003175559j:image

 

脇の通気孔

しっかり裏側も補強生地が!
f:id:akmuzifal6489:20201003175551j:imagef:id:akmuzifal6489:20201003175525j:image

 

Rがついていて袖口はボタンで調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20201003175634j:imagef:id:akmuzifal6489:20201003175533j:image

 

袖のボタン裏側には、しっかり力布があります。

f:id:akmuzifal6489:20201003180632j:image

 

フード下部のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20201003175725j:image

 

裾のドローテープ(コードかも)は入手時から紛失していました。
f:id:akmuzifal6489:20201003175648j:image

 

裾裏側には、別の生地で補強されています。
f:id:akmuzifal6489:20201003175654j:image

 

タグはこれのみ。

サイズの表記は、ベルギー軍の物と違っていますね。

(尤も、他のタグは無くなっている可能性もあり。)
f:id:akmuzifal6489:20201003175627j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、1950年台の陸軍空挺迷彩スモック(ジグソーパターン)に似ていますね。

 

配色は、ライトカーキの生地に、ダークグリーン、レッドブラウン、ブラックで横にたなびく細い雲形を描き、一部にホワイトでまるで塗り残したように縁取っています。

 

この迷彩も、効果が高いことで有名ですね。

 

生地はコットンのツイルで、軽量です。

でも、ある程度の防風性能があるようですね。

肌触りは良いです。

 

デザインは、イギリス軍の軽量スモックを概ね踏襲していますが、一部が簡略化されていますよ。

 

構成は、プルオーバー(頭から被る)タイプ、フード・エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット2ですが、イギリス軍スモックのような各ポケットのプリーツは省略されていますよ。

 

全体的な縫製は、一部不正確な箇所がありますが、頑丈です。

補強の必要な部分には、適切に処理されていて安心感があります。

 

今回のモデルは裾のドローテープ(またはコード)が欠品でした。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1960年代

・製造場所     ベルギー

・契約会社     ベルギー

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    48

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約67センチ

          肩幅 約62センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約58センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     愛知県の専門店

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

デニソンスモックを原型とした空挺スモックは、モデルによってはとても仰々しいものでしたが、今回のモデルは簡易的かつ効果的なスモックですね。

 

プルオーバーの面倒臭さはありますが、逆に風を防ぐことができて、保温に一役買っていますよ。

 

夏は素肌に。冬は普段着である防寒着の上からすぐに被れる迷彩衣類ってそんなにないですね。

 

おまけにポケットも多いことから使えるスモックと言えそうですね。

 

サバイバルゲームは勿論、野鳥観測、狩猟などに使えそうですよ。

 

しかし残念ながらこのモデルも見掛けません。

 (おそらく元々製造数も少なく、酷使されて殆ど残っていないのではないでしょうか?)

 

でも、もしかしたら空挺スモックに混じって知らずに販売されているかもしれません。

 根気良く探してみましょう!

 

気長に待っていただけるなら、このモデルもネットオークションへ出品予定ですよ。

 

今回は、珍しいベルギー軍の迷彩スモックを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20211113更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルが参考にしたイギリス軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com 

他のベルギー軍迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


実物 USED ベルギー軍 ジグソーカモ PARATROOPER コンバット スモック フライフロント【クーポン対象外】【T】【N】

スポンサーリンク

よあけの道 (フランダースの犬)

よあけの道 (フランダースの犬)

  • なかにし鈴子
  • アニメ
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes
劇場版 フランダースの犬

劇場版 フランダースの犬

  • 黒田昌郎
  • アニメ
  • ¥2037