いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【カンボジアの軍服】陸軍迷彩ユニフォーム(グリーンDPM)とは? 0606 🇰🇭 ミリタリー

こんにちは!

今回は、カンボジア軍の迷彩ユニフォームを分析します。

なかなか興味深い迷彩ですね。

これは…使える迷彩服かも。

今回のアイテムもデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  カンボジア陸軍迷彩ユニフォーム(グリーンDPM)とは?

カンボジアは、国連の平和維持活動で自衛隊が初めて派遣されたことでも有名ですね。

 

まだまだポルポト派の残党が闊歩している、言わば危険地帯へ実戦経験ゼロの陸上自衛隊員を派遣する…ということで、多くの議論が交わされました。

 

最終的には国会で、機関銃2丁の武装が認められたのですが…それを聞いた時に私は強いショックを受けました。

 

国は自衛隊員の命をなんだと思っているんだろう…という不信感に苛まれましたね。

 

勿論、戦争に行くわけではなく、あくまで国連活動の一環なのですが…。

 

でも、もし攻撃されたら機関銃2丁で何ができるのでしょうか?誰を守れるのでしょうか?

 

幸い自衛官の犠牲は出なかったのでまだ良かったのですが、まさに薄氷を踏む行為だったと今でも思っています。

 

政府はやはり自衛隊を「暴力装置」とか「人柱」にしか考えていないことがよくわかりました。

(いつか…倍返ししたいですね!)

 

さて、今回のモデルはそのカンボジアが国連平和維持軍を受け入れた当時のものになります。

 

言わば新生カンボジア軍のための迷彩服とも言えます。

 

迷彩は有名なDPMなのですが、カンボジア独自の工夫がありましたよ!

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、DPMマニアのみならず、森林で効果的な迷彩服を探しているあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  カンボジア陸軍迷彩ユニフォーム(グリーンDPM)の全体及び細部写真

ジャケット

前面

f:id:akmuzifal6489:20201215082837j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20201215083300j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201215082850j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201215082900j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20201215083323j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20201215082822j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20201215082813j:image

 

エポレット

僅かにテーパーの付いたクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20201215082801j:image

 

胸ポケット

中央にプリーツ付き

アメリカ軍のジャングルファーティーグに似たデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20201215083338j:imagef:id:akmuzifal6489:20201215083206j:image

 

腰ポケット

こちらも胸ポケットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20201215083151j:imagef:id:akmuzifal6489:20201215083122j:image

 

僅かにテーパーが…付いています?
f:id:akmuzifal6489:20201215082945j:imagef:id:akmuzifal6489:20201215083101j:image

 

袖口はボタンで開閉

マチはありません。
f:id:akmuzifal6489:20201215082730j:imagef:id:akmuzifal6489:20201215083134j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20201215082749j:image

 

背面

f:id:akmuzifal6489:20201217174644j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201215083350j:image

 

背面裏側

f:id:akmuzifal6489:20201215083233j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20201215083006j:image

 

タグと検索(?)スタンプ
f:id:akmuzifal6489:20201215082923j:image

 

右側面レイアウト
f:id:akmuzifal6489:20201215082912j:image

 

ウエストのサイズ調整ストラップ

ナイロン製

金属製のバックルは、なんとスチール製でした!

(普通はブラスとかが多いですね。)
f:id:akmuzifal6489:20201215083048j:image

 

ヒップポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201215082955j:imagef:id:akmuzifal6489:20201215083312j:image

 

スラントポケット
f:id:akmuzifal6489:20201215083245j:image

 

膝ポケット

ボタンで開閉

プリーツは2段です。
f:id:akmuzifal6489:20201215083019j:imagef:id:akmuzifal6489:20201215083034j:image

 

ジッパー

刻印は「ISE」

ブラスにメッキしてあります。
f:id:akmuzifal6489:20201215083111j:image

 

ボタン

アメリカ軍タイプですが、シュッとしていますね。
f:id:akmuzifal6489:20201215082933j:image

 

裾のドローコード

パラシュートラインのようなナイロン製です。
f:id:akmuzifal6489:20201215083221j:image

 

部隊パッチ(?)

アンコールワットですね。

f:id:akmuzifal6489:20201219104155j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  カンボジア陸軍迷彩ユニフォーム(グリーンDPM)の特徴とは?

迷彩は、イギリス軍が開発したDPMと同じパターンを採用していますが、構成色の一つであるダークイエロー(またはタン)の色調を意図的に変えていますね。

 

ライトグリーンの生地に、グリーン、ブラウン、ブラックを用いて、刷毛で丸く塗ったようなパターンを描いています。

(ダークイエロー(またはタン)をライトグリーンに変えただけで、大きく印象が変わりますね。)

 

因みに、カンボジア軍には通常カラーのDPMも存在していますよ。

 

生地はコットンのリップストップで、薄いながら頑丈です。

 

ただ、今回のモデルは肌触りがガサガサしていますよ。

(いくつか種類があるそうですが…。)

 

デザインは、アメリカ軍がベトナム戦争時代に開発したジャングルファーティーグを参考にしているようです。

 

構成は、ジャケットがエポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2。

トラウザーズが、腰スラントポケット×2、ヒップポケット×2、膝ポケット×2で、裾にはドローコードが内蔵されています。

 

全体的な縫製は、やや雑ですが強度は十分です。 

4  カンボジア陸軍迷彩ユニフォーム(グリーンDPM)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1990年代

 ・製造場所                   カンボジア

 ・契約会社                   カンボジア

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                不明(Ⅱ?)

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                       ジャケット

                                    着丈  約74センチ

                                    肩幅  約47センチ

                                    身幅  約56センチ

                                    袖丈  約59センチ

           トラウザーズ

                             ウエスト  約45センチ

                                    股上  約32センチ

                                    股下  約73センチ

                                    裾幅  約22センチ

                                    着丈  約102センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  カンボジア陸軍迷彩ユニフォーム(グリーンDPM)まとめ

オリジナルのDPMも素晴らしい迷彩でしたが、言わば「グリーンDPM」ともいえるカンボジア軍の迷彩もなかなかですね。

(この手があったのか!…と感動しました。)

 

アメリカ軍がベトナム戦争時代に開発したERDLグリーンリーフに匹敵する熱帯雨林用の迷彩服と言えそうです。

 

日本の森林地帯でも効果が高そうですよ。

 

夏季のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測にはピッタリなのではないでしょうか?

(あまりにも効果が高いので、悪用厳禁です。)

 

惜しむらくは、このアイテムも数が少ないということですね。

 

でもカンボジア本国では、今回のモデルの後に「数種類の迷彩服が登場している」との情報もあります。

 

もしかしたら、今後は余剰品が民間業者に払い下げられる(?)かもしれませんね。

 

購入は、有名SHOPはともかく、ネットオークションなどが、より安価に入手できそうです。

 

諦めず、探してみましょう!

 

私は例によって、ジャングルハットや、存在は不明ながらフィールドジャケットを探してみたいと思います。

 

今回は、珍しいカンボジア軍の迷彩ユニフォームを分析しました。

次回は、陸上自衛隊の防寒着を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:こんな気のモデルの参考になった迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

アメリカ軍がベトナム戦争中に開発した、各種ジャングルファーティーグはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

現在のカンボジア軍は、アメリカ軍のウッドランド迷彩の類似迷彩を採用しているのですね。

いつか、これも入手したいですね。😃

(あと、確かデジタル迷彩もあるはずです。)

 

ブログは続くよ、どこまでも!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


キリング・フィールド HDニューマスター版 [DVD]

スポンサーリンク

remember

remember

  • Uru
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes