いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

寒候期の必需品?【自衛隊装備品】航空自衛隊パイロット用防寒セーター(キャメルカラー)とは? 0799 🇯🇵 ミリタリー

今回は、1970年代の航空自衛隊パイロット用防寒セーターを分析します。

以前、陸上自衛隊の同じセーターを分析しました。

その時に航空自衛隊セーターのタグも載せたので、OK…だと思っていたら、後日さる筋からリクエストがありました。

いやー、ブログって本当に面白いですね!

中古品で破損もありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  航空自衛隊パイロット用防寒セーター(キャメルカラー)とは?

1970年代くらいまでの軍用機は、現代の機体に比べて空調設備などが今ひとつ発達していませんでした。

 

例えば、機内の温度調整。

 

低空を飛び与圧の必要ない航空機は、エンジンからの暖気と、外の冷気を手動のバルブで調整して取り入れたりしていました。

 

また、比較的高空を飛ぶ航空機も、民航機ほどの空調機は存在していませんでしたね。

 

そのため夏季や低空ならともかく、冬季や高空ではそれなりの防寒装備が必要でした。

 

それは航空自衛隊の航空機も同様でしたよ。

 

今回のモデルは、かなり前の航空自衛隊パイロット(…と空中勤務員)に支給されていたセーターです。

(今でも支給されているのでしょうか?)

 

あるアメリカ軍のセーターが原型のようですね。

 

ややレトロな感じがたまらない一品です。

 

さてさて、それはどんな防寒セーターなのでしょうか?

 

今回は航空自衛隊パイロット装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  防寒セーターの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20210630134206j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210630133922j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210630134540j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210630134107j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210630133906j:image

 

襟元はボタン3個で開閉
f:id:akmuzifal6489:20210630134129j:image

 

タグ

1978年度契約品です。

f:id:akmuzifal6489:20210630135642j:image

 

袖ニット

一部に穴が開いていました…😓
f:id:akmuzifal6489:20210630134525j:image

 

腰ニット

こちらにも穴が…。
f:id:akmuzifal6489:20210630133803j:image

 

各部の補強生地

ブラウンのコットン製HBT(ヘリンボーンツイル)テープ。

脇の下
f:id:akmuzifal6489:20210630134143j:image

 

肩周り
f:id:akmuzifal6489:20210630133843j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

毛糸はウールとアクリルです。

 

陸上自衛隊の地上部隊用防寒セーターはアクリルオンリーでした。

 

でもパイロット用はウールを混ぜて、僅かながら難燃性と保温性を向上させているのかもしれませんね。

 

化繊が混じっているからでしょうか?

 

同クラスのウールオンリーのセーターより僅かに軽いようです。

 

生地のカラーは、今風に言うと「キャメルカラー」、昭和風には「ラクダ色」ですね。

(何もかも懐かしい…。)

 

デザインは、アメリカ軍が第二次大戦中から装備している「5ボタンセーター」が原型のようですね。

 

アメリカ軍5ボタンセーター

航空自衛隊パイロット用防寒セーターの原型アメリカ軍5ボタンセーター

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で高い技術で下られています。

 

さすが日本製ですね。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1978年

・製造場所     日本

・契約会社     日本

・製造会社      〃

・材  質     ウール

          アクリル

・表記サイズ    L

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約78センチ

          肩幅 約46センチ

          身幅 約50センチ

          袖丈 約55センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

通常セーターは、タートルネックを別にしても、スタンドカラー(立ち襟)って少ないですよね。

 

アメリカ軍の5ボタンセーターなどもそうですが、今回のモデルは通常の状態で襟が立っているので首筋が暖かいですよ。

 

ちょうどMA–1などのニット襟の下に着用するセーターとしては、最も適した襟の形状ではないでしょうか?

 

また、ボタンで開閉できる襟元も着易くで良いですね。

 

ただ、普段着として着用する場合、キャメルカラーはコーディネートに工夫が必要かもしれません。

 

でも大丈夫です。

 

入手はまず不可能でしょう。

 

実店舗はもちろん、ネットオークションやフリマでも、全く見かけません。

(実は航空自衛隊パイロットでも知らない方がいらっしゃるのでは?)

 

探しているあなたは、ネットオークションに一縷の望みをかけて、キーワードを登録しておきましょう!

(その場合は、品名の「航空 セーター」が良いかもしれません。)

 

私は、デッドストックを探してみたいと思います。

 

今回は、希少な航空自衛隊パイロット用セーターを分析しました。

次回は、アメリカ軍のフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:同じ規格の陸上自衛隊パイロット用セーターはこちらです。⬇︎

【自衛隊装備品】陸上自衛隊パイロット用(航空)セーター

www.military-spec-an.com

今回のモデルの原型となったアメリカ軍5ボタンセーターはこちらです。⬇︎ 

【アメリカの軍服】陸軍5ボタンセーター

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

粉雪

粉雪

  • BENI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
粉雪

粉雪

  • BENI
  • J-Pop
  • ¥407