いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

過酷な任務からパイロットを保護!【自衛隊装備品】海上自衛隊パイロット用ヘルメット(FHG–3–Ⅱ)とは?0880 🇯🇵 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210924080529p:plain

今回は、1990年代の海上自衛隊パイロット用ヘルメットを分析します。

アメリカ軍のヘルメットを参考に国産化された軽量ヘルメットですね。

でも…疑問点がありました!

残念ポイントもありますが、状態は良い方ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  海上自衛隊パイロット用ヘルメット(FHG–3–Ⅱ)とは?

あまり知られていませんが、第二次大戦の頃までパイロット用ヘルメット(飛行帽と呼ばれていましたが)は皮革や布製でした。

 

いわゆる「ソフトシェル・ヘルメット」ですね。

 

衝撃や被弾からの防御ではなく、頭部の保温や無線機レシーバーの保持が目的であったようです。

 

しかし航空機のエンジンがジェット化し速度が向上してくると、緊急脱出時や不時着時の頭部保護が問題になってきました。

 

そこで導入されたのが、「ハードシェル・ヘルメット」です。

 

やはりこの分野でも先行したのはアメリカでした。

 

陸軍のM1ヘルメットなどもそうでしたが、アメフト用のヘルメットを応用して製造されましたよ。

 

当初、合成樹脂製のシェル(外殻)に皮革や布製のサスペンンションが内蔵されていましたね。

(自衛隊のライナー(中帽)とか工事用ヘルメットのイメージ。)

 

その後、バイザーの追加、ライニング(内張)の改良などが行われていきました。

 

一方、自衛隊はアメリカ軍のパイロットヘルメットの国産コピーから始まり、少しずつ日本人向けに改良していきました。

 

今回のモデルはその中でも比較的新しい海上自衛隊のモデルになります。

 

バイク用ヘルメットで有名なメーカー製ですね。

 

やはりアメリカ軍のHGP–2APタイプのヘルメットを参考にしているようです。

 

アメリカ軍HGP–2APパイロットヘルメット

アメリカ軍HGU–2APパイロットヘルメット

http://www.skylife.co.jp/gentexhelmets.html

 

実は今回のモデルとほぼ同じ形式のヘルメットは、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上保安庁、消防、警察でも一部で使用されていますね。

 

さてさて、それはどんなパイロット用ヘルメットなのでしょうか?

 

今回は、海上自衛隊パイロット装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  海上自衛隊パイロット用ヘルメットの全体及び細部写真

全体形

f:id:akmuzifal6489:20210923171250j:image

 

前面

f:id:akmuzifal6489:20210923170434j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210923170446j:image

 

左側面
f:id:akmuzifal6489:20210923170437j:image

 

右側面
f:id:akmuzifal6489:20210923170529j:image

 

上面f:id:akmuzifal6489:20210923170517j:image

 

下面
f:id:akmuzifal6489:20210923170532j:image

 

クリアーバイザー使用

前面
f:id:akmuzifal6489:20210923170520j:image

 

側面

f:id:akmuzifal6489:20210923201532j:image

 

スモークバイザー使用

前面
f:id:akmuzifal6489:20210923170421j:image

 

側面

両バイザーを同時に使用できます。

f:id:akmuzifal6489:20210923201558j:image

 

 

クリアーバイザー用レバー

ヘルメットの左側面にあります。

陸上自衛隊や航空自衛隊にはありません。
f:id:akmuzifal6489:20210923170440j:image

 

スモークバイザー用ノブ

ヘルメットバイザー頂部にあります。

航空自衛隊では丸型が多いですね。

ねじ込むことにより、バイザーを任意の位置で固定することもできます。
f:id:akmuzifal6489:20210923170454j:image

 

イヤホン用コード導入部

(実働)
f:id:akmuzifal6489:20210923170443j:image

 

バイザーカバーの取り付けは左右2個(合計4個)のスクリュー(ネジ)

これがこのヘルメットの識別点の一つですね。

(アメリカ軍ものは3個が多いです。)
f:id:akmuzifal6489:20210923170457j:image

 

バイザーカバー背面のスリット
f:id:akmuzifal6489:20210923170449j:image

 

内装

マジックテープで取り付けられていて、取り外し丸洗い可能です。
f:id:akmuzifal6489:20210923170526j:image

 

イヤーパットにはイヤホンを仕込む配線あり。

パットもマジックテープで取り付け。
f:id:akmuzifal6489:20210923170428j:imagef:id:akmuzifal6489:20210923170535j:image

 

チンストラップ

ダットファスナーとマジックテープで開閉

一方向からしか留めることができません。
f:id:akmuzifal6489:20210923170512j:image

 

ファットファスナーの刻印
f:id:akmuzifal6489:20210923170507j:image

 

片側はバックルでストラップの長さを調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20210923170514j:image

 

チンストラップはスクリュー(ネジ)で留まっていますが、自由に動かすことができます。
f:id:akmuzifal6489:20210923170523j:image

 

ネックストラップ

後頭部固定してヘルメットを安定させます。
f:id:akmuzifal6489:20210923170425j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20210923193405j:image

 

後部には割れが!😓

修正可能ですが、塗装が少々面倒ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210923170501j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェルは強化プラスティック製ですが、よくあるABSではないように思えます。

(割れの部分から判断しました。)

もしかしたら対弾・対破片性に優れた材質なのかもしれません。

 

カラーはグレイで、現用航空機の機内色であるインテリアグレイに似ています。…が、今回のモデルは少々色調が違っていますね。

(僅かに明るいです。🤔)

 

表面に使用感がないので、もしかしたら再塗装されているかも知れません。

 

デザインは、やはりアメリカ軍のパイロットヘルメットHGU–2AP(シングルバイザー)辺りを参考にしていますが、スモークとクリアのダブルバイザータイプになっているのが大きな違いですね。

 

ただ、ダブルバイザーは海上自衛隊型の特徴ですが、操作レバーが少々違うデザインなのが気になります。

(今回のモデルのレバーは、海上保安庁などのモデルに似ています。)

 

一方、ライニングはライトグレイのポリエステル生地に包まれたクッション材で、表面にマジックテープを貼ることができます。

 

そのためこのヘルメットもブラックのライナーがあって、取り外して丸洗いできますよ。

 

チンストラップは、単純な一本式でマジックテープとダットファスナーで開閉します。

 

全体的には、以前のモデルであるFHG–1、−2より軽量化が進んでいるようです。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1992年

・製造場所     日本

・契約会社     日本

・製造会社      〃

・材  質     強化プラスティック

          発泡スチロール

          ポリエステル

・表記サイズ    大

         (日本人のL)

・各部のサイズ   縦 約26センチ

          横 約26センチ

         奥行 約22センチ

・状  態     中古並品

・官民区分     官給品

・入手場所     東京のイベント

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

航空自衛隊と違って、海上自衛隊のモデルがスモークとクリアのデュアルバイザー方式を採用しているのは、夜間における長時間の飛行を想定しているからとの情報があります。

 

そういえば、昼夜を問わず低空で活動する攻撃機のパイロットは、各国ともデュアルバイザータイプのヘルメットを使用している場合が多いですね。

(夜間の作戦では、さすがにスモークは使用しませんよね。)

 

ヘルメットのカラーがグレイで艶消しなのは理由があります。

 

例えばホワイトだった場合、ヘルメットが光を反射してキャノピー内に映り、敵機発見に支障が出るから…と、航空自衛隊のエースパイロットから伺ったことがあります。

 

海上自衛隊のパイロットも船舶監視などでは、日光の角度によりウインドシールドに反射する…かもしれませんね。

 

さて今回のモデルですが、グレイの色調、クリアバイザーレバー、綺麗な表面塗装などから、もしかしたら消防のモデルを海上自衛隊風に塗装し直したものかもしれません。

(タグのNSNは自衛隊の官給品ぽいのですが…。)

 

いつか海上自衛隊の基地祭で確認したいですね。

 

ところで、海上自衛隊のみならず各自衛隊の官給品ヘルメットは入手困難です。

 

でも全国の消防航空隊では新型機材の導入に伴い、この型のヘルメットが処分されているようですね。

 

…というのも、公官庁の正式なオークションに中古品が多数出品されているのを目撃したからです。

(最終的にはとても高額で落札されていました。私も頑張って入札したのですが、全く届かず!)

 

お金に糸目をつけないあなたなら、今が入手するチャンスかも!

 

公官庁オークションにも注目ですね。

 

今回は、海上自衛隊が装備しているデュアルバイザーのパイロットヘルメットを分析しました。

次回は、ドイツ軍のフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他の海上自衛隊装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他のヘルメットに関する記事はこちらです。⬇︎

🪖ヘルメット(Helmet) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

今回のモデルは海上自衛隊型のヘルメットでしたが、「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」の冒頭戦闘シーンでは航空自衛隊型が登場しますね。

(ユーロネルフから退避する加持リョウジが被っていました。)

 

ちゃんと酸素マスクや、マスク取り付け用ブラケットも航空自衛隊タイプなのが泣けてきます。

 

現在シン・エヴァンゲリヲンがヒットしていますが、ヘルメットの確認も含めて、今一度「序」から観直してみてはいかがでしょうか?

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


Amazonプライム・ビデオ


Prime Video

スポンサーリンク

Beautiful World

Beautiful World

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Beautiful World

Beautiful World

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
One Last Kiss

One Last Kiss

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
One Last Kiss

One Last Kiss

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥407