いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

旧ソ連の軍服 陸軍 迷彩スモック上下(メッシュタイプ)とは? 0060 USSR

こんにちは!

今回は、旧ソ連の希少な迷彩服を紹介します。

令和では珍しいデッドストックですよ。

   目次

1  旧ソの軍服  陸軍迷彩スモック上下(メッシュタイプ)とは?

このスモックは、東西冷戦が華やかりし頃、日本ではいわゆる「バブル期」に大阪の、とあるミリタリーショップで見かけたのが初見でした。

そのショップでは、かなりの使用感のある個体が10万円を超える価格で販売されていましたよ。

憧れのソ連軍装備だったのですが、当時の安月給(今もそうなのですが)では到底購入できるはずもなく、諦めた覚えがあります。

あれから約40年!今やデッドストックが数千円で入手できる時代になったのですね!

(買えなくて良かった…。)

2  スモックの全体及び細部写真

ジャケット

前面

f:id:akmuzifal6489:20190526180715j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190526180718j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190526180646j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190526180629j:image

 

前合わせはボタンのみ
f:id:akmuzifal6489:20190526180710j:image

 

袖にはリボンでループが二箇所縫い付けられています。用途は?
f:id:akmuzifal6489:20190526180700j:image

 

じつは、捲り上げた袖を固定しておくものでした。袖裏側にボタンがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190526180635j:image

 

例によって背面フード付け根にはボタンが。用途は?
f:id:akmuzifal6489:20190526180644j:image

 

フードを使用しない時に固定しておくためのものです。フードにボタンあり。
f:id:akmuzifal6489:20190526180713j:image

 

ジャケットのタグ カーキにホワイトでスタンプ 一部判読不能 ソ連スタンダード?
f:id:akmuzifal6489:20190526180632j:image

 

パンツ

前面
f:id:akmuzifal6489:20190526180703j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190526180650j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190526180656j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190526180638j:image

 

裏側には補強の布が縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20190526180707j:image

 

パンツのタグ
f:id:akmuzifal6489:20190526180640j:image

 

腰にはスリットが。これは下に着ている制服のポケットを使用するためのもの。
f:id:akmuzifal6489:20190526180721j:image

生地は独特のメッシュで、こんな風に透けています。(バックは青空と木々です。)
f:id:akmuzifal6489:20190526180653j:image
 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  特徴

迷彩は、ダークグリーンをベースにライトブラウンで四角いドットの雲形を描いています。

色調は他に数種類あって、今回のモデルは比較的オーソドックスなものになります。

中古品は、上下で色調が違う場合が多いので注意が必要ですよ。

(このモデルはデッドストックなので、上下の色調差は僅かです。)

生地は、とても複雑かつ独特なメッシュで、他でこんな生地は見たことがありません。

全体的に縫製はラフで、フードのドローコード端は、誤ってフードに縫い付けられたりていますよ。

ポケット類はなく、パンツの腰にはスリットがあって、下に着ている衣類のポケットが使用できるようになっています。スモックの証しですね。

4  諸元

 ・製造年又は契約年度     1970年代

 ・製造場所                       旧ソ連

 ・契約会社                       旧ソ連

 ・製造会社                       旧ソ連

 ・材質                              コットン

 ・表記サイズ              1(スタンプ)

 ・各部のサイズ(平置)  ジャケット

                                   着丈  約71センチ

                                   肩幅  約44センチ

                                   身幅  約57センチ

                                   袖丈  約71センチ

                                              パンツ

                             ウエスト 約33〜52センチ

                                   着丈  約107センチ

                                   股下  約70センチ

                                   股上  約31センチ

                                   裾幅  約13〜21センチ

 ・状態                       デッドストック

 ・官民区分               官給品

 ・入手方法               ヤフオク 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

ある資料で、旧ソ連軍が装備したこの種の迷彩スモックの用途が書かれていました。

なんでも、核攻撃を受けた場合、その熱線による被害を軽減するために、制服の上に着用するとのことでした。本当でしょうか?

真偽はともかく、真夏のサバイバルゲームでも通気性が良くて使えそうです。

ただしモスキート攻撃隊の侵入を許してしまうかもしれません。

迷彩も効果がありそうですね。日本のフィールドでどう見えるのか、確認したいところです。

もちろん絶滅危惧種ではありますが、今なら比較的豊富に、しかも安価に出回っているため、入手する最後のチャンスかもしれません。

同じく貴重な旧ソ連製迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

今回は、旧ソ連の貴重な迷彩服を紹介しました。

次回は、航空自衛隊の希少かつ貴重で少々ガッカリな迷彩服を紹介します。お楽しみに!

        ✳︎          ✳︎         ✳︎

ところで、

また神奈川県で凄惨な事件が起こりましたね。

現時点で被害者2名が亡くなっています。

自殺した容疑者と思われる男性の通魔的犯行であることは明白なようです。

許せないですね。

今後は容疑者の人となりと動機の解明、そして児童を大勢同じバス停で並ばせる必要性の有無が、議論の対象になりそうですね。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方の心身の一刻も早い回復を願います。

 

読んでいただき、ありがとうございました。