いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ニュージーランドの軍服 陸軍迷彩シャツ&トラウザースとは? 0122 🇳🇿

こんにちは!

今回は、ニュージーランド軍の迷彩服を分析します。

DPM系ですが、何故か懐かしい感じがしましたよ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  ニュージーランドに軍服 陸軍迷彩シャツ&トラウザースとは?

イギリス連邦の一員であるニュージーランド。

やはり軍装は、イギリス系を採用していますね。

今回のモデルも迷彩はしっかりDPMを採用しています。

ただし、デザインは一部ニュージーランドオリジナルになっています。

どんな迷彩服でしょうか?

さっそく確認していきましょう! 

2  迷彩服の全体及び細部写真

シャツ

前面

f:id:akmuzifal6489:20190728080145j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190728080222j:image

 

前面裏側  濃い色はかなり透けています。
f:id:akmuzifal6489:20190728080244j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190728080213j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20190728080216j:image

 

エポレット
f:id:akmuzifal6489:20190728080156j:image

 

胸ポケット  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190728080224j:imagef:id:akmuzifal6489:20190728080238j:image

 

袖口   ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190728080241j:imagef:id:akmuzifal6489:20190728080147j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20190728080149j:image

 

背面  

よく見ると、左右で使用されている迷彩布地が違っています。面白いですね。(グリーンの色調に注意)
f:id:akmuzifal6489:20190728080201j:image

 

前面裏側  シャツと生地が違いますね。
f:id:akmuzifal6489:20190728080233j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190728080236j:image

 

前合わせはジッパー  ボタンで開閉できるベルトループに注意  イギリス的です。
f:id:akmuzifal6489:20190728080204j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20190728080227j:image

 

ランドリーデータタグ
f:id:akmuzifal6489:20190728080219j:image

 

側面  ウエスト調整タブ(ボタンで調整)とスラッシュポケット
f:id:akmuzifal6489:20190728080159j:image

 

膝のパッチポケット  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190728080211j:imagef:id:akmuzifal6489:20190728080207j:image

 

ポケットに縫い付けられているタグ  現代風です。
f:id:akmuzifal6489:20190728080152j:image

 

右臀部のパッチポケット  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190728080229j:image

スポンサーリンク 

 

 スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩はDPMですが、マニアの間で人気の「初期DPM」に似ています。

これは、ダークイエローまたはタンがカーキに、グリーンがエメラルドグリーンのタイプで、一般的なDPMと一部色調が異なるものになります。

一般的なDPMスモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回は、特にシャツがその「初期DPM」に近いですね。

(今回のモデルでは、上下で三種類のDPM生地が使用されています。海外物には多いですよね。)

イギリス軍初期DPMスモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

生地は、ザラザラしています。

表記はありませんが、感触がノーメックス混紡のアメリカ陸軍ACUに似ています。

デザインは、シャツはオーソドックスな2ポケットタイプのエポレット付き。

トラウザースは、標準的なイギリス軍タイプで、5ポケット。

ベルトループがボタンで開放できるタイプです。

(イギリス軍のトロピカルトラウザースとよく似ていますね。)

これは、ピストルベルト(弾帯)を装着できるようにしているんですね。

特筆すべきは使用されているボタンで、シャツは2ホールの市販品のようなボタン。

トラウザースは、アメリカ軍のような両面使用できるタイプが使われています。

上下で製造時期や工場が違うのでしょうか?

または、シャツだけモデル品(PX品) なのかもしれません。

もっとサンプルが欲しいですね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    2008年

 ・製造場所                  ニュージーランド

 ・契約会社                  ニュージーランド

 ・製造会社                              〃

 ・材質                         コットン

                                     ポリエステル

 ・表記サイズ              シャツ(38)

                                     トラウザース(4)

 ・各部のサイズ(平置)  シャツ

                                    着丈  約78センチ

                                    肩幅  約45センチ

                                    身幅  約56センチ

                                    袖丈  約60センチ

                                         トラウザース

                              ウエスト 約41センチ

                                    着丈  約106センチ

                                    股下  約79センチ

                                    股上  約32センチ

                                    裾幅  約21センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク 

 

 スポンサーリンク

5  まとめ

新婚旅行でニュージーランドに行く妹夫婦に、「ニュージーランド軍の迷彩服買ってきて!」とリクエストしましたが、華麗にスルーされました。

平成初期の話です。

あれから約30年、やっと入手することができました。

しかもデッドストックです。

次はスモックを入手したいですね。

今回のモデルは、生地も薄く夏用のイメージがあります。

でも、わざわざ今の季節に着用するより、保存しておいた方が良さそうです。

(圧倒的に数が少ないです。)

イギリスは、迷彩をDPMからMTPに変更しました。

ニュージーランドは今後どうするのか楽しみですね。

イギリス軍MTP迷彩スモックの生地はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回は、珍しいニュージーランドの迷彩服を分析しました。

次回は、ベトナム戦争で有名になった迷彩服を分析します。お楽しみに!

             ✳︎                 ✳︎                ✳︎

 

読んでいただき、ありがとうございました。