いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【フィリピンの軍服】陸軍迷彩ジャケットとは?0215 🇵🇭 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210923085043p:plain

今回は、2010年代のフィリピン軍の迷彩ジャケットを分析します。

わりと新しい迷彩ですが、殆ど使用されていない状態で放出されたようです。

…ということは、もしかして…。

中古品ですが程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  フィリピン陸軍迷彩ジャケットとは?

第二次大戦後の1946年に、アメリカから独立したフィリピン。

 

その後もアメリカ軍基地が国内に存在したり、アメリカ軍との合同演習が実施されたりと、何かとアメリカに近い国でした。

 

元々アメリカの植民地だった影響からでしょうか?軍装備品もアメリカ系が基本となっています。

(でも現在は、各国から優秀な装備を集めて使用しているようですね。)

 

個人装備でも、アメリカ軍のものを基本とし、フィリピン独自の改良を加えていますよ。

 

今回のモデルは、そんなフィリピン陸軍の迷彩ジャケットにになります。

 

メリハリの効いた迷彩が特徴です。

 

さてさて、それはどんな迷彩ジャケットなのでしょうか?

 

今回は、世界の迷彩服をコレクションしているあなたと一緒に、確認していきましょう! 

2  フィリピン陸軍迷彩ジャケットの全体及び細部写真

前面

一見、イギリス軍のDPMに見えますが、色調、パターンとも全く違いますね。

f:id:akmuzifal6489:20191101221533j:image

 

背面

タン以外の色調さが少ないのが特徴です。
f:id:akmuzifal6489:20191101221537j:image

 

前面裏側

f:id:akmuzifal6489:20191101221511j:image

 

背面裏側

迷彩は裏側へ透けて見えます。

(こちらの迷彩もなかなかキレイですね。
f:id:akmuzifal6489:20191101221416j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20191101221527j:image

 

サイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20191101221502j:image

 

データタグ

細かく記載されていますよ。
f:id:akmuzifal6489:20191101221545j:image

 

胸ポケット

アメリカ軍のジャングルファーティーグのようなデザインですね。

プリーツとマチ付き、2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191101221449j:imagef:id:akmuzifal6489:20191101221458j:image

 

腰ポケット

こちらも胸ポケットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20191101221523j:imagef:id:akmuzifal6489:20191101221422j:image

 

袖口

ボタンで調整
f:id:akmuzifal6489:20191101221440j:imagef:id:akmuzifal6489:20191101221444j:image

 

肘の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20191101221514j:image

 

左胸ポケット

ポケットフラップにスリットがあってペンが差せます。

ポケットの中にはペンポケットが。

f:id:akmuzifal6489:20191101221436j:image

f:id:akmuzifal6489:20191101221454j:imagef:id:akmuzifal6489:20191101221506j:image

 

ウエストの調整タブ
f:id:akmuzifal6489:20191101221427j:image

 

ボタン
f:id:akmuzifal6489:20191101221518j:image

 

階級章

f:id:akmuzifal6489:20191101221431j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  フィリピン陸軍迷彩ジャケットの特徴とは?

迷彩は、タンをベースにマホガニーブラウン、デープグリーン、ブラックを用いて、雲、葉または刷毛塗りのようなパターンを描いています。

 

イギリス軍のDPMに似ているとの話もありました。

 

でもよく見ると迷彩のストロークが一部丸く刷毛で塗ったようになっているだけで、パターン自体は全く違いますね。

(以前のモデルには、確かにDPMに似たパターンを採用していた時期もありましたが…。)

 

特筆すべきは、ブラウン、グリーンそしてブラックの明度差が殆どない事です。

 

そのため、遠目には2色迷彩に見えますよ。

 

生地は、薄いリップストップですが、アメリカ軍のBDUなどに比べて少々固めです。

(今回のモデルが、まだ新しいからそう感じるのかもしれませんが。)

 

デザインは、アメリカ軍がベトナム戦争当時に採用した、トロピカルコンバットユニフォーム(通称ジャングルファーティーグ)が原型のようです。

 

でも、各ポケットに角度は付いていません。

 

勿論、エポレット、内ポケットはありませんよ。

 

全体的な縫製は、少々荒いですが、強度は必要十分ですね。

4  フィリピン陸軍迷彩ジャケットの製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 2017年

・製造場所     フィリピン

・契約会社     フィリピン

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    L–R

         (日本人のXL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約83センチ

          肩幅 約50センチ

          身幅 約66センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  フィリピン陸軍迷彩ジャケまとめ

メリハリの効いた迷彩ですので、森やジャングルの木漏れ日が当たる日陰で効果が高そうです。

 

日向でも、迷彩の持つ分裂効果で、停止間では効果がありそうです。

 

使える迷彩服かもしれまんね。

 

実際に着用してみると、少々生地は硬いですが着心地は悪くなく、通気性は抜群です。

 

生地がリップストップというのも、助かりますね。

(サバイバルゲームや野鳥観察にガンガン使えそうです。)

 

現在、日本では数が少ないですが、今回のモデルは殆ど使用感のない極上品でした。

 

しかも2017年製品です!

 

いくらなんでも、新し過ぎるのではないでしょうか?

 

昨今の各国迷彩事情を考えますと、もしかしてフィリピン陸軍は、デジタル迷彩に変更されたのかもしれませんね。

(海軍、海兵隊は2008年ころから専用のデジタル迷彩を採用していますが。)

 

詳細は不明ですが、今後も調査を継続します。

 

今回は、フィリピンの迷彩服を分析しました。

次回は、フィリピンつながりで、スペイン軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

(20210923更新)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:アメリカ軍ジャングルファーティーグ関連の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Anak

Anak

  • フレディ・アギラ
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes