いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【フランスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(初期型)とは? 0280 🇫🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、フランス軍の迷彩服を分析します。

有名なリザード迷彩のスモックですが、最も初期のモデルになります。

残念ながらモデル品ですが、後のモデルとは大きな違いがありますよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  フランス陸軍空挺迷彩スモック(最初期型)とは?

フランス軍の空挺迷彩スモックといえば、その魅力的な迷彩(リザード迷彩)と機能的なデザインで有名です。

でも現在出回っているのは、いわゆる後期型と呼ばれる、着丈の長いモデルが多いですね。

しかし、じつはデザインが違う初期型があって、アルジェリアやインドシナ(ベトナム)などで使用されました。

あきらかに、ある国の空挺スモックを参考にしていたのです。

さて、どんなデザインなのでしょうか?

モデル品ですが、早速確認していきましょう!

2  フランス陸軍空挺迷彩スモック(最初期型)の全体及び細部写真

前面

迷彩の色調が、これまで分析したリザード迷彩と全く違いますね。 

こんな色彩もあったという説もあります。

でも違和感がありますね。

f:id:akmuzifal6489:20200108175143j:image

 

背面

驚くことにテイルピースがあります。

イギリス軍のデニソンスモックのようですね。
f:id:akmuzifal6489:20200108175104j:image

 

前面裏側

左脇腹付近にタグが。

裾下部の6個のダットファスナーもデニソンスモックに似ています。

右胸の内ポケットに注意
f:id:akmuzifal6489:20200108175030j:image

 

背面裏側

襟の下にも小さなタグがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200108175121j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。

ジッパーは官給品同様、少々動きが悪いです。(偶然?)
f:id:akmuzifal6489:20200108175148j:image

 

エポレットは、テーパー付きのラウンドタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200108175010j:image

 

右胸ポケット

3個の  ダットファスナーで開閉

 ダットファスナーは、ポケットの容量で留める位置を変えられます。
f:id:akmuzifal6489:20200108175139j:image
f:id:akmuzifal6489:20200108175021j:image

 

腰ポケット

角度が付いていて、こちらは2個のダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200108175048j:image
f:id:akmuzifal6489:20200108175025j:image

 

腰ポケット内の補強生地は、コットン製ですが再現しています。
f:id:akmuzifal6489:20200108175129j:image

 

各ポケットは、底に水抜き穴があります。
f:id:akmuzifal6489:20200108175112j:image
f:id:akmuzifal6489:20200108175034j:image

 

左胸ポケット

ポケット表面の小ポケット(ペンポケット)も再現。

ジッパーで開閉する隠しポケットも再現しています。
f:id:akmuzifal6489:20200108175044j:image
f:id:akmuzifal6489:20200108175155j:image

 

裾の調整タブ

これもデニソンスモックみたいですね。
f:id:akmuzifal6489:20200108175056j:image

 

袖口は、金属製バックル付きのストラップで調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20200108175014j:image
f:id:akmuzifal6489:20200108175017j:imagef:id:akmuzifal6489:20200108175040j:image

 

袖口には裏側にボタンがあって、袖口を拡げることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200108175152j:image

 

脇の通気孔
f:id:akmuzifal6489:20200108175108j:image

 

テイルピース  

デニソンスモックとそっくりですね。
f:id:akmuzifal6489:20200108175134j:image

 

勿論前面裏側の裾付近には、6個の  ダットファスナーが。
f:id:akmuzifal6489:20200108175117j:image

 

ここにテイルピースを留めることで、ズボンのようになり、裾のバタつきを防ぎます。
f:id:akmuzifal6489:20200108175053j:image

 

テイルピース固定専用の  ダットファスナー
f:id:akmuzifal6489:20200108175006j:image

 

右胸の内ポケット

タブとボタンで開閉

本当は左胸にあるのでは?
f:id:akmuzifal6489:20200108175037j:image

 

襟のタグ
f:id:akmuzifal6489:20200108175100j:image

 

脇腹のタグ

良心的ですなね。
f:id:akmuzifal6489:20200108175126j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  フランス陸軍空挺迷彩スモック(最初期型)の特徴とは?

まず迷彩ですが、カーキのベースにレッドブラウンとライトグリーンを刷毛で勢い良く塗ったようなパターンを描いています。

いわゆるリザード(トカゲ)迷彩ですが、その色調には疑問を感じます。

当時のリザード迷彩は、その色調とパターンの違いで何種類もあります。

中には、迷彩パターンの表裏をひっくり返したものもあったりして、少なからず混乱を引き起こしていますね。

でも、今回の色調は無かったと記憶しています。

(こんな色調もあったという説もあり。)

何故この色調なのか?

全くわかりませんね。

デザインは、最初期型の特徴っである、袖口、着丈、腰ポケット、テイルピースなどを忠実に再現していますよ。

逆に、後期型しか知らない方は、勉強になるのでは?

この初期型は、伝説のミリタリー雑誌である「PXマガジン」ないの、フランス軍リザード迷彩特集の記事で、若いフラアンス軍の兵士が着用している写真がありますよ。

(勿論迷彩の色調は違いましたが…。)

4  フランス陸軍空挺迷彩スモック(最初期型)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1990年代

 ・製造場所                   不明

 ・契約会社                   不明

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                S/M

                                   (日本人のM〜L)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約68センチ

                                    肩幅  約53センチ

                                    身幅  約72センチ

                                    袖丈  約54センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 民生品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  フランス陸軍空挺迷彩スモック(最初期型)まとめ

初期型は生産数が少いうえ、部隊に支給され各種戦争に導入され、殆ど損耗してしまったようです。

今では海外のオークションでも見かけなくなりました。

そこを見越してのモデル化なのですね。

今回のモデル品は、じつは高級なモデルで、上下セットで数万円で販売されていましたよ。

確かに縫製は忠実です。

でも、どうしても迷彩生地に違和感が残りますね。

(前オーナーもそうだったのでしょう。)

現代の技術では当時の迷彩をちゃんと再現できるはずです。

でもそうしなかったのは、もしかして当時の官給品との混同を避けるための処理だったのかもしれませんね。

海外の業者の中には、洗濯を繰り返し、各部にヤスリがけし、地中に埋めて古さを出した(模型のウェザリングのようなものですね。)モデル品を「本物」とか「実物」と称して高値で販売している所もあります。

でも根本的な迷彩の色調が違えば、それも難しいですよね。

そう言った意味では、良心的なモデル品かもしれません。

しかし最近はこのモデル品も見かけなくなりました。

おそらく現在でも、未使用品(新品)なら数万円で販売されているでしょう。

でも、フランス軍のスモックを勉強している方以外は、敢えて購入する必要もなさそうです。

いつか、オーバーパンツを入手したら、また分析したいです。

 

今回は、迷彩生地に疑問がありますが、よくできたモデル品のフランス軍空挺スモックを分析しました。

次回は、時季外れながら、オーストラリア軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:同時期のフランス軍空挺迷彩スモック後期型はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

今回のモデルが参考にしたデニソンスモックはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジョリーン

ジョリーン

  • オリビア・ニュートン・ジョン
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
サム

サム

  • オリビア・ニュートン・ジョン
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
秋風のバラード

秋風のバラード

  • オリビア・ニュートン・ジョン
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
そよ風の誘惑 (ライヴ)

そよ風の誘惑 (ライヴ)

  • オリビア・ニュートン・ジョン
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
きらめく光のように

きらめく光のように

  • オリビア・ニュートン・ジョン & ジェームズ・ニュートン・ハワード
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
カントリー・ロード

カントリー・ロード

  • オリビア・ニュートン・ジョン
  • カントリー
  •  
  • provided courtesy of iTunes
イフ・ノット・フォー・ユー

イフ・ノット・フォー・ユー

  • オリビア・ニュートン・ジョン
  • ポップ
  •  
  • provided courtesy of iTunes