いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

希少動物を守れ!【タイ王国の軍服】森林警備隊(レンジャー)迷彩ユニフォーム(アニマルパターン)とは? 0694 🇹🇭 ミリタリー

こんにちは!

今回は、1990年代のタイ王国軍森林警備隊(レンジャー)の専用迷彩服を分析します。

初めて目撃してからずっと探していた迷彩服でした。

(入手できた時は嬉しかったです!)

他に類を見ない迷彩パターンが魅力ですね。

今回も中古ですが、殆ど着用感のない極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  タイ王国森林警備隊(レンジャー)迷彩ユニフォーム(アニマルパターン)とは?

タイ王国軍に関連した準軍事組織として、タハーン・プラーン(英語訳ではレンジャー)と呼ばれる部隊があります。

 

主に国境警備を任務とし、場合によってはとても危険な任務にも就くようですね。

 

タハーン・プラーンについては以下を参照願います。

ja.wikipedia.org

近年では、密輸や野生動物の密猟などにも目を光らせているようです。

(国土の大半が密林であるタイ王国では必要な部隊なのでしょうね。)

 

通常この部隊は、黒服を着用しますが、任務に応じて迷彩服も着用します。

 

今回のモデルは、そんな特殊な任務時に使用されていた迷彩服ですね。

 

一見突拍子もない迷彩に見えますが、密林では意外に効果を発揮しそうな迷彩ですよ!

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、タイ王国軍装備品マニアのみならず、動物大好きなあなたと一緒に、確認していきましょう!

2 タイ王国森林警備隊(レンジャー)迷彩ユニフォーム(アニマルパターン)の全体及び細部写真

ジャケット

前面

なんて素敵な迷彩なのでしょう!

f:id:akmuzifal6489:20210315190501j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210315190252j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210315190256j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210315190443j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210315190529j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20210315190309j:image

 

メーカータグ 表・裏
f:id:akmuzifal6489:20210315190333j:imagef:id:akmuzifal6489:20210315190533j:image

 

サイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20210315190403j:image

 

エポレット

テーパーなしのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20210315190238j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210315190511j:imagef:id:akmuzifal6489:20210315190342j:image

 

腰ポケット

こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210315190329j:imagef:id:akmuzifal6489:20210315190243j:image

 

ストレートです。
f:id:akmuzifal6489:20210315190412j:imagef:id:akmuzifal6489:20210315190452j:image

 

肘補強生地

タイ王国軍装備でも腕を一周していましたね。
f:id:akmuzifal6489:20210315190434j:image

 

袖口はボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20210315190408j:image

 

ウエストのサイズ調整タブ

ボタンで調整します。
f:id:akmuzifal6489:20210315190305j:image

 

何故か左脇下にペンポケットが!

2本用

ポケットの上にはループもあり。

(タイ王国軍では袖に付いていましたね。)

f:id:akmuzifal6489:20210315200804j:image

 

製品の紙ラベル
f:id:akmuzifal6489:20210315190233j:image

 

手書きのナンバリング

認識番号でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20210315190317j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20210315190229j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210315190313j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210315190506j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210315190430j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20210315190320j:image

 

メーカー及びサイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20210315190355j:image

 

右側面レイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210315190536j:image

 

ウエストのサイズ調整ストラップ

金属製バックル付き
f:id:akmuzifal6489:20210315190421j:image

 

腰スラントポケット
f:id:akmuzifal6489:20210315190225j:image

 

ヒップポケット

ボタンで開閉

f:id:akmuzifal6489:20210315190351j:imagef:id:akmuzifal6489:20210315190346j:image

 

膝ポケット

二重のまち付き

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210315190426j:imagef:id:akmuzifal6489:20210315190457j:image

 

フロントのジッパー

刻印は「MIT」
f:id:akmuzifal6489:20210315190359j:image

 

ボタンはタイ王国軍と共通ですね。

ODのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20210315190447j:image

 

臀部の丸い補強生地
f:id:akmuzifal6489:20210315190526j:image

 

裾のドローコード

左右が縫い付けられていました。
f:id:akmuzifal6489:20210315190337j:image

 

迷彩パターン

素敵なパターンですね。
f:id:akmuzifal6489:20210315190516j:image

 

パターン細部

鳥①
f:id:akmuzifal6489:20210315190247j:image

 

鳥②
f:id:akmuzifal6489:20210315190522j:image

 

鹿
f:id:akmuzifal6489:20210315190416j:image

 


f:id:akmuzifal6489:20210315190300j:image

 

木々
f:id:akmuzifal6489:20210315190324j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3 タイ王国森林警備隊(レンジャー)迷彩ユニフォーム(アニマルパターン)の特徴とは?

迷彩は、タン(またはライトカーキ)の生地に、グリーン、チャコールグレイ、ダークブラウンを用いて、タンの一部を塗り残すように葉や雲型を描いています。

(塗り残されたタンにはブラックの縦線で網掛けしてありますよ。)

 

同時にブラックの細線縁取のホワイトで、別のパターンを描いていますね。

 

よくみると、タン+ブラック縦線の部分には鹿や牛が、ホワイトの部分には鳥や木々が描かれていますよ。

(自然が溢れています。可愛いですね💕)

 

生地は、おそらくコットンとポリエステルのツイルで、軽量で丈夫ですがやや通気性が悪そうです。

(熱帯雨林では少々蒸すかもしれません。)

 

デザインは、アメリカ軍が1980年代に開発したBDU(バトルドレスユニフォーム)に似ています。

 

構成は、ジャケットがエポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2、脇ポケットで、ウエストにはサイズを調整するタブがあります。

 

トラウザーズは、腰スラントポケット×2、ヒップポケット×2、膝ポケット×2で裾にはドローコードを内蔵。

 

面白いのは脇のポケットで、陸軍の戦闘服などでは袖に付いているペンポケットと同じものですね。

(ここに取り付けた意味は?)

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、高い技術を用いて仕立てられていますよ。

(タイ王国では、複数のメーカーが同じ生地で製造している情報もあります。)

4 タイ王国森林警備隊(レンジャー)迷彩ユニフォーム(アニマルパターン)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     タイ王国

・契約会社     タイ王国

・製造会社      〃

・表記サイズ    L

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約75センチ

          肩幅 約48センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約59センチ

           トラウザーズ

        ウエスト 約45センチ

          着丈 約106センチ

          股上 約33センチ

          股下 約72センチ

          裾幅 約25センチ

・状態       中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5 タイ王国森林警備隊(レンジャー)迷彩ユニフォーム(アニマルパターン)まとめ

日本でも原色でスヌーピー柄の迷彩生地(子供服やバッグ用)などは見たことがあります。

 

でも実戦用しかも官給品でこの種の迷彩というのは、迷彩効果以外に何か目的があるように思えます。

(崇高な任務を象徴しているのかもしれませんね。)

 

少々ホワイトが目立つこの迷彩ですが、実は密林の中では分裂効果(人間の輪郭を浮かび上がらせない効果)があるのかもしれません。

 

ぜひ日本でも効果を確認したい迷彩ですね。

 

残念ながら、タイ王国では2010年代に新型の迷彩服に変更(それでもこの迷彩の面影を残した迷彩です。)されました。

 

タイ王国軍森林警備隊新型迷彩服

(Twitterより引用)

そのため本来なら、民間業者に払い下げられて日本にも多く輸入されていてもおかしくないのですが、2021年現在、全く見かけませんね。

(そもそも生産数が少なかったのでしょうか?)

 

それでも稀にオークションなどに出品されている場合があります。

 

探しているあなたは、オークションやフリマに網を張って、気長に待ちましょう。

 

私は、同じ迷彩パターンのTシャツを探してみたいと思います。

(存在は確認しています。)

 

注意

タイ王国では、軍人以外が街中で迷彩服を着用することを法律で禁じています。

旅行や現地での買い付けなどでは、十分に注意しましょう!

 

今回は、タイ王国の素敵な迷彩ユニフォームを分析しました。

次回は、少々時期外れかもしれませんが、アメリカ軍の防寒着を分析します。

お楽しみに!

(20210615更新)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のタイ王国軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

動物と子供たちの詩

動物と子供たちの詩

  • カーペンターズ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
夢みるパワー 2010

夢みるパワー 2010

  • イルカ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes