いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【イギリスの軍服】陸軍空挺DPMスモック①とは? 0383 🇬🇧ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210422220434p:plain

今回は、1980年代のイギリス軍の空挺迷彩スモックを分析します。

イギリス軍マニアには大人気のスモックですね。

でも絶対数が少ないので、なかなか入手困難な一品です。

(今回はちょっと前のモデルになりますよ!_

中古品ですが程度は良好です!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  イギリス陸軍空挺DPMスモック①とは?

意外ですが、世界でも一早く空挺部隊の必要性と重要性に気付き、大々的に部隊を編成したのは旧ソ連軍でした。

(1931年)

 

以降、各国とも空挺部隊の研究を重ね、第二次大戦では多くの国が空挺作戦を立案、部隊を投入しました。

 

しかし輸送機の不備や部隊運用の失敗などで、犠牲も多かったようですね。

 

イギリス軍も大戦末期のマーケットガーデン作戦で大きな被害を受けたのは「遠すぎた橋」として映画化され有名ですよね。

 

そんなイギリス軍ですが、大戦中には画期的な空挺服「デニソンスモック」を開発して運用したことは当ブログでも再三取り上げてきました。

 

今回のモデルは、そのデニソンスモックの子孫ともいうべきスモックになります。

 

使用されているマテリアルに変化はあるものの、伝統は現在までもしっかり受け継がれているようですよ。

 

さてさて、どんなスモックなのでしょうか?

 

今回はイギリス軍マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

(アメリカ軍M65フィールドジャケットファンもその違いを確認してくださいね。)

2  イギリス陸軍空挺DPMスモック①の全体及び細部写真

前面

デニソンスモック譲りのAラインですね。

f:id:akmuzifal6489:20200414160809j:image

背面

迷彩はP–68スモックと同様のブラックの面積が少ないタイプです。

全体的に明るい印象ですね。

f:id:akmuzifal6489:20200414160858j:image

 

前面裏側

胸の内ポケット(左右)とウエストのドローコードに注意
f:id:akmuzifal6489:20200414160821j:image

 

背面裏側

ライニングは一部しかありません。
f:id:akmuzifal6489:20200414160750j:image

 

前合わせはジッパーのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200414160936j:image

 

タグ

表記方法はP–85スモック形式です。
f:id:akmuzifal6489:20200414160940j:image

 

エポレットはテーパー付きのラウンドタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200414160759j:image

 

胸ポケット

角度が付いていてダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200414160813j:image
f:id:akmuzifal6489:20200414160827j:image

 

腰ポケット

胸ポケットとは逆方向に角度が付いています。

こちらも  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200414160817j:image
f:id:akmuzifal6489:20200414160932j:image

 

袖口にはニットを装着
f:id:akmuzifal6489:20200414160841j:image

 

左袖ポケット

こちらはボタンで開閉

一般のスモックと同様、2つのコンパートメントに分かれています。
f:id:akmuzifal6489:20200414160944j:image
f:id:akmuzifal6489:20200414160916j:image

 

テイルピース用  ダットファスナー
f:id:akmuzifal6489:20200414160754j:image

 

ダットファスナーはデニソンスモックと同じメーカー
f:id:akmuzifal6489:20200414160921j:image

 

胸の内ポケットは縦に長いタイプ

形状はデニソンスモックと同じです。

生地はポプリン
f:id:akmuzifal6489:20200414160924j:image

 

ウエストのドローコードは左右で結んで調整するタイプです。

f:id:akmuzifal6489:20200414160911j:image

 

袖は肩の部分のみライニングがあります。

これもデニソンスモックと同じデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20200414160850j:image

 

袖はライニングがないので縫い目は剥き出しです。

迷彩は、白色の生地に全色がプリントされているのが判ります。
f:id:akmuzifal6489:20200414160902j:image

 

背面裾には大型のポケットが左右にあります。

(頭部から見た写真)
f:id:akmuzifal6489:20200414160803j:image

 

ポケットのボタンには黒いガムテープでカバーが。

これは糸のすり減り防止とボタンの反射防止を兼ねたもの。

他のボタンにも貼ってあった痕跡がありました。
f:id:akmuzifal6489:20200414160832j:image

 

イギリスの国籍マーク

あとから手縫いされています。
f:id:akmuzifal6489:20200414160745j:image

 

憲兵隊パッチ(ワッペン)

空挺にも憲兵?
f:id:akmuzifal6489:20200414160846j:image

 

ダットファスナー表側

黒染めが落ちて下地が出てきていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200414160854j:image

 

テイルピースも健在
f:id:akmuzifal6489:20200414160739j:image

 

ダットファスナーのタイプ
f:id:akmuzifal6489:20200414160735j:image

 

テイルピースの使い方

日本の褌のように股間を通して使用します。

裾のまくりあがりやバタつきを防止します。

ん?裾左右のサイズ調整タブが省略されていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200414160836j:image

 

迷彩パターン
f:id:akmuzifal6489:20200414160907j:image

 

おまけ

後のモデルの空挺スモック(背面)

迷彩の色調が大きく変更されていますね。

f:id:akmuzifal6489:20200422132330j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  イギリス陸軍空挺DPMスモック①の特徴とは?

迷彩は、1960年代から1970年代に多く見られたDPMで、タンをベースにグリーン、ブラウン、ブラックを刷毛で丸く塗ったようなパターンです。

 

後のDPMに比べて、ブラックの面積が少なく、他の色調がやや明るいのが特徴ですね。

 

生地は一般的なスモックと同じ生地で、サテンにも似た独特の生地です。

(デニソンスモックのようなデニムではありません。)

 

デザインは、古のデニソンスモックを完璧に踏襲していますね。

 

エポレット付きで、胸、腰にそれぞれパッチポケット×2ですが、新たに袖ポケットとウエストのドローコードが追加されています。

 

勿論テイルピースもしっかり採用されていますよ。

 

一方、裾左右のサイズ調整タブは省略されています。

 

全体的にゆったりっしたデザインなので、表記サイズより大きい造りになっています。

(購入時には要注意ですね。) 

4  イギリス陸軍空挺DPMスモック①の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     イギリス

・契約会社     イギリス

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    160/96

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約73センチ

          肩幅 約53センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約52センチ

・状  態     中古上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  イギリス陸軍空挺DPMスモック①まとめ

結局この空挺スモックは、迷彩がMTPに替わった現在でも製造されているようです。

 

若干の変更点はあるものの、見方を変えればデニソンスモックが70年以上も使用されていることになるのですね。

 

さすがイギリスと言わざるを得ません。

 

実際、普段使いには何の問題もありません。

 

迷彩も効果的なことから、サバイバルゲーム 、狩猟、野鳥観測には問題なく使用できそうです。

(ライニングがないので、季節を問わずフレキシブルに使えるのが魅力ですね。)

 

また、1960年代以降のイギリス軍を再現する上では、必要不可欠なスモックでもありますね。

 

残念ながら数は少なく、このスモックもなかなか出会えません。

 

でも新しい時代のものは比較的出回っていますね。

 

海外のオークションでは、多数出品されているので、費用や予算を考えながら入手するのも重色いかもしれません。

 

各時代で製造されているので、全く入手でいない訳ではありません。

 

購入したい方は、根気よく探してみましょう。

 

購入する際には、程度や状態に注意するほか、サイズにも注意しましょう。

 

普段のサイズで購入すると、とても大きいものになってしまいます。

(必ず試着しましょう。)

 

今回は、イギリス軍の伝統的な空挺スモックを分析しました。

次回は、アメリカ軍のパイロットスーツを分析します。

お楽しみに!

(20210422更新)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:イギリス軍空挺デニソンスモックはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

イギリス軍の空挺DPMスモックモデル品はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 各国の空挺迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハリー・ポッター

ハリー・ポッター

  • フィルム・スタジオ・オーケストラ
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
ヘドウィグのテーマ(映画「ハリー・ポッター」シリーズ:メイン・テーマ曲)

ヘドウィグのテーマ(映画「ハリー・ポッター」シリーズ:メイン・テーマ曲)

  • ジョン・ウィリアムズ
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes