いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【旧ソ連の軍服】陸軍ブタン迷彩パイロットスーツ(セパレート型)とは? 0057 USSR ミリタリー

ソ連共産党バッジ

今回は、1980年代の旧ソ連陸軍迷彩パイロットスーツを分析します。

主に攻撃ヘリコプターのパイロットが使用することが多かったようです。

(旧共産圏のパイロットスーツは、セパレートが多いですね。 )

迷彩は有名な「ブタン迷彩」ですが希少なバージョンです。 

さらに希少なデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  旧ソ連陸軍ブタン迷彩パイロットスーツ(セパレート型)とは?

旧ソ連軍攻撃ヘリ「ハインド」のパイロットが着用しているスーツという触れ込みで販売されていました。

 

Mi–24ハインド

旧ソ連軍攻撃ヘリコプター「ハインド」

CRECHANのブログ 「風の道」より引用)

ちょうど旧ソ連軍のアフガン侵攻真っ盛りの時期でしたね。

 

そんな時に流れてくるかな?…とも思いましたが、取り敢えず購入してみました。

 

実際にハインドのパイロットが着用している写真は観たことがありませんが、スーツの作りから明らかにパイロット用だと納得しています。

 

なかなかカッコいいスーツですよ。

 

それに独特の装備がありました。

 

さてさて、それはどんなパイロットスーツなのでしょうか?

 

今回は旧ソ連軍装備マニアのみならず、世界のパイロット装備コレクターのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ブタン迷彩パイロットスーツの全体及び細部写真

ジャケット

前面

f:id:akmuzifal6489:20190526114138j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190526114224j:image

 

前面裏側  

左胸ポケットのホルスターが渋いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190526114148j:image

 

背面裏側  

各部の補強布がブルー!
f:id:akmuzifal6489:20190526114129j:image

 

前合わせはジッパー&ダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20190526114220j:image

 

裾付近のダットファスナーとジッパースライダー
f:id:akmuzifal6489:20190526114200j:image

 

胸ポケットとジッパースライダー こちらはブラス

f:id:akmuzifal6489:20190526114115j:imagef:id:akmuzifal6489:20190526114121j:image

 

ジッパースライダー  表裏
f:id:akmuzifal6489:20190526114140j:imagef:id:akmuzifal6489:20190526114157j:image

 

裾絞り用ストラップ Dリングで調整
f:id:akmuzifal6489:20190526114213j:image

 

背中には内側に通じる通気口があります。
f:id:akmuzifal6489:20190526114218j:image

 

袖口 めちゃシンプルです。

ベトナム戦争当時の現地ユーティリティシャツのようですね。
f:id:akmuzifal6489:20190526114133j:image

 

ジャケット襟下内側のループ
f:id:akmuzifal6489:20190526114143j:image

 

ジャケット左胸ポケットのスタンプ

(モスクワ製?)
f:id:akmuzifal6489:20190526114203j:image

 

なんとスラッシュポケット内布には

外側にブルーの布でポケットが!用途は?
f:id:akmuzifal6489:20190526114153j:image

 

隠ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190526114124j:image

 

左胸ポケットにはランヤードが。マカロフ用でしょうか?((((o(*゚▽゚*)o)))
f:id:akmuzifal6489:20190526114126j:image

 

右胸ポケット内にはペン差しが。
f:id:akmuzifal6489:20190526114146j:image

 

胸ポケットのジッパー布はブルー
f:id:akmuzifal6489:20190526114226j:image

 

前合わせは黒に近いブラウン
f:id:akmuzifal6489:20190526114150j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20190526114131j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190526114119j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190526114206j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190526114215j:image

 

右腰ポケットと小さなポケット

上にDリングが縫い付けられていることから、ナイフポケットではないでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190526114135j:image

 

ジッパーはメッキ 経年変化で動きが悪いです。こういう場合は蝋を塗りましょう。

ポケットの中にもDリングが。
f:id:akmuzifal6489:20190526114155j:image

 

トラウザース裾  ダットファスナーで絞れます。
f:id:akmuzifal6489:20190526114210j:image

 

トラウザースタグ  

ジャケットとサイズが違います。
f:id:akmuzifal6489:20190526114229j:image

 

サスペンダー  

途中にブラックのゴムバンドあり。
f:id:akmuzifal6489:20190526114208j:image

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、当時のソ連最新鋭のもので、後にウクライナが採用しました。

(もしかしたらウクライナ製?)

 

日本では「ブタン迷彩」と呼ばれていますね。

 

よく似たパターンで色調にいくつかのバリエーションがありますよ。

 

今回のモデルは、ライトダークグリーンをベースに、オリーブドラブとライトブラウンで細かい雲形を描いています。

(通称「ピンクブタン」)

 

素敵な迷彩です。夏系迷彩または森林用でしょうか。

 

デザインは、以前紹介した旧ソ連軍のレザーフライトジャケットに通じるものがあります。

 

構成は、ジャケットがエポレットなし、胸ポケット×2、内ポケットで、やはり左胸ポケットはホルスター(拳銃入れ)兼用でした。

 

一方トラウザーズは、腰スラッシュポケット×2、腰前部パッチポケット×2、右小ポケット(ナイフポケットか?)で、一部にDリングなどがあります。

 

トラウザースはサスペンダーを用いて着用するので、ベルトループはありません。

 

背面にポケットがないことが座ったまま活動するパイロットや戦車兵に共通のデザインですね。

 

全体的な造りは、旧ソ連製としては丁寧で正確、かつ強度もあります。

(後の同モデルより明らかに仕立てが良いですね。)

 

ただし、現時点ではジッパーの動きが渋くなっています。

(おそらく腐食によるものだと思われます。)

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     旧ソ連

・契約会社     旧ソ連

・製造会社     不明

・材  質     コットン

・表記サイズ    50-3

   (トラウザース48-4)

           ジャケット

          着丈 約76センチ

          肩幅 約53センチ

          身幅 約64センチ

          袖丈 約64センチ

           トラウザース

        ウエスト 約42センチ

          着丈 約103センチ

          股下 約70センチ

          股上 約33センチ

          裾幅 約27センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手方法     大阪の専門店

・入手難易度    3(困難) 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

アメリカ軍はともかく、各国のパイロット装備は、入手困難ですね。

 

このスーツも偶然入手したものでした。

(本当は歩兵の戦闘服を探していたのですが…。)

 

迷彩は、使用しているカラーは少ないですが、効果は十分ですね。

 

日本のフィールドでも使用できそうですよ。

 

でも、パイロット装備なので、サバイバルゲームには向かないかもしれません。

 

狩猟、野鳥観測、ヒストリカルゲーム、バイカーには普通に使えそうですね。

 

惜しむらくは、絶対数が極端に少ないことです。

 

見つけて程度が良ければ、とりあえず保護してあげましょう!

(勿論、絶滅危惧種です。)

 

今回は、希少で素敵な、旧ソ連軍のパイロットスーツを紹介しました。

次回は、今は亡きチェコスロバキアのビビットな迷彩服を紹介します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:旧ソ連軍パイロット装備の記事はこちらです。⬇︎

各国のパイロットスーツ関連記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ロシア連邦(国歌)

ロシア連邦(国歌)

  • 航空自衛隊航空中央音楽隊
  • ワールド
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes