いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

スイスの軍服 陸軍迷彩スモック(ライバーマスター型)とは? 0067 🇨🇭

こんにちは!

今回は、日本で大人気(?)のスイス軍迷彩服を紹介します。

迷彩パターンの原型は、勿論ライバーマスター迷彩ですよ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  スイスの軍服  陸軍迷彩スモック(ライバーマスター型)とは?

以前もセパレートの戦闘服を紹介しましたが、今回のモデルは、山岳兵用スモックと呼ばれているものです。

www.military-spec-an.com

このスモックが、おそらく初めて日本に紹介されたのは、1980年代の専門誌だったでしょうか。

各銃器雑誌で有名を馳せた方がスイスの家庭を取材した記事がそうだったと記憶しています。
私もまだ駆け出しのコレクターで(レベルは今も変わりませんが)ライバーマスター迷彩の存在を知らなかったせいもあり、初めてこのスモックを見ときは本当に驚きました。

以降、物珍しさもあって日本では人気の迷彩服となりました。

どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  スモックの全体及び細部写真

前面    

前合わせは、ジッパーとダットファスナー  

袖の色がぼやけてる四角いパッチは、補強用の迷彩ナイロンシートです。

f:id:akmuzifal6489:20190530211240j:image

 

背面  相変わらず凄くステキな迷彩ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190530211130j:image

 

前面裏側  

今回のモデルは、両袖が後期の迷彩生地でできています。再生品でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190530211229j:image

 

背面裏側  かなり迷彩が透けています。
f:id:akmuzifal6489:20190530211250j:image

 

右胸ポケット  3個のダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190530211206j:image
f:id:akmuzifal6489:20190530211221j:image

 

ウエストには、Pベルト用のホルダーが。
f:id:akmuzifal6489:20190530211224j:image

 

右前面腰ポケット  こちらも3個のダットファスナーで開閉

ダットファスナーは防反射処理付きのオリーブ
f:id:akmuzifal6489:20190530211226j:image

 

そのポケットの後方にも別のポケットが。

横にペンホルダー付き。ダットファスナーで開閉(左側にも同じポケット有り。)
f:id:akmuzifal6489:20190530211247j:image

 

左胸ポケット フラップが二枚に分かれています。2個ずつのダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190530211201j:imagef:id:akmuzifal6489:20190605100846j:image

胸ポケット上には、専用のバックパック取り付け用の金具があります。

用途不明のフックと予備のボタンも。
f:id:akmuzifal6489:20190530211253j:image

 

背面左下のポケット容量が大きいです。ダットファスナー3個で開閉
f:id:akmuzifal6489:20190530211209j:image
f:id:akmuzifal6489:20190530211245j:image

 

背面下のポケット  用途は?
f:id:akmuzifal6489:20190530211154j:image

 

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190530211151j:image

 

各ポケット底部には、水抜き?孔が。
f:id:akmuzifal6489:20190530211234j:image

 

袖のポケット。新しい袖と古い袖にまたがって縫製されています。

糸も他の糸と同じパンツァーグレイ。
f:id:akmuzifal6489:20190530211232j:image

 

エポレットは長方形  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190530211143j:image

 

フードにはダットファスナーとボタンが。
f:id:akmuzifal6489:20190530211204j:image

 

ダットファスナーを開けると、中には小さなポケットがあって
f:id:akmuzifal6489:20190530211212j:image

 

ポケットの中にメッシュの迷彩フェイスベールが装備されていました。

これでいつでも、誰でも狙撃兵?
f:id:akmuzifal6489:20190530211255j:image

 

フードのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190530211148j:image

 

袖のジッパーは「riri」
f:id:akmuzifal6489:20190530211146j:imagef:id:akmuzifal6489:20190530211139j:image

 

胸ポケットは、中が二重になっているところも。
f:id:akmuzifal6489:20190530211258j:image

 

背中には不自然な生地の余裕があります。
f:id:akmuzifal6489:20190530211158j:image

 

サイズスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20190530211242j:image

 

ジッパーの布はマホガニーブラウン

サイズスタンプ右のジッパーは内ポケット!
f:id:akmuzifal6489:20190530211237j:image

 

裾はゴムのテープとボタンで絞りを調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20190530211137j:image

 

脇の空気孔
f:id:akmuzifal6489:20190530211216j:image

 

袖ジッパー裏側
f:id:akmuzifal6489:20190530211218j:image

 

襟の開口部は三段階に調整可能  勿論スタンドカラーになります。
f:id:akmuzifal6489:20190530211128j:image

 

メイン

のジッパーは「BSC」
f:id:akmuzifal6489:20190530211133j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  スモックの特徴とは?

迷彩パターン自体は、以前このブログでも紹介したものと大きく変わりません。

(採用はこちらが先でした。)

しかし今回のモデルは、迷彩生地のライトブラウンが、本体は肌色に近い色調ですが、新しく交換された(?)袖は、やや濃いライトブラウンです。

生地は、基本的には厚いコットンで、肘には補強で迷彩柄のナイロン生地が縫い付けられています。

前面にも背面にもポケットが多く、どうやらスイス軍は、全ての装備を一着のスモックに収納できるようにしたかった様です。

後に各国と同じよ個人装備になったこと、実際にスモックを着用している兵士の写真を観ると、一部のポケットは使用されていないことから、やはり重量とか使い勝手に問題があったのかもしれませんね。

4  製造、サイズ等のデータ

・製造年又は契約年度     1973年

・製造場所                       スイス

・契約会社                       スイス

・製造会社                           〃

・材質                              コットン

                                         ナイロン

 ・表記サイズ                  48(スタンプ)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                        着丈  約72センチ

                                        肩幅  約46センチ

                                        身幅  約60センチ

                                        袖丈  約60センチ

 ・状態                            デッドストック

 ・官民区分                    官給品

 ・入手方法                    ヤフオク

  

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

他人の目を全く気にしない私は、問題なく普段着として着用できますが、一般の方は着用に勇気が必要ですね。

でも、厚い生地でできていて、ポケットも沢山あるのでスキーウェアとかどうでしょうか?

結構派手なスキーウェアとかあるので、目立ちませんし、逆に地味かもしれませんよ。

じつはこのスモックのサイズ52の下に、西ドイツの戦車兵用カバーオールを着用して、クロスカントリースキーに行った事があります。めちゃ汗かきました。(カバーオールはライナー付き!)

日本のフィールドでは、その色調から使用する季節が限定されそうです。

サバイバルゲーム向きではありませんね。(目立ちすぎる?)

そもそも、このスモックも数は次第に減りつつあります。

入手するのは今かもしれませんね。

 

今回は、スイス軍のもう一つの赤い衝撃迷彩服を紹介しました。

次回は、赤い衝撃に対抗して、旧ソ連軍の迷彩服を紹介します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                 ✳︎

シベリアの永久凍土から、ライオンの赤ちゃんが見つかったそうですね!

日本人の学者先生が主導して研究しているのだとか。

写真もありましたが、赤ちゃんといえどしっかりライオンさんでしたよ。

可愛かったです💕

地球が温暖だった頃、シベリアにもライオンさんがいたのですね。

もしかしたら日本にもいたのかも!

(昔は大陸と陸続きでしたもんね。)

いつか化石が見つかると嬉しいですね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。