いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【スイスの軍服】陸軍山岳兵用マウンテンジャケット(OD)とは? 0427 🇨🇭ミリタリー

こんにちは!

今回は、少し前のスイス軍マウンテンジャケットを分析します。

1990年くらいには日本にも多く輸入されてましたね。

ポケットが多くて機能的なジャケットですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  スイス陸軍山岳兵用マウンテンジャケット(OD)とは?

現代のように迷彩服が普及する以前は、各国軍とも単色の衣類を支給していました。

 

特に戦後は、カラーこそオリーブドラブ、オリーブグリーン、セージグリーンなどのグリーン系主体でしたが、デザインは、大きくアメリカ系、イギリス系、ソ連系、フランス系、ドイツ系に分かれていましたね。

 

今回のスイス軍マウンテンジャケットは、どちらかと言えばフランス系と言えるものです。

 

日本へは山岳兵用ということで入荷していましたよ。

 

初めて私が見かけたのは名古屋の専門店だったのですが、なんと次の週には既に売り切れで購入できなかった…という人気のアイテムです。

(名古屋だけかもしれませんが…欲しい時が買う時なんですね…😞)

 

今回のモデルは、後に偶然入手した物です。

 

さてさて、それはどんなジャケットなのでしょうか?

今回は、ミリタリーマニアのみならずファッションリーダーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  スイス陸軍山岳兵用マウンテンジャケット(OD)の全体及び細部写真

前面

シックなカラーと大人しいデザインですね。

f:id:akmuzifal6489:20200605063541j:image

 

背面

f:id:akmuzifal6489:20200605063501j:image

 

前面裏側

生地の色が近いので、よくわからないですが、全面にライニングがあります。

f:id:akmuzifal6489:20200605063559j:image

 

背面裏側

うなじには簡易フードがありますが、格納する場所はありません。

(背中に折り畳まれているだけです。)

f:id:akmuzifal6489:20200605063545j:image

 

前合わせはジッパーと  ダットファスナー。

f:id:akmuzifal6489:20200605063515j:image

 

うなじの小さいサイズタグ

f:id:akmuzifal6489:20200605063504j:image

 

メインタグ

f:id:akmuzifal6489:20200605063441j:image

 

タグの下には輸出業者が打ったスタンプが。

何処かで見たスタンプですね。

f:id:akmuzifal6489:20200605063548j:image

 

襟はジッパーで立てることができます。

f:id:akmuzifal6489:20200605063449j:image

 

エポレット

テーパー付きのクサビタイプです。

f:id:akmuzifal6489:20200605063611j:image

 

胸ポケット

2個の  ダットファスナーで開閉

f:id:akmuzifal6489:20200605063552j:imagef:id:akmuzifal6489:20200605063437j:image

 

腰ポケット

こちらは3個のダットファスナーで開閉

f:id:akmuzifal6489:20200605063421j:imagef:id:akmuzifal6489:20200605063434j:image

 

  ダットファスナーの表面(OD塗装)と裏面の刻印

f:id:akmuzifal6489:20200605063555j:imagef:id:akmuzifal6489:20200605063524j:image

 

ジッパー刻印は、ヨーロッパでよく使用されている「OPTI」

f:id:akmuzifal6489:20200605063533j:image

 

左袖のボタン

アームバンド用でしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20200605063457j:image

 

f:id:akmuzifal6489:20200605063508j:imagef:id:akmuzifal6489:20200605063606j:image

 

肘には補強生地が。

f:id:akmuzifal6489:20200605063537j:image

 

袖口はボタンで開閉

f:id:akmuzifal6489:20200605063425j:image

 

スイス官給品でリードグリーンのプラスティック製

f:id:akmuzifal6489:20200605063618j:image

 

胸内ポケット

左のみです。

マジックテープで開閉

f:id:akmuzifal6489:20200605063453j:image

 

ウエストのドローコード

金属製のハトメが全て外れています。😞

f:id:akmuzifal6489:20200605063603j:image

 

腰の内ポケット

なんと左右にあります。

こちらもマジックテープで開閉

f:id:akmuzifal6489:20200605063445j:image

 

前身頃裏側の救急包帯入れ

ボタンで開閉

少し前のスイス軍装備ではお馴染みですね。

携帯電話入れになる?

f:id:akmuzifal6489:20200605063413j:image

 

裾のドローコード

f:id:akmuzifal6489:20200605063529j:image

 

背中裏側についているストラップは…

f:id:akmuzifal6489:20200605063417j:image

 

前身頃裏側のボタンと合わせて使用する、テイルピースでした。

股間を通してボタン留めし、裾の捲れ上がりを防ぎます。

f:id:akmuzifal6489:20200605063521j:image

 

フードは、そのまま内側に織り込まれ、格納する場所はありません。

f:id:akmuzifal6489:20200605063429j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  スイス陸軍山岳兵用マウンテンジャケット(OD)の特徴とは?

生地はグレイがかった独特のオリーブドラブで、織り方も独特です。

 

サテンの一種でしょうか?でも糸が太く目が粗いですね。

 

コットンとポリエステルの混紡なので、軽量です。

 

デザインは、フランス軍の空挺スモック(後期型)に似ていますが、より簡素にして着丈を長くした感じです。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2のコートタイプですが、内ポケットが合計4個もあります。

 

これ1着でかなりのポケット容量ですよ。

 

面白いのは、前身頃裏側の救急包帯入れですね。

(昔のウール製制服から続いている装備ですね。)

 

あと、裾の捲れ上がり防止のために、股間に通すストラップがあります。

(イギリス軍のフライトジャケットやデニソンスモックのようですね。)

 

全体的に丁寧な作りですが、縫製や  ダットファスナーの取り付けには、少々粗いところがあるようです。 

4  スイス陸軍山岳兵用マウンテンジャケット(OD)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1986年

 ・製造場所                   スイス

 ・契約会社                   スイス

 ・製造会社                      〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                48

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約82センチ

                                    肩幅  約49センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約62センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  スイス陸軍山岳兵用マウンテンジャケット(OD)まとめ

実際に着用してみると、着丈は長いですが軽量で、しかも風をしっかり防いでくれます。

 

また腰の内ポケットが意外に便利で、使い勝手が良いですね。

 

ただ着丈が長い分、バイクなどでは少々煩わしいところがありますよ。

 

カラーも落ち着いているので「軍物は好きだけど、普段着に迷彩は…」と考えるあなたにぴったりです。

 

一頃は、各ショップに未使用のデッドストックが溢れていましたが、さすがに2020年現在は中古品でも見かけなくなりましたね。

 

でもよく似たデザインから、場合によってはイタリア軍のマウンテンジャケットとして販売されている場合もあります。

(識別点は生地や  ダットファスナーのカラーです。)

 

まだコレクションしていないあなたは、気長にそして根気よく探してみましょう。

 

私は、デッドストックの50サイズを探してみます。

  

今回は、スイス軍のシックなマウンテンジャケットを分析しました。

次回は、イギリス軍のちょっと残念な迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のスイス軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

今回のモデルの原型と思われるフランス軍空挺スモックはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

今日は午後から屋外機材の6ヶ月点検をしました。

いやー暑い!

でも高所作業だったので、風が吹いていて気持ちよかったですよ。

それでも2時間ほどいたら大汗かきましたね。

帰りも遠回りして歩いて帰ってきました。

もう汗だくです。💦

今夜はビールが美味しいかも😃

これでニャンコがいればなあ…。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


スイス軍 マウンテンジャケット オリーブ 後期型 USED

スポンサーリンク

Evening Falls

Evening Falls

  • エンヤ
  • ニューエイジ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes