いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ある意味頂点を極めたモデル!【アメリカの軍服 】M51フィールドジャケット(中期型)とは? 0092 🇺🇸ミリタリー

アメリカ朝鮮戦争時代の切手

今回は、1950年代のアメリカ軍M51フィールドジャケットを分析します。

前作M43/M50フィールドジャケットの欠点を大幅に改良したモデルですね。

1960年代まで使用されました。

今回は中古品ですが程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ軍M51フィールドジャケット(中期型)とは?

第二次大戦後、M43フィールドジャケットを改良したM50フィールドジャケットを開発・支給したアメリカ軍。

 

でも1950年には、予想外の朝鮮戦争が勃発しました。

 

この戦争に国連軍の一員として参加したアメリカ軍でしたが、M50フィールドジャケットの支給が間に合わず、殆どM43を主体とする旧式装備で戦闘を開始しましたね。

 

しかし、アルディンヌの森よりはるかに強い朝鮮半島の寒気は、M43、M50フイールドジャケットの防寒能力の低さを図らずも露呈させる形になりました。

 

また、前線からはあらゆる面でこれまでのフィールドジャケットの使い勝手の悪さも指摘されましたね。

 

そんな中、前線の声を重視し、急遽新しい防寒装備としてM51シリーズが開発されます。

 

今回のモデルは、その中でも最も使用頻度の多いM51フィールドジャケット(中期型)になります。

 

前作M50フィールドジャケットがM43のマイナーチェンジだったのに対し、M51フィールドジャケットは各部をさらに改良し、より防寒に特化されているのが特徴です。

 

さてさて、それはどんなジャケットなのでしょうか?

 

今回は、アメリカ軍フィールドジャケットマニアのあなたと一緒に確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面
一見M43/M50フィールドジャケットと大きな違いはないように見えますね。f:id:akmuzifal6489:20190630144736j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190630144745j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190630144733j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190630144754j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナーです。
ここが新しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190630144833j:image

 

襟は襟裏のボタンで留めて立てることができます。
(M43、M50のようなチンストラップはありません。)
f:id:akmuzifal6489:20190630144813j:image

 

胸ポケット  
ダットファスナーで開閉  
f:id:akmuzifal6489:20190630144747j:imagef:id:akmuzifal6489:20190630144757j:image

 

腰ポケット  
ダットファスナーで開閉f:id:akmuzifal6489:20190630144840j:imagef:id:akmuzifal6489:20190630144806j:image

 

腰ポケットの中は毛布生地で、ハンドウォーマーも兼ねていますよ。
暖かそうですね。
f:id:akmuzifal6489:20190630144802j:image

 

エポレット  
M43、M50より幅広です。
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190630144830j:image

 

袖口  マチ付きで2個のボタンで開閉、調整
f:id:akmuzifal6489:20190630144724j:imagef:id:akmuzifal6489:20190630144815j:image

 

サイズスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20190630144808j:image

 

データスタンプ  正式品名は「コート」
朝鮮戦争後のモデルで、1956年度契約品です。f:id:akmuzifal6489:20190630150725j:imagef:id:akmuzifal6489:20190630144819j:image

 

データスタンプ下部には謎の赤いスタンプが!
(検査スタンプでしょうか?)
f:id:akmuzifal6489:20190630144751j:image

 

裾のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190630144742j:image

 

前身頃裏側  
見えているボタンはライナー用です。
f:id:akmuzifal6489:20190630144811j:image

 

ウエストのドローコードは、何故か表側にでています。
(出ていないモデルもあり。)
f:id:akmuzifal6489:20190630144727j:image

 

袖口裏側  
ここにもライナー用のボタンが。
f:id:akmuzifal6489:20190630144822j:image

 

ジッパー
刻印は「CONMAR」のアルミ製
殆ど使用されていないので、昨日製造されたようにピカピカです。
f:id:akmuzifal6489:20190630144759j:image

 

表に出ているウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190630144828j:image

 

ダットファスナーの刻印
f:id:akmuzifal6489:20190630144842j:image

 

ジッパー差込口にも刻印が。
f:id:akmuzifal6489:20190630144825j:image

 

両袖に階級章、左肩口に部隊章を縫ったあとがあります。
でも全体的に着用感が感じられませんね。
f:id:akmuzifal6489:20190630144837j:image

 

肘はM51から立体裁断、縫製になりました。
f:id:akmuzifal6489:20190630144729j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地は高級なコットンサテンに変更されています。

M43フィールドジャケットと同等品ですね。

 

生地のカラーはOG–107ですが、M50フィールドジャケットより茶色が強いです。

(これは製造誤差やバリエーションなのかもしれません。)

 

生地を変更したので、重くはなりましたが、防風性能がアップしていますね。

 

デザインは、それまでのフィールドジャケットと同様です。

 

構成は、エポレット付、胸ポケット×2、腰ポケット×2で、裏側にはライナーを取り付けるためのボタンがあります。

 

M43/M50フィールドジャケットと大きく違うのは前合わせで、ボタンのみからジッパーとダットファスナー併用に変更されていますね。

 

また各ポケットもボタンを廃止しダットファスナーに変更されています。

 

これで、かじかんだ手や手袋をつけたままでも、ポケットを留められますね。

 

M43、M50フィールドジャケットにあった襟のチンストラップは省略されて、襟にあるボタンとボタンホールでスタンドカラーになるようデザインが変更されていますね。

(これは後の陸上自衛隊のOD作業服にも採用されていました。)

 

今回は準備できませんでしたが、ウールパイル製の専用のライナーと、専用の防寒フードがオプションで準備されていました。

 

全体的な縫製は、丁寧かつ正確で、強度も十分ですね。

 

このジャケットも厚いライナーを装着することを前提にデザインされています。

 

そのためサイズはS-Rですが、M65フィールドジャケットでM–Rを着用している私でも着用可能なサイズ感です。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1955年

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    R–S(=S–R)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約80センチ

          肩幅 約48センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリスト

5  まとめ

前作M50フィールドジャケットから大きくデザインが変更されたため、とても使い易くなっていますね。

 

でも私の先輩方は揃って、襟の形がキレイ、袖口も一般的なタイプであることから、M51フィールドジャケットを頂点と考えている場合が多いですね。

(M65より気に入っている古参マニアも多いです。😃)

 

たしかに洋服らしい戦闘服はこのM51フィールドジャケットが最後で、以降は戦闘用に特化したり各部が簡略化していくんですよね。

 

そういう意味では、古き良き時代のフィールドジャケットと言えます。

 

でも現代でも着やすくて良いジャケットですよ。

 

袖がボタンでスッキリしているのもいいですね。

 

カラーもシックで落ち着いています。

 

さすがに今日では、官給品は数が減って高価になりつつありますが、まだまだ入手可能ですよ。

 

今回のモデルも一度支給されたものですが、殆ど着用感のない極上品でした。

 

同じレベルのものが見つかるかもしれませんね。🤔

 

注意点はサイズで、表記サイズで購入すると、少し大きいサイズ感になります。

 

購入時は、一つ下のサイズがベストかもしれませんね。

 

超有名なM43フィールドジャケットと、M65フィールドジャケットに挟まれて、あまり知られていないM51フィールドジャケットですが、今まさに見直すべきアイテムなのかもしれませんね。

 

今回は、アメリカ軍のM51フィールドジャケットを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220212更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルの前に採用されたフィールドジャケットに関する記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


50S■M51 フィールドジャケット オリーブ/S-L 前期 米軍 ミリタリー

【中古】 60s USARMY M-51 フィールドジャケット ミリタリー ヴィンテージ カーキグリーン メンズ 【200414】

スポンサーリンク

Blowin' In the Wind

Blowin' In the Wind

  • Peter, Paul & Mary
  • シンガーソングライター
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Early Mornin' Rain

Early Mornin' Rain

  • Peter, Paul & Mary
  • シンガーソングライター
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Where Have All the Flowers Gone

Where Have All the Flowers Gone

  • Peter, Paul & Mary
  • シンガーソングライター
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes