いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

伝統的な迷彩です!【イタリアの軍服】陸軍迷彩ユニフォーム(1960年代)とは? 0191 🇮🇹ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211002124805p:plain

今回は、1960年代のイタリア軍迷彩ユニフォームを分析します。

第二次大戦前に採用された、伝統ある迷彩ですよ!

でも見慣れない方には、少々違和感があるかもしれませんね。 

今回はデッドストックです!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  イタリア陸軍迷彩ユニフォーム(1960年代)とは?

今から15年くらい前だったでしょうか?

 

出張で東京へ行って、山手線外回りに乗っていた時、車内に貼ってあったポスターに目が釘付けになりました。

 

何処かのデパートで開催予定のイタリア芸術展のポスターでした。

 

そのポスターの中心に見慣れたものの写真がありましたね。

 

そうです。

 

イタリア軍が1929年に開発した迷彩生地(それも結構長い)の写真でした。

 

ポスター製作者(会社)は、それがイタリア軍のテントに使用された迷彩生地だと知っていたのでしょうか?

 

それとも、イタリアを代表するデザインだったのでしょうか?

 

とにかく、主役の様に映っていました。

 

じつはその迷彩生地に関する記事は、以前もこのブログで取り上げました。

 

第二次大戦中のイタリア陸軍空挺スモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回は、同じ迷彩生地を用いて製造されたユニフォームになります。

 

概ね1960年代から1980年代まで使用されましたよ。

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!  

2  陸軍迷彩ユニフォームの全体及び細部写真

ジャケット

前面 

鮮やかな迷彩です。

f:id:akmuzifal6489:20191002144854j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191002144803j:image

 

前面裏側

ブラウンは、裏側まで透けていますね。
f:id:akmuzifal6489:20191002144847j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191002144715j:image

 

前合わせはダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20191002145244j:image

 

エポレットは、ややテーパー付きのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20191002144851j:image

 

胸ポケット

2個の  ダットファスナーで開閉

ポケット口の力の掛かるところは、小さいリベットが打たれています。
f:id:akmuzifal6489:20191002144752j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002144806j:image

 

肘はゴムのパットが内蔵されています。
f:id:akmuzifal6489:20191002145248j:image

 

袖口は、約1/4周にゴムが内蔵されています。
f:id:akmuzifal6489:20191002144711j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002144844j:image

 

うなじのループ
f:id:akmuzifal6489:20191002144733j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20191002144837j:image

 

袖口 

表側が裏側へ回り込んでいます。
f:id:akmuzifal6489:20191002144756j:image

 

裾もゴムを内蔵して、表側が裏側へ回り込んでいます。
f:id:akmuzifal6489:20191002144813j:image

 

裏側にはスタンプが。
f:id:akmuzifal6489:20191002144759j:image

 

こちらはサイズのスタンプです。
f:id:akmuzifal6489:20191002144841j:image

 

  
f:id:akmuzifal6489:20191002144831j:image

 

 ダットファスナー裏側
f:id:akmuzifal6489:20191002144901j:image

 

リベットのアップ
f:id:akmuzifal6489:20191002144824j:image

 

 ダットファスナー表側 

防反射処理がなされています。模様はなんとなくランダムで、いかにもお国らしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20191002144826j:image

 

トラウザーズ

前面 

サスペンダーは後部が縫い付けられています。

ジャケットと少し色調が違いますね。

(イタリアスタンダードです。)
f:id:akmuzifal6489:20191002144740j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191002144816j:image

 

前面裏側

やはり迷彩の透け方がジャケットと違いますね。
f:id:akmuzifal6489:20191002144749j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191002144724j:image

 

前合わせはボタンとダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20191002144858j:image

 

サイドにはリベットで補強されたスリットがあります。

下に着用した戦闘ズボンのポケットを使用するためのものですね。

オーバーパンツの証です。
f:id:akmuzifal6489:20191002144821j:image

 

でも、腰には  ダットファスナーで開閉するポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20191002144718j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002144720j:image

 

膝にはジャケットと同じ様なパットが準備されています。
f:id:akmuzifal6489:20191002144829j:image

 

裾は  ダットファスナーで一部が開放できます。
f:id:akmuzifal6489:20191002144746j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002144736j:image

 

また、ボタンとボタンホールがあって、裾幅を絞ることができます。
f:id:akmuzifal6489:20191002145746j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002144709j:image

 

サスペンダーは三段階に調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20191002144743j:image

 

ウエストは、2個のボタンで絞りを調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20191002144706j:image

 

サスペンダーの縫い付けは、やや心許ないですね。
f:id:akmuzifal6489:20191002144811j:image

 

裏側にはスタンプが。

材質と形式、それにサイズのようです。

よく見ると2種類のスタンプが押されています。

f:id:akmuzifal6489:20191002144819j:image

 

裏地には、リベットやダットファスナーの部分にちゃんと力布が準備されていますよ。
f:id:akmuzifal6489:20191002144727j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002144835j:image

 

付属品

 

付属していた意味不明の布

最初フードかと思っていましたが、違うようです。

何なのでしょう?

襟裏のボタンで装着します。
f:id:akmuzifal6489:20191002144729j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002144808j:image

 

追記(20210305)

専用のフードが見つかりました。

左側面

f:id:akmuzifal6489:20210305194755j:plain

 

右側面

フード前縁にはドローコードを内蔵。

f:id:akmuzifal6489:20210305194851j:plain

 

右側面裏側

f:id:akmuzifal6489:20210305194940j:plain

 

左側面裏側

f:id:akmuzifal6489:20210305194910j:plain

 

フード裾には5個のボタンホールあり。

f:id:akmuzifal6489:20210305195002j:plain

 

フード前縁頂部にもボタンホールか!

f:id:akmuzifal6489:20210305195047j:plain

 

フード前合わせのボタンホール

f:id:akmuzifal6489:20210305195019j:plain

 

同じく前合わせのボタン

f:id:akmuzifal6489:20210305195158j:plain

 

裏側には謎のナンバリングが。

生地の番号でしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20210305195215j:plain

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、白いコットン生地に、グリーンとレッドブラウンで雲型を描き、所々ライトグリーンの斑点を打ってあります。

 

鮮やか…というか少々「ビビット」な迷彩ですね。

 

テントに採用された当時、イタリア軍の将軍達から笑われたそうです。

(気持ちはわかるような気がしますね。)

 

世界的にもあまり評価されていないようですが、第二次大戦中に迷彩生地の不足したドイツ軍武装親衛隊には重宝されたようですよ。

 

生地は薄いコットン平織で、良質です。

 

仕立ても、「本当にイタリア製?」と思うくらい丁寧です。

 

やればできるんですね。

(そもそもファッションものでは高品質で有名なのに、軍装品の仕立てが悪いのは何故でしょう?)

 

デザインは、ジャケットが2ポケットで裾、袖にゴム内蔵のシンプルなデザイン。

 

トラウザースは、2ポケットでサスペンダー付きです。

 

オーバーパンツなのか、左右にスリットがあって、下のズボンのポケットを使用できます。

 

そういえば、ジャケットもサイズが大きいですね。

 

スモックのような使い方をするのかもしれませんね。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1960年代

・製造場所     イタリア

・契約会社     イタリア

・製造会社       〃

・材  質     コットン

          ナイロン

・表記サイズ    2(90)

         (日本人のXL)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約80センチ

          肩幅 約52センチ

          身幅 約67センチ

          袖丈 約63センチ

           トラウザース

        ウエスト 約45センチ

          着丈 約98センチ

          股上 約36センチ

          股下 約68センチ

          裾幅 約26センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    2(やや困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

日本では「空挺部隊用」とか「サン・マルコ海兵団(何処かのカフェみたいですね。)」用という説もありますね。

 

でもこの迷彩生地を用いた「サン・マルコ海兵団」用迷彩服は、デザインが大幅に違っていました。

(もっとカッコ良かったりしますよ。)

 

日本のフィールドでは、秋限定のような迷彩ですが、意外にもサバイバルゲームで普通に着用している方が居ますね。

(ベレッタのBM50とかAR70があれば、迷彩服にマッチしますね。)

 

ヒストリカルゲームでは、この迷彩服を改造して、第二次大戦のドイツ軍装備にする方もいらっしゃるようですよ。

 

人間の目には、違和感だらけの迷彩ですが、野生動物にはどう見えるのでしょうね?

 

上手く利用すれば、野鳥観察に使えるかもしれませんね。

 

日本でも人気が無い(?)この迷彩服は、現在でもデッドストックが入手可能です。

 

ただ、サイズは大きいものが主体ですよ。

 

大きさを利用して、スモック風に着用するのが良いかもしれませんね。

 

今回は、イタリア軍の伝統的な迷彩服を分析しました。

次回も、イタリアつながりで、イタリア軍のスペシャルな迷彩服を分析します。

お楽しみに!

(20211002更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:その他のイタリア軍迷彩装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

piece of youth

piece of youth

  • ChouCho
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes