いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

秋冬用です!【ベルギーの軍服】陸軍コットンフィールドシャツ(OD単色)とは?0953 🇧🇪 ミリタリー

 

f:id:akmuzifal6489:20211119095055p:plain

今回は、1990年代のベルギー陸軍フィールドシャツを分析します。

以前分析したコットンフィールドシャツ半袖モデルのオリジナルですね。

独特のデザインが魅力(?)です。

撮影のために開封したデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  ベルギー陸軍フィールドシャツ(OD単色)とは?

軍装品…主にミリタリー系の衣類をコレクションして感じるのは、春や秋に適した衣類が少ないということですね。

 

逆に夏(熱帯用)とか冬用(極寒地用も含む)は多種多様な衣類が各国で準備されています。

 

この背景には…「暑ければ衣類を脱げば良いし、寒ければ着れば良い!」との考えがあるのでしょうね。

 

勿論、それが正論なのですが、できるだけ荷物を減らしたいとか、必要最小限のスペースで生活したい…そう考えるあなたには、軍隊式「レイヤード(重ね着)システム」は、やや無駄な部分が多いのもまた事実のようです。

 

全部集めるのも一興ですが、ここは選りすぐってみるのも手かもしれませんね。

 

そんなミリタリー&ミニマリストのあなたにおすすめなのが、今回のモデルです。

 

ベルギー軍が近年に支給したフィールドシャツですね。

 

迷彩服が主流となった現在、ベルギー本国でも単色装備の多くは民間業者に払い下げられているようですね。

 

一見普通のシャツですが、しっかりとした生地で、インナーを工夫すると広い温度帯で使用でけきるという優れものですよ。

さてさて、それはどんなフィールドシャツなのでしょうか?

 

今回は、ベルギー軍装備マニアのみならず、ファッションリーダーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面
エポレットと袖口以外は隠ボタンというのが渋いですね!

f:id:akmuzifal6489:20211119093806j:image

 

背面

このモデルも背面ウエスト部分が絞られていますね。
ヨーロッパ物に多い仕様です。
f:id:akmuzifal6489:20211119093902j:image

 

前面裏側
内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20211119093817j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211119093839j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20211119093814j:image

 

前合わせはボタンのみ。
最頂部のボタンも他のボタン同様「隠しボタン」になっていることに注意!
(意外に留めづらいです。)
f:id:akmuzifal6489:20211119093853j:image

 

タグ表と裏

1990年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20211119093822j:imagef:id:akmuzifal6489:20211119093905j:image

 

エポレット

テーパーなしのラウンド型です。
f:id:akmuzifal6489:20211119093856j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
ポケット下端が斜めにカットされています。
f:id:akmuzifal6489:20211119093832j:imagef:id:akmuzifal6489:20211119093811j:image

 

僅かにテーパー付きで3本のタック。
f:id:akmuzifal6489:20211119093808j:imagef:id:akmuzifal6489:20211119093835j:image

 

袖口はボタンで開閉しますが、一般的なYシャツとはボタンとボタンホールが逆になっていますね。

この利点は?
f:id:akmuzifal6489:20211119093825j:imagef:id:akmuzifal6489:20211119093859j:image

 

袖口裏側には、カッタータグ(シールタイプ)が残っていました!f:id:akmuzifal6489:20211119093847j:imagef:id:akmuzifal6489:20211119093844j:image

 

ウエスト部の絞り。f:id:akmuzifal6489:20211119093842j:imagef:id:akmuzifal6489:20211119093850j:image

 

ボタンはベルギー官給品
イギリス軍型の皿型で、ODプラスティック製f:id:akmuzifal6489:20211119093820j:image

 

左袖の国籍マーク
f:id:akmuzifal6489:20211119093828j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地は濃いOD(オリーブドラブ)に染められた、やや厚いコットンツイルで、緻密にしっかり織られていますね。

 

そのため防風性能が高いです。

(でも肌触りは良好ですよ!)

 

デザインは、エポレット付き、胸ポケット×2で、とてもシンプルなのですが、エポレットと袖口以外のボタンは全て隠しボタンになっています。

 

「ミリタリー」ですね。

 

ヨーロッパ物に多い背面ウエスト部の絞りもあって、ベルトなどを使用しなくても見た目がスタイリッシュです。

 

面白いのは、前合わせ最頂部のボタンも隠ボタンで、袖口は日本の一般的なYシャツと逆にボタンとボタンホールがついているところです。

(初めて着用するときは、少々戸惑うかも?🤔)

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、ベルギーの高い技術を垣間見ることができます。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     ベルギー

・契約会社     ベルギー

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    50M

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約73センチ

          肩幅 約43センチ

          身幅 約57センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     東京の専門店

・入手難易度    1(容易)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

じつは昨年の秋口に、このシャツの上にアメリカ空軍L–2Bを着て片道100kmほどの軽ツーリング(バイクです!)を敢行したのですが…ほとんど風を通すことがなかったですね。

 

同じ時期の同じ気温帯で、フランス陸軍ライダースジャケットとL–2Bの組み合わせでツーリングした時は、風がビュンビュン通って寒かったことがありました。

 

防風性能は明らかに今回のモデルが優れていますね。

 

逆に夏は蒸しそうです。

(でもコットンなので繊維自体に吸水性がありますし、暗い色調なので汗染みが目立たないのも良いかもです。)

 

やはり秋冬装備といえそうですね。

 

f:id:akmuzifal6489:20220115083536p:plain

 

嬉しいことに、今回のモデルは大手通販サイトでデッドストックが入手可能です。

(しかもお安い!)

 

今回の「50」サイズが主体ですが、探せばより小さいサイズも見つかるかも。

 

日本では、あまり人気もない(?)ことから、隠れた逸品と言えそうですね。

 

微妙な気温帯の秋や春、そして冬のインナーとして最適な軍物シャツを、ぜひあなたのコレクションに加えてみてください!

 

おすすめです!

 

今回は、寒候期用のベルギー陸軍コットンフィールドシャツを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルのメーカーショップカスタムに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

他のベルギー軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

🇧🇪ベルギー(België) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ベルギー軍 フィールドシャツ オリーブ デッドストック


ベルギー軍 シャツジャケット デッドストック 【新古品】


ベルギー軍放出 フィールドシャツ未使用デットストック  《50L相当》

スポンサーリンク

劇場版 フランダースの犬

劇場版 フランダースの犬

  • 黒田昌郎
  • アニメ
  • ¥2037
フランダースの犬(レベル2)

フランダースの犬(レベル2)

  • ウィーダ
  • 言語
  • ¥509
~朗読少女~フランダースの犬(後)

~朗読少女~フランダースの犬(後)

  • マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー
  • フィクション
  • ¥356