いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

総力特集!【中国共産党】人民解放軍陸軍最新マルチカム迷彩ユニフォーム(イギリス軍MTPのコピー)とは? 0730 🇨🇳 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210420205648p:plain

今回は、中国共産党人民解放軍の最新迷彩ユニフォーム(の一種)を分析します。

約二年前に存在を確認していましたが、やっと入手することができました。

初めて観た時は、人民解放軍もすごいなあ…と思いましたね。

でも、今回とんでもないことが判明しました!

今回はデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  中国共産党人民解放軍陸軍最新マルチカム迷彩ユニフォーム(イギリス軍MTPのコピー)とは?

1990年代から、それまでよりも格段に進歩した装備を整え始めた中国共産党の人民解放軍。

 

現在では、もはや「質」と「量」でアメリカやロシアに追いつこうとしています。

(恐ろしいですね。)

 

個人装備でも2000年以降、新しい武器や迷彩服を開発・支給しています。

 

特に迷彩服は、最新のデジタル迷彩(星空迷彩とも?)のカラーバリエーションを揃えて、多くの地域に適応できるようにしていますね。

 

そしてとうとう、全ての地域で効果的に使用できる迷彩パターンを開発しました。

 

当初、パレード用との説もありましたが、一部の部隊には実戦用に支給されていますね。

 

アメリカ軍が開発した「マルチカム」にも似たその汎用性の高い迷彩は、今や世界の流行ともなっていて、中国共産党もしっかり波に乗っているようです。

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は、迷彩服コレクターのみならず、現役自衛官のあなたと一緒に確認していきましょう!

2 中国共産党人民解放軍陸軍最新マルチカム迷彩ユニフォーム(イギリス軍MTPのコピー)の全体及び細部写真

ジャケット

前面

迷彩で見づらいですが、4ポケットのコートタイプです。

f:id:akmuzifal6489:20210420152427j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210420152548j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210420152512j:image

 

背面裏側

迷彩は裏面にかなり透けています。
f:id:akmuzifal6489:20210420152341j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210420152333j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20210420152325j:image

 

サイズスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20210420152456j:image

 

タグ 表・裏

07式のバリエーションなんですね。

2019年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20210420152346j:imagef:id:akmuzifal6489:20210420152600j:image

 

襟と胸のマジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20210420152508j:image

 

胸ポケット
f:id:akmuzifal6489:20210420152359j:imagef:id:akmuzifal6489:20210420152519j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20210420152552j:imagef:id:akmuzifal6489:20210420152337j:image

 

右袖

二本のループ
f:id:akmuzifal6489:20210420152535j:image

 

左袖ポケット
f:id:akmuzifal6489:20210420152404j:imagef:id:akmuzifal6489:20210420152408j:image

 

テーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20210420152423j:imagef:id:akmuzifal6489:20210420152322j:image

 

袖口はボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20210420152500j:image

 

肘の補強生地は、なんと裏側に縫い付けられています。

f:id:akmuzifal6489:20210420152544j:image

 

脇の通気孔

刺繍で二個あります。

f:id:akmuzifal6489:20210420152556j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20210420152515j:image

 

ドローコードのガイドはヘリンボーンツイルでした。

f:id:akmuzifal6489:20210420152431j:image

 

腰ポケット内側の生地は、ストラップで裾に縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20210420152418j:image

 

ボタンは定番の迷彩色プラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20210420152313j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20210420152504j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210420152316j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210420152531j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210420152329j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20210420152355j:image

 

サイズスタンプ

ジャケットと同じですね。
f:id:akmuzifal6489:20210420152350j:image

 

タグ

こちらもジャケットと同じです。
f:id:akmuzifal6489:20210420152436j:imagef:id:akmuzifal6489:20210420152447j:image

 

右側面レイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210420152452j:image

 

腰スラントポケット
f:id:akmuzifal6489:20210420152524j:image

 

膝ポケット

ボタンで開閉

ポケットフラップの縫い付けはありません。
f:id:akmuzifal6489:20210420152413j:imagef:id:akmuzifal6489:20210420152528j:image

 

膝の補強生地も裏側に縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20210420152605j:image

 

裾はマジックテープでサイズを調整できます。

f:id:akmuzifal6489:20210424052114j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3 中国共産党人民解放軍陸軍最新マルチカム迷彩ユニフォーム(イギリス軍MTPのコピー)の特徴とは?

迷彩は、ライトブラウンの生地に、ブラウンをエアブラシで吹き付け、その上に濃淡二色のグリーンとブラウン、アイボリー、ブラックに近いブラウンで細い葉や雲のようなパターンを描いています。

 

また、パターンの一部は小さな斑点で輪郭をぼかしてありました。

 

最初、中国共産党オリジナルかと思いました。

 

でも迷彩パターンの一部に既知感を感じ、念のためを他のマルチカム系迷彩と比べてみたところ、迷彩はイギリス軍MTP(マルチテラインパターン)のコピーであることが判明しました。

 

迷彩比較

左:今回のモデル

 (識別のため袖を写しています。)

右:イギリス軍MTP(官給品)

僅かな色調やパターンの誤差はありますが、まったくMTPそのものですね。

f:id:akmuzifal6489:20210420154623j:image

 

参考

アメリカ軍マルチカムとMTPの比較

(過去記事アメリカ陸軍最新迷彩ジャケット(マルチカム)とは? より。)

左:イギリス軍MTP

右:アメリカ軍マルチカム

f:id:akmuzifal6489:20210421185228j:image

 

生地は一般的なポリエステルとコットンの混紡のツイル…だと思いましたが、他の07式とはちょっと違う質感なので、もしかしたら難燃繊維も含まれているのかもしれません。(私見)

 

デザインは、他07式迷彩服と同じです。

 

構成は、ジャケットがエポレットなし、胸ポケット×2、腰ポケット×2、袖ポケット、袖ループ×2で、ウエストにはドローコード付き。

 

トラウザーズは、腰スラントポケット×2、膝ポケット×2で、裾はマジックテープで幅を調整できます。

 

面白いところでは、肘、膝、臀部の補強生地は全て裏側に縫い付けられているところですね。

 

全体的な縫製は、それまでの製品になかった正確かつ丁寧なもので驚きました。

 

確実に品質を向上させていますね。 

4 中国共産党人民解放軍陸軍最新マルチカム迷彩ユニフォーム(イギリス軍MTPのコピー)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 2019年

・製造場所     中国共産党

・契約会社     中国共産党

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

         (難燃繊維も?)

・表記サイズ    175–100

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約75センチ

          肩幅 約49センチ

          身幅 約59センチ

          袖丈 約59センチ

           トラウザーズ

        ウエスト 約47センチ

          着丈 約103センチ

          股上 約30センチ

          股下 約74センチ

          裾幅 約23センチ

・状態       中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     浜松の専門店

・入手難易度    2(やや困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5 中国共産党人民解放軍陸軍最新マルチカム迷彩ユニフォーム(イギリス軍MTPのコピー)まとめ

そういえば、日本でもイギリス軍MTPスモックのモデル品が販売されていて、それが中国製でした。

 

スモック自体はとても良くできていましたが、その裏でしっかり迷彩パターンを盗まれていたのですね。

 

単に迷彩パターンといっても、少しでも自国の兵士が安全かつ効果的に戦闘ができるよう、各国とも創意工夫して製造している立派な工業製品なのです。

 

それをそっくりコピーするというのは、一国が迷彩パターンの開発に掛けた費用が無駄になるのと同時に、コピーした側には費用の大幅な節約になります…

 

イギリス軍MTPが特許を取っていたのかどうかはわかりませんが、痛い損失だといえそうです。

(ただし機能までコピーしているかどうかは不明ですが…。)

 

とはいえ、これで中国共産党は、世界でも有数の効果的な迷彩パターンを入手できたということになりますね。

 

今後、どのような使われ方をするのか、注意深く見守るとともに…警戒しましょう。

 

さて今回の迷彩服ですが、日本ではまだ数も少ないこともあってか、かなり高額で取引されていますね。

 

迷彩服の使い勝手としては、通常の07式デジタル迷彩と同じですし、同じ迷彩パターンならイギリス軍MTPの方がまだ安いようです。

 

また迷彩パターンにおいても、緑の多い日本では、使用できる季節や場所が限定されそうですね。

 

総じて迷彩服コレクター以外は敢えて手を出さない方が無難なようです。

 

現職自衛官のあなたは今回の記事を参考にして、識別眼を養っていただければ嬉しいです。

 

今回は、イギリス軍の迷彩をそっくりコピーした中国共産党人民解放軍の最新迷彩服を分析しました。

次回は、陸上自衛隊のお馴染み装備を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:中国共産党がコピーしたイギリス軍の迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他国のマルチカム系迷彩装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他の中国共産党人民解放軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

Twitterで見つけました!

種類がたくさんありますね。🤔 

 

勉強になります!😎

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

うっせぇわ

うっせぇわ

  • Ado
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes