いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】メカニック用迷彩カバーオール(コーヒーステインパターン)とは? 0508 🇺🇸ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の迷彩カバーオールを分析します。

今回のカバーオールはメカニック(整備員)用ですね。

以前、冬用のメカニック用カバーオールを分析しました。

 

過去記事:アメリカ陸軍メカニックカバーオール(寒候期用)

 

でも今回のモデルは、その後に採用された新型のようですよ。

今回のアイテムもデッドストックです!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ軍メカニック用迷彩カバーオール(コーヒーステインパターン)とは?

機械って面白いですね。

 

例えば自転車。

何もしないとすぐに錆びてきたり、場合によっては動かなくなったりしますね。

しかし使用後、適切にメインテナンス(整備)すると、信じられないくらい耐久性が伸びたり、性能が向上したりします。

 

機械とメインテナンスは切っても切れない間柄なんですね。

 

兵器も同じです。

戦車も軍艦も戦闘機も、メインテナンスフリーは、まずありないですね。

 

今回のモデルは、そんな軍の兵器や各種機械を整備する兵士のための、いわば作業用カバーオール(つなぎ)になります。

 

迷彩生地から、砂漠や乾燥地帯で使用するモデルのようですよ。

(各国とも、この種の作業用つなぎを支給しているみたいですが、迷彩は珍しいですね。)

 

さてさて、それはどんなカバーオールなのでしょうか?

今回は、迷彩服コレクターのみならず、キャンプなどで使用する作業服を探しているあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アメリカ軍メカニック用迷彩カバーオール(コーヒーステインパターン)の全体及び細部写真

全体前面

迷彩が独特ですね。

f:id:akmuzifal6489:20200907214642j:image

 

前面上半身
f:id:akmuzifal6489:20200907214509j:image

 

前面下半身

太いシルエットです。
f:id:akmuzifal6489:20200907214637j:image

 

全体背面
f:id:akmuzifal6489:20200907214448j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20200907214605j:image

 

背面下半身
f:id:akmuzifal6489:20200907214555j:image

 

前面裏側上半身
f:id:akmuzifal6489:20200907214524j:image

 

前面裏側下半身
f:id:akmuzifal6489:20200907214550j:image

 

背面裏側上半身
f:id:akmuzifal6489:20200907214529j:image

 

背面裏側下半身
f:id:akmuzifal6489:20200907214628j:image

 

襟周りのレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20200907214633j:image

 

タグ①

1996年度契約品
f:id:akmuzifal6489:20200907214614j:image

 

タグ②

物品票ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200907214652j:image

 

左胸のペン用ループ

ナイロン生地のようです。
f:id:akmuzifal6489:20200907214610j:image

 

ネイムタグ用マジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20200907214648j:image

 

前合わせはジッパーと二箇所のマジックテープです。
f:id:akmuzifal6489:20200907214720j:image

 

マジックテープは襟元に一組

f:id:akmuzifal6489:20200907214623j:image

 

ウエストに一組です。
f:id:akmuzifal6489:20200907214444j:image

 


ジッパーは上下から開くダブルジッパーです。

刻印は、勿論「YKK」
f:id:akmuzifal6489:20200907214725j:image

 

胸ポケット

パイロットスーツのように角度が付いていて、ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200907214600j:image

 

胸ジッパー等も「YKK」製
f:id:akmuzifal6489:20200907214715j:image

 

腰のスラントポケットですが、マジックテープで開閉するスリットもあります。
f:id:akmuzifal6489:20200907214619j:imagef:id:akmuzifal6489:20200907214453j:image

 

ストレートで袖口はマジックテープで開閉

肘に補強生地
f:id:akmuzifal6489:20200907214538j:imagef:id:akmuzifal6489:20200907214702j:image

 

左袖ポケット

マジックテープで開閉

大きさから、やはりシガレットポケットでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20200907214729j:imagef:id:akmuzifal6489:20200907214519j:image

 

なんと脇にはジッパーで開閉するスリットが!

これで蒸れる日も安心?
f:id:akmuzifal6489:20200907214513j:image

 

足首にはサイズ調整用のマジックテープあり。

膝には補強生地。
f:id:akmuzifal6489:20200907214708j:imagef:id:akmuzifal6489:20200907214457j:image

 

ヒップポケット

マジックテープで開閉

左右にあります。
f:id:akmuzifal6489:20200907214503j:imagef:id:akmuzifal6489:20200907214657j:image

 

股間には補強生地が。
f:id:akmuzifal6489:20200907214533j:image

 

ウエスト背面にはゴムテープが縫い付けられていました。
f:id:akmuzifal6489:20200907214543j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ軍メカニック用迷彩カバーオール(コーヒーステインパターン)の特徴とは?

迷彩は、デザートピンク、タンを用いて大まかな雲型を描き、ブラウンで細い雲型を描き「影」を表現しています。

細いブラウンが特徴のこの迷彩は、コーヒーステイン(コーヒーの染み)と呼ばれていますよ。

 

前作の砂漠用迷彩(通称:チョコチップクッキー)から比べると、かなり少ないカラーでまとめているのも特徴です。

(中東やヨーロッパの一部の国も、砂漠用として同じようなパターンを採用していますね。)

 

生地は、コットンとナイロンの混紡で、やや厚めのツイルです。

この生地は、BDUと同じものですね。

(アメリカ軍の砂漠用迷彩服は、生地の厚いものが多いですが、やはり乾燥していて、夜は冷えるからでしょうか?)

 

デザインは、一見パイロットスーツに似ていますね。

構成はエポレットなし、胸ポケット×2、腰スラントポケット×2、ヒップポケット×2ですが、腰スラントポケット内にはマジックテープで開閉するスリットがあります。

 

特筆すべきは、脇の下にジッパーで開閉するスリットが設けられているところです。

これで通気性は確保できそうですね。

 

縫製は、アメリカスタンダードともいえる、やや雑な感じですが強度は抜群です。

ハードな使用にも耐えられそうですよ。

4  アメリカ軍メカニック用迷彩カバーオール(コーヒーステインパターン)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1996年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

           ナイロン

 ・表記サイズ                M

                            (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                  着丈  約166センチ

                                  肩幅  約50センチ

                                  身幅  約59センチ

                                  袖丈  約64センチ

                           ウエスト  約49センチ

                                  股下  約78センチ

                                  裾幅  約25センチ

 ・状態                      デッドストック

 ・官民区分               官給品

 ・入手場所               ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ軍メカニック用迷彩カバーオール(コーヒーステインパターン)まとめ

実際に着用してみると…

アメリカ軍のMサイズなので、自分にもジャストフィットかと思いきや、かなり大きいサイズ感でした。

 

実際気温の高いところでは、タイト目からジャストのサイズでは、汗をかいたときに衣類が肌に密着して動きづらいですね。

それを見越しての設計でしょうか?

 

それともBDUなどの上に着用する事を想定しているのでしょうか?

 

とにかくやや大きめに作ってあるようです。

購入時には注意が必要ですね。

(一つ下のサイズを購入しましょう!)

 

前作のチュコチップクッキー型迷彩よりも、落ち着いた雰囲気とはいえ、さすがに日本では使用できる場所や季節が限定されそうです。

 

しかし作業服としてみた場合、トイレは少々不便ですが、ジッパーやマジックテープで開く各ポケットは使い勝手がとても良いです。

(でも、膝左右にもポケットが欲しかったような…。)

 

使えるカバーオールと言えるのではないでしょうか?

 

幸い、最近はよく見かけるアイテムです。

おそらくアメリカ本国ではお役御免になったのでは?

(アメリカ陸軍、空軍、海兵隊もこの迷彩生地を使用していませんね。)

 

これからもしばらくは入手できそうですよ。

 

また、不人気(?)なのか、比較的安価に入手できるのも魅力です。

 

作業用にあなたも1着如何でしょうか?

 

今回は、整備員が使用する迷彩カバーオール(つなぎ)を分析しました。

次回は、キプロス軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:アメリカ軍の他の作業用カバーオールこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 各国の作業用カバーオールはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

 Twitterで面白い動画がありました。

約3.5km先にある60センチ四方の的に当てられる銃ですね。

(名鉄新岐阜駅から直線で細畑駅までの距離に相当します…って誰もわからない例えですね。)

 

何回か試射をして当ててはいますが、とても難しいようです。

(距離が距離だけに、約10mm弾とはいえ、風や空気密度も関係してくるでしょうね。)

 

ただし、この距離からでもスナイピング可能ということは、覚えておいて損はないかもしれません。

 

基地警備の参考になれば幸いです。

(自衛隊にもぜひ欲しいですね。)

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【送料無料】【中古】美品◆実物 米軍 3Cカラーデザートカモ カバーオール 2001年製♪アメリカ ミリタリー つなぎ 軍物 アメリカ 迷彩

スポンサーリンク

Hello, my friend

Hello, my friend

  • 松任谷由実
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes