いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

アメリカ軍のBDUタイプです!【ギリシャの軍服】陸軍迷彩ジャケット(リザードパターン)とは? 0406 🇬🇷 ミリタリー

今回は、ギリシャ軍の迷彩ジャケットを分析します。

ギリシャ軍といえば、以前同陸軍の迷彩フィールドジャケットを分析しました。

今回のモデルは、そのフィールドジャケットの下に着用するものですね。

昨日製造されたようなデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  ギリシャ陸軍迷彩ジャケット(リザードパターン)とは?

1950年代にフランスが開発したブラッシュパターン迷彩(通称:リザードパターン)は、周辺国にも強い影響を与えたようです。

 

アルジェリアやベトナム(インドシナ戦争)で使用されましたが、少ない配色で効果的な迷彩は、一種のエポックメイキング的な存在だったのかもしれませんね。

 

その後フランス本国では使用が限定されましたが、他の多くの国でコピーが作られましたね。

 

今回のモデルは、そのリザード迷彩のギリシャ版コピー品になります。

 

前回のフィールドジャケットと同様の迷彩なんですが、見慣れてくると「これはこれでアリ?」と思うようになりました。

 

さてさて、フランス軍のリザード迷彩と、どう違うのでしょうか?

 

リザード迷彩マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面f:id:akmuzifal6489:20200508095805j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200508095739j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200508095437j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200508095527j:image

 

前合わせは、ボタンと上部のマジックテープです。
f:id:akmuzifal6489:20200508095517j:image

 

タグ
NAMAKOさんはフィールドジャケットにもあったような…。
2004年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20200508095623j:image

 

前合わせのマジックテープは、第一、第二ボタンの間にあります。
f:id:akmuzifal6489:20200508095553j:image

 

右胸ポケット
2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200508095450j:imagef:id:akmuzifal6489:20200508095335j:image

 

腰ポケット
こちらも2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200508095414j:imagef:id:akmuzifal6489:20200508095427j:image

 

左胸ポケット
ポケットフラップにはスリットがあって、ポケット内にはペンポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200508095506j:imagef:id:akmuzifal6489:20200508095603j:imagef:id:akmuzifal6489:20200508095647j:image

 

左胸ポケット上のネイム用(?)マジックテープ
色調はグレイ
f:id:akmuzifal6489:20200508095350j:image

 

脇の通気孔
刺繍で4個です。
f:id:akmuzifal6489:20200508095753j:image

 

袖は補強生地があって、袖口はボタンで調整
f:id:akmuzifal6489:20200508095634j:image

 

ウエストにはサイズを調整するタブとボタンあり。
f:id:akmuzifal6489:20200508095541j:image

 

ボタンは、少々肉やせしたアメリカ軍タイプ
f:id:akmuzifal6489:20200508095400j:image

 

着用例

日本のサバイバルゲーマー

意外と効果があるのですね。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトカーキの生地に、ダークグリーンとブラウンを用いて刷毛で塗ったようなパターンを描いています。

 

でも、フランス軍リザードのように勢いや繊細さがなく、フランス軍の迷彩を見ながらフェルトペンで描いたようなイメージです。

 

やはり「切れの悪いリザード」というのは、フィールドジャケットと同じですね。

(本国での写真を見ると、数種類のリザード迷彩があるみたいですね。)

 

生地は、薄いリップストップで、コットンとポリエステルの混紡のようです。

 

通気性が良いことから、夏用なのかもしれません。

 

デザインは、1980年代のアメリカ軍ウッドランドBDUに酷似していますね。

 

エポレットなし、胸ポケット×2、腰ポケット×2、ウエストのサイズ調整タブ付きです。

 

面白いのは開襟用でしょうか、前合わせ上部にマジックテープがありますよ。

 

造りはしっかりしていて、各部の補強も十分になされています。

4  製造とサイズのデータです!

・製造又は契約年度 2004年

・製造場所     ギリシャ

・契約会社     ギリシャ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    M

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約76センチ

          肩幅 約49センチ

          身幅 約57センチ

          袖丈 約59センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    1(容易)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

確かに迷彩に「キレ」はありませんが(キレが求められるものでもないと思うのですが…。)、リザードのコピーだけあって効果的な迷彩ですね。

 

日本のフィールドでも効果がありそうですね。

 

これからの季節のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測に問題なく使えそうです。

 

またファッションとして着て見るのも面白いかもしれませんね。

 

嬉しいことに、現在日本でもデッドストックが沢山入荷しています。

 

サイズも各種あるし、とても安価なので迷彩服入門にぴったりですよ。

 

購入する場合は、各部のサイズを確認したり、試着してサイズ感を確かめましょう。 

 

また、念のため破損や修理の有無も確認しましょう。

 

今回は、ギリシャ陸軍の伝統的迷彩のジャケットを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220913更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:ギリシャ軍のフィールドジャケットはこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com 今回の迷彩の原型となったフランス軍迷彩はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com 他の国のリザード迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

銀の龍の背に乗って

銀の龍の背に乗って

  • 中島みゆき
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes