いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 M65フィールドジャケットとは? 0086 🇺🇸

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の最高傑作とも言えるM65フィールドジャケットを分析します。

諸事情で今回は迷彩ですが、じつはこのウッドランド迷彩が、M65で初めて採用された公式な迷彩なんですよ。

   目次

1  アメリカの軍服  M65フィールドジャケットとは?

第二次大戦中に開発された傑作戦闘服M43フィールドジャケットですが、その後マイナーチェンジを行ったM50、さらなる防寒対策を施したM51というふうに、時代とともに発達してきました。

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

そしてベトナム戦争中の1965年に、M51をさらに改良したM65フィールドジャケットが採用されます。

その後、現代まで使用されています。

(マルチカムはともかく、ACUまでは確認できますね。)

今回は、その中でも1980年代に採用されたウッドランド迷彩のモデルになります。

実際に空軍で使用されていたので、全てのパッチが付いていますよ。

早速確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面  珍しい空軍仕様でフルパッチです。

残念ながら普段着用できませんね。(ジュネーブ条約参照)

f:id:akmuzifal6489:20190617152416j:image

 

背面  中古品ですが迷彩の色調は鮮やかです。
f:id:akmuzifal6489:20190617152337j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190617152332j:image

 

背面裏側   オフセットしてあるタグに注意
f:id:akmuzifal6489:20190617152402j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナー
f:id:akmuzifal6489:20190617152407j:image

 

タグ  UNISEX品のため、男女のサイズ表記がありますね。
f:id:akmuzifal6489:20190617152324j:image

 

胸のパッチポケット  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190617152419j:imagef:id:akmuzifal6489:20190617152347j:image

 

腰のスラッシュポケット  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190617152321j:imagef:id:akmuzifal6489:20190617152334j:image

 

ジッパーはMILSPECをクリアーした「YKK」もっと前から使用していれば…。
f:id:akmuzifal6489:20190617152356j:image

 

ジッパースライダー裏面
f:id:akmuzifal6489:20190617152404j:image

 

勿論ワンタッチでスタンドカラーになります。

胸のボタンは予備ではなく、専用の防寒フード取付用です。
f:id:akmuzifal6489:20190617152344j:image

 

襟に簡易なフードを装備しています。裏側はホワイトですね。夜間は目立つかも。
f:id:akmuzifal6489:20190617152359j:image

 

一応フードにもドローコードがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190617152409j:image

 

生地は、シェルよりかなり薄く、コットンポプリンです。
f:id:akmuzifal6489:20190617152339j:image

 

フードの付け根はODの伸縮する素材です。
f:id:akmuzifal6489:20190617152342j:image

 

襟裏のジッパー
f:id:akmuzifal6489:20190617152412j:image

 

部隊マークです。ポケットに縫い付けてあります。(ポケット使用可)
f:id:akmuzifal6489:20190617152327j:image

 

袖の折り返し  日本で言うところの「手甲」との説あり。
f:id:akmuzifal6489:20190617152330j:image

 

背中にはアクションプリーツあり。
f:id:akmuzifal6489:20190617152352j:image

 

裏地にあるナンバリング  生地の種類か?  

今回のモデルは裏地がホワイトですが、グリーンのモデルもありますよ。
f:id:akmuzifal6489:20190617152349j:image 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

前作M51までは、襟がM43から続くごく普通の形をしていました。

しかしM65からは、よりスタンドカラー時の使用を優先させる形に変更されましたよ。

そのため襟を立てなければ、変な形に見えます。

(この襟の形が、評価の分かれ目ですね。私は気になりませんが…。)

また、M51までは、袖をボタンで留めていましたが、M65からはマジックテープに変更されました。

今回は準備できませんでしたが、ライナーは初期型こそM51と同様のウールパイル製でしたが、すぐにポリエステル製の軽量なものに変えられました。

今回のモデルはウッドランド迷彩で、当時のアメリカ軍全軍が使用していたオーソドックスな迷彩です。

ウッドランド迷彩戦闘服の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

4  製造、サイズ等のデータ

 ・製造又は契約年度     1987年

 ・製造場所                    アメリカ

 ・契約会社                    アメリカ

 ・製造会社                         〃

 ・材質                           コットン

                                       ナイロン

 ・表記サイズ                 M-R

 ・各部のサイズ(平置) 

                                     着丈  約84センチ

                                     肩幅  約51センチ

                                     身幅  約63センチ

                                     袖丈  約62センチ                             

 ・状態                          中古極上品

 ・官民区分                   官給品

 ・入手場所                   ヤフオク 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

M65はライナーなしでも、結構暖かいですよね。

これはシェルが風を通さない上に、ライニングがあるので、ジャケット内に空気の層を作るためなんですね。

ライナーを取り付けたら、さらに保温力が上がります。

そのまま不用意に電車等に乗ると、真冬でも背中に汗をかきます!

(経験者は語る…注意しましょう。)

日本で迷彩と言えば、まずウッドランドというくらい、メディアにもよく登場していますね。

(年末の「笑ってはいけない」シリーズの仕置人とか)

また、ジャケット自体も、アメリカや韓国のアルファ社から、レプリカが販売されているので安価に入手できますね。

じつは、このウッドランドのM65は、かつてのウサマビンラディン氏も着用して、メディアで画像が流れていました。

(自分の主義主張に反する国のものでも、有能ならどんどん使用していた彼らしいですね。)

着丈は長いですが、風を通さないことと、ポケットが沢山あることで、バイカーにもおすすめです。

勿論女性にもおすすめです。

官給品でしたらXXS〜XXLまでサイズがありますし、幅は5種類準備されているので、根気よく探せばきっと自分に合うサイズが見つかりますよ。

 

今回は、アメリカ軍の傑作迷彩服を分析しました。

次回は、陸上自衛隊の迷彩服を分析します。一番最初の迷彩服2型ですよ。

お楽しみに!

 

読んでいただき、ありがとうございました。