いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

戦後の決定版戦闘服!【アメリカの軍服】M65フィールドジャケットと世界の仲間たち(モデル品を含む)とは? 0797 🇺🇸+WORLD ミリタリー

アメリカ軍M65フィールドジャケットと世界の仲間たち

今回は、1960年代に開発されたアメリカ軍M65フィールドジャケットと、それを参考にして製造された世界のフィールドジャケットを紹介します。

もはや説明不要なアイテムですが、コレクションの中間報告的な意味でまとめてみました。

(勿論、モデル品も含まれています。)

あなたの参考になれば幸いです。

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ軍M65フィールドジャケットとは?

第二次大戦で傑作戦闘服M43フィールドジャケットを開発したアメリカ軍。

 

でもデザインをより戦闘に特化させるとともに、防寒性能も向上させるべく、M50、M51とモデルチェンジしてきました。

防寒戦闘服として、そして衣類としてもある意味頂点を極めたM51フィールドジャケットでしたが、アメリカ軍はこれで満足しませんでした。

 

そしてさらなる使い易さを追求し、各部を改良したのがご存知M65フィールドジャケットです。

 

その後もマイナーチェンジを繰り返したり、迷彩生地を導入するなどしてアメリカ軍内のM65フィールドジャケットでもいくつかバリエーションが存在します。

 

面白いのは、登場後多くの国でコピーされたり、デザインを参考にされたりしたところですね。

 

これは、いかにM65フィールドジャケットの基礎デザインが優れていたかというのを如実に表していると言えます。

 

今回は、この素晴らしいM65フィールドジャケットを、まずはアメリカ軍モデルから、あなたと一緒に振り返ってみましょう!

2  アメリカ軍官給品M65フィールドジャケットの系譜(モデル品を含む)

⑴   1st

f:id:akmuzifal6489:20210628083122j:image

記念すべき最初に生産されたモデルです。

それまでのフィールドジャケットにあったエポレットが省略されています。

M51フィールドジャケットからは、襟、袖のデザインが大きく変更されています。

極めて希少。

参考:M65フィールドジャケット(1st:最初期型)

 

⑵   2nd
f:id:akmuzifal6489:20210628083059j:image

1stで廃止されていたエポレットが復活。

その他はファーストと大きく変わりません。

参考:M65フィールドジャケット(2nd・OG・ベトナム戦争ロット)

 

⑶   3rd

f:id:akmuzifal6489:20210628083107j:image

1st、2ndで不評だった各部のアルミジッパーをブラスジッパーに変更。

これにより信頼性と耐久性が増しました。

また袖のデザインがより簡略化され、1stから続くマチが廃止されました。

参考:M65フィールドジャケット(3rd・OG・プレーン)

 

⑷   4th
f:id:akmuzifal6489:20210628083210j:image

各部のジッパーをさらに信頼性のある「YKK」のプラスティック製に変更したモデル。

生地がOGでは最終モデル。

参考:【アメリカの軍服】M65フィールドジャケット(4th・OG・プレーン)

 

⑸  ウッドランド迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083218j:image

1980年代から導入されたウッドランド迷彩生地を用いたモデル。

3rd、4thモデルに存在

参考:M65フィールドジャケット(4th・ウッドランド)

 

⑹   デザート迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083222j:image

1990年代に導入された3カラーデザート迷彩(通称コーヒーステイン)生地を用いたモデル。

3rd末期から4thモデルに存在

なぜか前作の6カラーデザート迷彩(通称チョコチップクッキー)生地を用いたモデルは採用されませんでした。

参考:M65フィールドジャケット(デザートパターン・空軍仕様)

 

⑺   ACU
f:id:akmuzifal6489:20210628083129j:image

アメリカ陸軍が全ての地域で使用できる迷彩として開発したACUのモデル。

現在のマルチカムのモデルが確認されない現在、M65フィールドジャケットの最終型とも言えます。

何故か同時期に別のデジタル迷彩を採用した海軍、海兵隊、空軍ではM65を採用しませんでした。

参考:

 

⑻  エアクルージャケット
f:id:akmuzifal6489:20210628083214j:image

純粋にはM65フィールドジャケットではありませんが、襟と袖ポケット以外は殆どM65フールドジャケットそのままです。

参考:陸軍エアクルー用防寒ジャケット(ウッドランド)

 

⑼  民生品またはローカルメイド

ブラウンリーフ(LCリーフ)迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083110j:image

1970年代に大手官給衣料品納入メーカーが製作したモデル。

一部の部隊で使用されたという説もあり。

参考:M65フィールドジャケット(リーフパターンモデル品)

 

ミッチェル迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083145j:image

ベトナム戦争時代に、アメリカ兵が持ち寄った古いダックハンターの迷彩生地(多くはテントでしょうか?)を用いてローカルメイド(現地生産)されたモデルを再現したもの。

参考:M65フィールドジャケット(ミッチェルパターン・ローカルメイドモデル品)

 

タイガーストライプ迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083056j:image

ベトナム戦争時代に、おそらく日本で製造されたタイガーストライプ生地を用いてローカルメイドされたモデルを再現したもの。

参考:M65フィールドジャケット(タイガーストライプモデル品)

 

ダックハンター迷彩(大戦パターン)

(迷彩生地はリバーシブルですが、片面しか使用していません。)

f:id:akmuzifal6489:20210628084949j:imagef:id:akmuzifal6489:20210628084959j:image

ベトナム戦争中に各国で製造されたダックハンター迷彩生地を用いてローカルメイドされたモデルを再現したもの。

参考:M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターンモデル品②)

   M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターンモデル品①)

 

ダックハンターパターン(大戦後パターン)
f:id:akmuzifal6489:20210628084954j:image

映画撮影用にハリウッドの衣装メーカーが製造した珍しいモデル

参考:M65フィールドジャケット(ダークダックハンター・映画衣装?)

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ軍M65フィールドジャケットを参考にした各国のフィールドジャケット(国籍不明軍を含む。)

⑴   日本

陸上自衛隊防寒戦闘服外衣(旧型)

f:id:akmuzifal6489:20210628083103j:image

永らく存在しなかった迷彩防寒装備の穴を埋めるべく開発されたフィールドジャケット

2型迷彩と同じパターンながら配色を変えているのが特徴。

自衛隊独特の工夫があって、本家M65を凌駕している。

参考:陸上自衛隊迷彩防寒外被(防寒戦闘服外衣)

 

⑵   インドネシア軍

ミッチェル迷彩

f:id:akmuzifal6489:20210628083227j:image

インドネシア軍がコピーしたアメリカ軍ミッチェル迷彩生地を用いて製造したモデル。

参考:インドネシア陸軍リバーシブル迷彩フィールドジャケット(ミッチェルパターン)

 

DPM
f:id:akmuzifal6489:20210628083134j:image

こちらは、インドネシア軍DPM生地を用いたモデル。

ポケットにプリーツをつけたりして個性を出しています。

参考:インドネシア陸軍迷彩フィールドジャケット(DPM)

 

⑶   ギリシャ軍
f:id:akmuzifal6489:20210628083153j:image

同国がずっと使用しているリザード迷彩版のモデル。

一般のBDUタイプと少々色調が違っています。

参考:ギリシャ陸軍迷彩フィールドジャケット(リザードパターン)

 

⑷   キプロス軍
f:id:akmuzifal6489:20210628083114j:image

ギリシャ軍同様、リザード迷彩を採用しているモデル。

しかし、色調が大きく違っています。

参考:キプロス陸軍防寒迷彩ジャケット(リザードパターン)

 

⑸   国籍不明軍

デザートDPM
f:id:akmuzifal6489:20210628083206j:image

参考:砂漠用迷彩M65型ジャケット(4カラーデザートDPM)

 

韓国製モデル品リザード迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083141j:image

参考:国籍不明軍M65タイプフィールドジャケット(リザード迷彩)

 

⑹   韓国

海兵隊デジタル迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083118j:image

参考:韓国海兵隊迷彩フィールドジャケット(デジタル迷彩)

 

海兵隊石垣迷彩
f:id:akmuzifal6489:20210628083157j:image

参考:韓国海兵隊迷彩フィールドジャケット(石垣迷彩・実戦用)

 

特殊部隊
f:id:akmuzifal6489:20210628083200j:image

参考:韓国陸軍特殊部隊迷彩フィールドジャケット(リーフパターン)

4  共通の特徴

f:id:akmuzifal6489:20210628140109p:plain

当てはまらないモデルもありますが、

 

・マジックテープとダットファスナーを多用

・前身頃はジッパーとダットファスナー

・襟は立てることを前提に設計され、チンストラップを利用

・襟内(から背中に)簡易フードがあり

・袖口に三角系の生地あり

 

という特徴が見られます。

 

特に、襟を立てない場合、左右の襟が少々変な形になるものが多いので、すぐに識別できますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ軍M65フィールドジャケットと世界の仲間たち–まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210628140454p:plain

実際にM65フィールドジャケットを着用してみると、その暖かさや使い勝手の良さに驚愕します。

 

またアメリカ官給品は各種オプションパーツもあることから、秋口から真冬までの寒候期に使用できるのが魅力ですね。

 

各国のコピー&参考品も、レベルの高い製品が揃っています。

 

やはり傑作のコピーは傑作ということですね。

 

 残念ながら、アメリカ本国では各軍ともM65フィールドジャケットの採用は見送られたようです。

 

でも他国物やファッション業界では、しばらく生き残るアイテムのようです。

 

市販のモデル品も各種発売されているので(少なくとも私の場合は)生涯着用できるのも良いですね。

 

でも、できればその後の時代にも継承してほしいジャケットです。

 

今年の秋は、あなたもM65フィールドジャケットを着てみま

 

今回は、大戦後に開発された決定版的存在のアメリカ軍M65フィールドジャケットとその仲間とも言える各国のフィールドジャケットを紹介しました。

次回は、アメリカ軍の特殊なライトを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:M65フィールドジャケットとペアで使用するフィールドトラウザーズはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

M65フィールドジャケットにも使用できるハードフードはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

私事ですが、自宅で奥(神)様が使用している車の保険を、昔からお世話になっていた老舗から比較的新しい会社へ変更しました。

 

すると、ほぼ同じ保証で保険料が(年払いで)3万円近く安くなりましたよ。

(ここの会社は、事故対応にも定評があるところです。)

 

これは本当に助かりました。

 

手続きも必要書類を準備しておくと、約7分で完了しましたよ。

 

もしあなたが「面倒だから」とか「よくわからないから」と、今までの老舗保険会社そのままでしたら、ぜひ見直しをおすすめします。

(年配者のあなたは、特におすすめですよ!)

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まほうのかぜ

まほうのかぜ

  • 熊田茜音
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
春への伝言

春への伝言

  • 夜道 雪、七瀬彩夏、日岡なつみ
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes