いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

独特のカラーが魅力!【カナダの軍服】海軍ユーティリティージャケット(デッキジャケット)とは?0929 🇨🇦 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211109233224p:plain

今回は、1980年代のカナダ海軍ユーティリティージャケットを分析します。

夏季用あるいは熱帯用のジャケットですね。

他に類のない独特のカラーが新鮮かつ渋いです。

中古品ですが程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  カナダ海軍ユーティリティージャケット(ブラックグリーンタイプ)とは?

古今東西、世界の海軍の衣類を見渡してみると、その多くがブラック、ホワイトそしてネイビーブルーというカラーが用いられていますね。

 

昨今は各種迷彩服も導入されていますが、主たるカラーは上記の3色にまとまります。

 

やはりブラック&ホワイトは海軍の伝統ですし、ネイビーブルーは海を連想させるものですよね。

 

でもカナダ海軍は少々違っていました。

 

以前から、カナダ軍には空軍とも陸軍とも判断つかない(ましてや海軍とも思えない)カラーのフライトジャケットがあってずっと不思議に思っていましたね。

 

そのカラーは、なんと「ブラックグリーン」!

 

でも偶然、このカラーが海軍用であることが判明しました。

 

今回はそんなカナダ海軍のユーティリティージャケット(デッキジャケット)になります。

 

薄い生地製で、どうやら暖候期用(または夏用?)のようですね。

 

さてさて、それはどんなユーティリティージャケットなのでしょうか?

 

今回は、カナダ軍装備マニアのみならず、シックな夏用のジャケットをお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面

f:id:akmuzifal6489:20211109230339j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20211109230419j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211109230333j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211109230350j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20211109230353j:image

 

前合わせはジッパーのみです。
f:id:akmuzifal6489:20211109230347j:image

 

タグ

カナダ軍のタグは、ランドリーマークがカラフルですね。
f:id:akmuzifal6489:20211109230344j:image

 

エポレット 

テーパー付きのクサビ型。

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20211109230405j:image

 

胸ポケット

こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20211109230336j:imagef:id:akmuzifal6489:20211109230342j:image

 

テーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20211109230416j:imagef:id:akmuzifal6489:20211109230402j:image

 

袖口もボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20211109230407j:imagef:id:akmuzifal6489:20211109230359j:image

 

前見頃中央裏側のジッパー両側にペンポケット(合計4本用)があります。

珍しいデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20211109230413j:image

 

ボタン

ブラックのプラスティック製

この頃は、カナディアンタイプではなく、糸で留めていますね。
f:id:akmuzifal6489:20211109230355j:image

 

ジッパーは上下から開くダブルジッパーです。

プルタブの刻印は「OPTI」と「CLIX」
f:id:akmuzifal6489:20211109230410j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地はブラックグリーンのコットン/ポリエステル混紡ツイルで、同時期(1980年代)のアメリカ軍ユーティリティユニフォーム(OG–507)に似ています。

(肌触りもそっくり!)

 

このカラーが独特で、同じカラーの防寒フライトジャケットや、防寒デッキジャケットもありますね。

 

光の加減ではブラックに見えるかもしれませんね。

 

デザインは、エポレット付き、胸ポケット×2でとてもシンプルです。

 

前合わせはジッパーのみですが、上下から開くようになっていますね。

(現用ドイツ海軍デッキジャケットに似ていますよ。)

 

面白いのは、前見頃裏側のジッパー付近左右に、ペンポケット(2本用×2)が設けられているところです。

(ここに設けた理由はなんでしょう?)

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、とても上質な仕立てです。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     カナダ

・契約会社     カナダ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    7338R

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約71センチ

          肩幅 約44センチ

          身幅 約55センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     東京の専門店

・入手難易度    1(容易)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

特徴あるカラーのせいでしょうか?

 

とてもシックな印象がありますね。

 

生地は薄く夏用のイメージですが、着込んだり重ね着することで、冬でも対応できそうですね。

 

意外と原色のアンダーシャツなどと合うかもしれませんね。

 

胸ポケット×2なので、ジャケットの裾をトラウザーズにIN–OUTして使用できますね。

(比較的狭い環境では、裾の外出しは、どこかに引っ掛かったりするかもしれません。)

 

そうそう前見頃のペンポケットも使用して、使い勝手を確かめたいですね。

 

嬉しいことに、今回のモデルは大手通販サイトでも取り扱われています。

 

いつでも誰でも入手可能ですが、サイズは限定されているようです。

 

それでもあなたに合うサイズがあるかもしれません。

 

諦めず探してみましょう!

 

今回は、珍しいカナダ海軍のユーティリティージャケット(デッキジャケット)を分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:カナダ軍の装備に関する記事はこちらです。⬇︎

🇨🇦カナダ(Canada) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

各国海軍のユーティリティージャケットに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


実物 USED カナダ軍 2ポケット ファティーグジャケット【クーポン対象外】【T】

スポンサーリンク

カナダからの手紙

カナダからの手紙

  • 平尾昌晃 & 畑中葉子
  • 歌謡曲
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes