いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

もう一つの空挺スモック!【フランスの軍服】陸軍空挺スモック(OD単色タイプ) とは?0845 🇫🇷 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210821082941p:plain

今回は、1950年代のフランス陸軍空挺スモックを分析します。

有名なリザード迷彩ではなくODの単色モデルですね。

とても貴重なモデルです。

中古品で残念ポイントもありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  フランス陸軍空挺スモック(OD単色タイプ)とは?

現代でこそ各国の軍隊や軍事組織では、迷彩服の着用が一般的ですね。

 

でも、その昔(1980年代くらいまで)は、OD(オリーブドラブ)、OG(オリーブグリーン)やカーキなどの単色服が主流でしたよ。

(迷彩服大国のドイツでさえ、大戦後しばらくはそうでした。)

 

迷彩服は、装備していても数が少なく、限定使用でしたね。

 

やはり主たる装備品の他に、普段使用しない装備を追加調達する…というのは、費用対効果の観点から考えて無駄だという考え方があったようです。

 

フランス軍も同様で、主たる装備はOD単色でしたね。

 

今回のモデルは、そんなフランス陸軍の空挺部隊が使用するスモックです。

 

フランス軍空挺スモックといえば、フランス陸軍空挺リザード(トカゲ)迷彩生地を用いたモデルが有名ですが、今回は単色生地のモデルエスね。

 

一説にはリザード迷彩よりも数が少なく、かつ酷使されたため現存数が極端に少ないとされています。

 

さてさて、それはどんな空挺スモックなのでしょうか?

 

今回は、フランス軍装備マニアのみならず、世界の空挺装備コレクターのあなたと一緒に、確認していきましょう!

(少々疑問点もありますので、お持ちの単色空挺スモックと見比べてみてください。)

2  空挺スモックの全体及び細部写真

前面

白っぽくかなり汚れているように見えますが、乱暴な洗濯で部分的に褪色しているようです。

f:id:akmuzifal6489:20210820165231j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210820165057j:image

 

前面裏側

内ポケットと左胸ポケット用の生地は、グリーンが強いですね。
f:id:akmuzifal6489:20210820165037j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210820165052j:image

 

襟周りレイアウト

金属製の  ダットファスナーはまだ真新しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20210820165121j:image

 

襟はジッパーで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20210820165048j:image

 

前合わせはジッパーとボタンですが、やたらボタンが多いのが特徴です。
f:id:akmuzifal6489:20210820165222j:image

 

サイズタグは最初から切り取られていました!😭
f:id:akmuzifal6489:20210820165100j:image

 

でも製造所のスタンプは残っていましたよ。
f:id:akmuzifal6489:20210820165207j:image

 

エポレットはテーパー付きのラウンド型です。
f:id:akmuzifal6489:20210820165157j:image

 

右胸ポケット

3個のダットファスナーで開閉

ポケット容量に応じて、フラップの位置を変更することができます。

f:id:akmuzifal6489:20210821000814j:imagef:id:akmuzifal6489:20210820165243j:image

 

左胸ポケット

こちらも同様ですが、ポケット本体に小さいパッチポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20210820165126j:imagef:id:akmuzifal6489:20210820165104j:image

 

このパッチポケット内部には、ペン用のストラップが上下2本縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20210820165210j:image

 

また左胸ポケットには、ジッパーで開閉する隠しポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20210820165234j:imagef:id:akmuzifal6489:20210820165239j:image

 

腰ポケット

こちらも胸ポケットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20210820165109j:imagef:id:akmuzifal6489:20210820165149j:image

 

ポケットフラップにはボールペンで数字が!
f:id:akmuzifal6489:20210820165044j:image

 

ポケットの底には、コットンとリネンの分厚い生地が縫い付けらています。

これで鋭いものを入れても、ポケットを突き破ることが減りそうです。
f:id:akmuzifal6489:20210820165226j:image

 

立体裁断で、強いテーパーが付いています。

袖口にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20210820165033j:imagef:id:akmuzifal6489:20210820165145j:image

 

袖はボタンで開閉しますが、ボタンは内側に向いています。

これはパラシュートコードなどが引っ掛からないようにとの配慮です。
f:id:akmuzifal6489:20210820165153j:image

 

脇の通気孔

金属製ハトメ付きで4個

独特の裁断ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210820165202j:image

 

ウエストのドローコード

残念ながら市販の別物に変更されていました。

ロックも市販品ですね。

でもナイロン製なので、コットンのオリジナルより丈夫かも。
f:id:akmuzifal6489:20210820165134j:image

 

ドローコードのルートガイドには縫製ミスが!
f:id:akmuzifal6489:20210820165214j:image

 

内ポケット

タブとボタンで開閉

内ポケットのみ通常のフランス官給品ボタンでした。

マホガニーブラウンのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20210820165219j:imagef:id:akmuzifal6489:20210820165113j:image

 

一方、その他のボタンは全てライトブラウンでした。

これは見たことがないボタンですね。

縫い糸は同じ官給品です。
f:id:akmuzifal6489:20210820165138j:image

 

ジッパーの刻印

「SPIDEX」と読めます。
f:id:akmuzifal6489:20210820165130j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210821082857p:plain

生地はODのHBT(ヘリンボーンツイル:杉綾織)で、とても丈夫です。

 

高級な生地なので、採用している国が少ないですね。

 

デザインは、空挺迷彩スモック後期型と同じです。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×4、腰ポケット×2、内ポケットで、胸ポケットにはジッパーで開閉する隠しポケットがあります。

 

袖口には、冷気を遮断するためにゴムを内蔵、そしてボタンで開放できますが、ボタンは通常の逆で裏側に向くよう縫い付けられていますね。

 

全体的な縫製は丁寧で性格ですが、今回のモデルは一部に縫製ミスがありました。

 

フランス軍装備は、時々同じようなミスがありますね。

(要注意!) 

4  製造とサイズのデータ

f:id:akmuzifal6489:20210821082531p:plain

・製造又は契約年度 1950年代

・製造場所     フランス

・契約会社     フランス

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    不明

         (日本人のL〜XL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約54センチ

          肩幅 約39センチ

          身幅 約55センチ

          袖丈 約 センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     大阪の専門店

・入手難易度    4(極めて困難)   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210821083452p:plain 

とてもスパルタンなデザインでカッコ良いジャケットですね。

 

ポケットも多く便利ですが、前合わせのボタンが多いことに少々閉口しますね。

(全てを留める必要はないのですが。)

 

生地もしっかりしていて、着込むことで初冬くらいまでなら耐えられそうです。

 

迷彩生地ではないので、屋外での迷彩効果は今ひとつですが、逆にストリートでファッションに特化させた使い方も良いかもしれませんね。

 

ただ、当然ながら数は激減しています。

(かつては単色スモックのモデル品もありましたが、現在では廃盤になっていますね。)

 

それでもファッション雑誌などでは、時折取り上げられたりしていますので、全く入手できないわけではなさそうです。

 

面白いことに、業者さんによっては「正体不明のジャケット」として、思わぬ低価格で販売されている場合がありますよ。

 

諦めず探してみましょう。

 

なお、よく似たデザインのジャケットとしては、

 

スイス陸軍山岳兵用マウンテンジャケット(OD)

 

フランス空軍作業(ライン)用ジャケット

 

などもあります。

 

あわせて確認してみてください。 

 

今回は、希少なフランス軍のOD単色空挺スモックを分析しました。

次回は、アメリカ軍の防寒着を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルと同時期のフランス軍空挺装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

その他のフランス軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

🇫🇷フランス(France) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


新品 フランス軍パラシュートバッグ AMEE FRANCAISE オリーブ LARGE

実物 フランス軍 ノースコンバットパック ショルダーバッグ(OLIVE) 実物 ミリタリー 軍放出品 アウトドア サバゲー

フランス軍タイプ M1938 コットンキャンバス ブレッドバッグ MEDIUM 復刻【クーポン対象外】 / 復刻版 バッグ ショルダー(ワンサイズ OLIVE)

新品 フランス軍 ダッフルバッグ LARGE(ワンサイズ OLIVE)

スポンサーリンク

One Last Kiss

One Last Kiss

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Beautiful World

Beautiful World

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
桜流し

桜流し

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • provided courtesy of iTunes