いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

パターンが違う熊笹です!【自衛隊装備品】陸上自衛隊迷彩ユニフォーム(幻の熊笹パターン・一般用・PX品)とは? 0055 🇯🇵 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220119101420p:plain

今回は、1980年代の陸上自衛隊迷彩ユニフォームを分析します。

勿論熊笹迷彩なのですが、今回のモデルは迷彩パターンが大きく違うモデルになります。

迷彩服1型用の迷彩生地には、こんなパターンもあったのですね。

中古ですが、ほとんど使用感のない極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  陸上自衛隊装備品 迷彩服1型上下(幻の熊笹パターン・一般用・PX品)とは?

陸上自衛隊の迷彩服1型は、通称「熊笹迷彩」とも言われています。

 

その最初期型とも言える「各迷彩食が接触していない」パターンのモデルは、以前このブログでも分析しました。

 

今回のモデルは、その最初期型でも後の量産型(官給品及び共済組合品)でもない不思議な迷彩パターンの生地で製造されたものになります。

 

以前からマニアの間で「変なパターンの熊笹がある!」との噂がありました。

 

おそらく今回のモデルのことではないかと思われます。

 

実態は、官給品を製造している会社が作成した、PX(駐屯地売店)専用の迷彩生地だったようですね。

 

でも実際に私費で購入した隊員が、普通に(!)使用していましたよ。

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、コアな陸上自衛隊装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

上衣

前面

確かに一見「熊笹」迷彩ですが、細部パターンは全く違っていますね。

f:id:akmuzifal6489:20190516091419j:image

 

背面  

明らかに官給品量産品の迷彩パターンではありません。
…でも、このパターンも美しいですね。😃
f:id:akmuzifal6489:20190516091316j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190516091404j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190516091339j:image

 

胸ポケット
ボタンで開閉
ボタンホールはポケットフラップに縫い付けられています。
(最初期型と違いますね。)
f:id:akmuzifal6489:20190516091548j:image

f:id:akmuzifal6489:20190516091354j:image

 

ジッパー
官給品ジッパーが使用されていました。
(当時のPX品は殆どそうでした。)
f:id:akmuzifal6489:20190516091441j:image


ジッパー  スライダー  裏面
f:id:akmuzifal6489:20190516091535j:image

 

タグ  

シンプルです。
f:id:akmuzifal6489:20190516091448j:image

 


ボタンで二段階に調整  
ボタンも官給品ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190516091414j:image

 

エポレット
テーパーなしのクサビ型です。
ボタンで開閉 
f:id:akmuzifal6489:20190516091529j:image

 

脇の通気口
f:id:akmuzifal6489:20190516091540j:image

 

ジッパーエンドの差込口
刻印は、勿論信頼の「YKK」
f:id:akmuzifal6489:20190516091359j:image

 

うなじのタグ  

印字は消失😅

下の「①」スタンプに注意(官給品と同じ仕様)
f:id:akmuzifal6489:20190516091608j:image

 

ポケットの力布と脇の処理
f:id:akmuzifal6489:20190516091334j:image

 

肘の補強生地
裏側から当ててあります。
f:id:akmuzifal6489:20190516091436j:image

 

下衣

前面
f:id:akmuzifal6489:20190516091558j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190516091601j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190516091322j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190516091346j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20190516091454j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190516091410j:image

 

ボタンで開閉  

ボタンホールはポケットフラップに縫い付け。
f:id:akmuzifal6489:20190516091553j:image

 

下衣のタグ
f:id:akmuzifal6489:20190516091350j:image

 

膝の当て布  

肘と同じ裏側に縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20190516091425j:image

 

股間の補強布(裏側)
f:id:akmuzifal6489:20190516091330j:image

 

前合わせ裏側
f:id:akmuzifal6489:20190516091544j:image 

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩の色彩は、官給品迷彩生地と同じか少し明るい色調です。

でもパターンは明らかに違いますね。

迷彩各色は、初期型のように、あからさまに間隔が空いているわけではなく、かと言って量産型のように接触はしていません。

今回のモデル
前面

f:id:akmuzifal6489:20190516091419j:image

 

官給品量産型または当時のPX品迷彩パターン
前面

(識別のために空挺服にしています。)

陸上自衛隊空挺迷彩服1型前面

 

今回のモデル
背面
f:id:akmuzifal6489:20190516091316j:image

 

官給品量産型または当時のPX品迷彩パターン
前面

(識別のために空挺服にしています。)

陸上自衛隊空挺迷彩服1型背面


いかがですか?

迷彩パターンの違いがお判りいただけたでしょうか?

私が熊笹を識別するときに、まず確認するのが特定のパターンです。

 

ここでは「ワンコ」と「プテラノドン」としておきます。

これは、官給品の熊笹迷彩生地の黒に近いダークブラウン(またはマホガニーブラウン)に認められるパターンです。

(下写真赤丸参照)

f:id:akmuzifal6489:20190524064221j:image

今回のモデルには、量産型にあるべきパターンであるこの二つのパターンがないですね。

でも迷彩パターンは違っていますが、迷彩の色調が似ているので、全体としては、あまり違和感がありませんね。

(この迷彩服を着用して各種装備を装着すると、より違和感がなくなりますね。)

 

おそらく当時の陸上自衛隊の規格はクリアしていたのではないでしょうか?

(そもそも、迷彩パターンまで頓着していなかったのかも?🤔)

 

全体的なデザインは、官給品と変わりません。

 

上衣は、エポレット付き、胸ポケット×2で、前合わせはジッパー。

 

下衣は、腰ポケット×2で、前合わせはボタンのみという、とてもシンプルなデザインです。

 

全体的な縫製は、かつての官給品やPX品よりは少々正確さに欠けるようです。

でも強度は問題ありません。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     日本

・契約会社     日本

・製造会社     国内会社

・材  質     コットン

          ビニロン

・表記サイズ    1

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           上衣

          着丈 約77センチ

          肩幅 約42センチ

          身幅 約54センチ

          袖丈 約57センチ

           下衣

        ウエスト 約43センチ

          着丈 約107センチ

          股上 約33センチ

          股下 約76センチ

          裾幅 約19センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     民生品

・入手方法     ヤフオク

・入手難易度    3 (困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

他国に比べて、品質管理が厳格な自衛隊でも、PX品は比較的おおらかだったのでしょうか?

 

迷彩服1型(熊笹迷彩)には、このほかにベースとなるライトグレイグリーン(明灰緑色?)がライトブラウン(飴色)のものもありました。

(末期熊笹ですね。)

 

でも今回のモデルが何故開発されたのでしょう?

 

これには

  • 1型迷彩(熊笹迷彩)生地が不足した
  • そもそも業者が適当に迷彩パターンを模造した
  • 官給品迷彩生地との差別化を図った

などが考えられますが、正確なところは不明です。

 

でも、ある程度この迷彩生地は量産されたようで、戦闘服の他にリバーシブルジャケット(ジャンパー)などにも使用例がありますね。

 

不思議です。🤔

 

それはともかく今回のモデルは、官給品迷彩生地を用いたモデルに比べて、圧倒的に数が少ないです

 

これまで、オークションでもあまり見ることがありませんでした。

 

もしかしたら稀少なのかもしれませんね。

 

勿論「熊笹」ですので、北海道のみならず各地のフィールドでも効果があります。

(特に静止時)

 

もし入手できたら、サバイバルゲームや野鳥観察などには使用せず、保管しておくのが良いのかもしれませんね。

 

私は、存在は不明ですが今回のモデルの迷彩生地を用いた空挺服を探してみたいと思います。

 

今回は、稀少な迷彩生地で仕立てられた陸上自衛隊の迷彩ユニフォームを分析しました。

 

いやー自衛隊装備品って、本当に面白いですね。

 

それでは、また次回をお楽しみに!
(20220119更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルと同じ迷彩生地を用いたアイテムに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

陸上自衛隊迷彩服1型に関する他の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


自衛隊装備年鑑2021-2022

 


富士総合火力演習 陸上自衛隊装備品映像大全集 BD-R版

スポンサーリンク

茜さす

茜さす

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes