いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

陸上自衛隊装備品 迷彩リバーシブルジャケット②(PX品)とは? 0164 🇯🇵

こんにちは!

今回は、陸上自衛隊官給装備を補佐するPX品の迷彩服を分析します。

なんと迷彩は…あの「幻の迷彩」です。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  陸上自衛隊装備品  迷彩リバーシブルジャケット②(PX品) とは?

以前、別のタイプのリバーシブル迷彩ジャケットを分析しました。

陸上自衛隊迷彩リバースブルジャケット①の記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

今回は、これとよく似たジャケットですが、迷彩面を主に着用する造りで、細部も少し違っています。

また、迷彩も官給品迷彩生地ではありませんでした!

どんなジャケットでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

迷彩生地が官給品ではないですね。

(プテラノドンとワンコが居ません!)

f:id:akmuzifal6489:20190908105648j:image

 

後面
f:id:akmuzifal6489:20190908105620j:image

 

官給品迷彩生地のパターン

今回のモデルには、この二匹のパターンが見当たりませんね。

f:id:akmuzifal6489:20190913071005j:image

 

前面裏側

カラーはODです。
f:id:akmuzifal6489:20190908105706j:image

 

後面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190908105638j:image

 

前合わせはジッパーのみです。
f:id:akmuzifal6489:20190908105658j:image

 

エポレットはありません。

裏側のOD面にタグが縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20190908105642j:image

 

脇はアメリカ軍G–1のような裁断です。
f:id:akmuzifal6489:20190908105709j:image

 

左袖のパッチポケット(アメリカ軍ではシガレットポケット)  ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190908105629j:image

 

袖口  ニットは化繊です。丈夫です。
f:id:akmuzifal6489:20190908105702j:image

 

裾ニット  こちらも袖と同様です。

前面ニットの処理が、アメリカ軍フライトジャケットタイプですね。

リバーシブルジャケット①と異なっていますね。
f:id:akmuzifal6489:20190908105655j:image

 

 タグ①  サイズを表しています。
f:id:akmuzifal6489:20190908105651j:image

 

背中には両面でアクションプリーツ付きです。
f:id:akmuzifal6489:20190908105623j:image

 

ジッパーは勿論「YKK」!
f:id:akmuzifal6489:20190908105633j:image

 

勿論OD側にも袖ポケットがあります。完全リバーシブルです。
f:id:akmuzifal6489:20190908105616j:image

 

タグ②   製造会社を示すタグはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190908105645j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず迷彩ですが、生地が官給品迷彩生地ではありません。

以前分析した迷彩服1型(幻の熊笹パターン)と同じ迷彩生地です。

関連記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

この当時は、官給品生地=PX品生地の場合が多いのですが、今回のモデルは上記の迷彩服1型同様、特殊ですね。

また、裏側のODビニロン生地も、グリーン系ではなく、本当のODになっていますよ。

デザインは、アメリカ軍のMA–1やL–2系のデザインを参考にしていますが、アクションプリーツの追加や、脇の裁断などに独自の工夫があります。

ニットは化繊で、アメリカ軍ものに比べて頑丈です。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1980年代

 ・製造場所                   日本

 ・契約会社                     〃

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

                                      ビニロン

 ・表記サイズ                2

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                着丈  約63センチ

                                肩幅  約48センチ

                                身幅  約59センチ

                                袖丈  約57センチ                                          

 ・状態                    中古上品

 ・官民区分             官給品

 ・入手場所             北海道の駐屯地売店 

5  まとめ

陸上自衛隊がいわゆる「熊笹迷彩」を使用していた頃、熊笹迷彩の官給品防寒着はありませんでした。

そして演習時には、規則で迷彩服以外は着用できなかったのです!

今では考えられませんが本当の事です。

そのため冬の演習で頼りになるのは、 PXで販売されていた今回のモデルなどの私物防寒装備でした。

けっして安くなかったですが、背に腹はかえられぬ隊員は各々購入しましたよ。

最近、主にネットオークションで、今回のモデル等の私費で購入した装備が、多数出品されるようになりました。

おそらく使用していた隊員が定年になったので、不用品を処分してるのでしょう。

(私物なので無問題で出品できますよね!)

もし熊笹迷彩装備を探している方がいたら、今が入手するチャンスですよ。

程度が良く、自分にあったサイズが必ず見つかります。

気長に探してみましょう!

また、迷彩としての効果について評価の低い熊笹迷彩ですが、停止間での効果はなかなかのものがあります。

サバイバルゲームではアンブッシュに。

また野鳥観察などの、あまり動かない場合にも充分使えるのではないでしょうか?

 

今回は、陸上自衛隊のPXで販売されていた熊笹迷彩のリバーシブルジャケットを分析しました。

次回は、フランスのジャケットを分析します。お楽しみに!

               ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

 

付録  

家族で楽しめる自衛隊イベント

(予約なしで参加できます。)

9/16   航空自衛隊  

          小松基地航空祭

      (ブルーインパルス参加予定)

9/21   海上自衛隊  

          八戸航空基地祭

9/25   陸上自衛隊

          仙台駐屯地

          東北方面隊創隊59周年記念行事

9/28〜29  広島地本

           広島市外貿埠頭

           練習艦「やまゆき」一般公開

10/6   陸上自衛隊

          伊丹駐屯地  

          中部方面隊創設59周年記念行事

10/20  航空自衛隊

           浜松基地

           エアフェスタ浜松2019

       (ブルーインパルス参加予定)