いつだってミリタリアン!

ミリタリーグッズを、徹底的に分析、解説、解明します!

ローデシア軍装備品 迷彩戦闘服ってこんなに素敵? 0072 Rhodesia

こんにちは!

今回は、貴重なローデシア軍の迷彩服を紹介します。

以前紹介したのは、フィールドジャケットでしたが、今回はその続編とも言えるものですよ。

以前の記事です。⬇︎

www.military-spec-an.com

   目次

1  旧ローデシア陸軍迷彩戦闘服上下(半袖)

1980年代に専門誌のサバゲー記事で見かけて一目惚れした迷彩です。

その後一年以上たって、記事にあった愛知県の有名なサバゲーショップへ行き購入しました。

まさか入手できるとは思っていなかったので、奇跡ってあるんだと思いました。

(当時は人気がなかったのでしょうか?)

以降、大切に保管してきました。

こうやって皆さんに紹介することができて、本当に嬉しいです。

それでは、早速見ていきましょう!

2  戦闘服の全体及び細部写真

シャツ

前面  

f:id:akmuzifal6489:20190607175502j:image

 

背面  素晴らしいローデシア迷彩ですね。美しいです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175509j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175452j:image

 

背面裏側  裏側には殆ど迷彩が透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190607175457j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175533j:image

 

タグ「statesman」社製  サイズはアメリカ表示の「40」インチ?
f:id:akmuzifal6489:20190607175531j:image

 

袖口   補強布を縫い付けてあります。
f:id:akmuzifal6489:20190607175542j:image
f:id:akmuzifal6489:20190607175440j:image

 

胸ポケット  プリーツ付きです。  ボタンで開閉

f:id:akmuzifal6489:20190610083119j:imagef:id:akmuzifal6489:20190607175443j:image

 

ボタンはグリーンのプラスティック製で2つ穴タイプ
f:id:akmuzifal6489:20190607175522j:image

 

エポレット  先端はラウンド
f:id:akmuzifal6489:20190607175512j:image

 

背中の裁断  プリーツではありません。
f:id:akmuzifal6489:20190607175540j:image

 

内側にも縫い目が。 それも途中まで。
f:id:akmuzifal6489:20190607175515j:image

トラウザース

前面   迷彩の色調がシャツとそっくりで、違和感が全くありません。
f:id:akmuzifal6489:20190607175454j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190607175506j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175437j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175446j:image

 

右側面  

ポケットは、左右にスラッシュポケット、大腿部左右にパッチポケット、

右腰に小さなパッチポケットあり。

小さいポケットは、イギリス軍装備に多いですね。

パッチポケットはいずれもプリーツ付き。ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190607175545j:image

 

サイズタグ  こちらは英軍表記のように一桁の数字で表現  メーカーのタグは無かったです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175519j:image

 

ウエストのボタン  

表裏で合計4個のボタンで開閉します。ちょっと面倒でしょうか?

ボタンは4つ穴イギリス軍タイプです。

f:id:akmuzifal6489:20190607175528j:image

 

ウエストには前面に二本のベルトループが。Pベルト用なので設定幅が広いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190607175435j:image

 

背面は一本です。いずれもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190607175525j:image

 

ウエストには調整タブが。金属製のバックル。
f:id:akmuzifal6489:20190607175500j:image

 

ウエスト前面裏側   見えづらいですが、前合わせはボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175432j:image

 

ウエスト背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175547j:image

 

スラッシュポケットの内布  身体と反対側は、シルクのような材質
f:id:akmuzifal6489:20190607175536j:image
 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  魅力的な戦闘服の特徴は?

ローデシア迷彩は、以前紹介したモデルと大きく変わりませんが、デッドストックなので色調が鮮やかです。

このメーカーの迷彩は、本当に美しいですね。

プリントも、とても綺麗です。

シャツはオーソドックスなデザインで開襟、2ポケットですが、トラウザースは英国風となっています。

メーカーは英国系だったのでしょうか?

特筆すべきは生地の厚さで、シャツは薄めながら、トラウザースはかなり厚い生地でできています。

乾燥地帯での戦闘を考えると、足回りは丈夫な方が良いかもしれませんね。

また寒い場合は、シャツの上にフィールドジャケットを着ればOKでしょうか?

4  製造、サイズのデータ

 ・製造年又は契約年度     1970年代

 ・製造場所                       旧ローデシア

 ・契約会社                       旧ローデシア

 ・製造会社                             〃

 ・材質                              コットン

 ・表記サイズ                   40(ジャケット)

                                            3(トラウザース)

 ・各部のサイズ(平置)  シャツ

                                     着丈  約74センチ

                                     肩幅  約45センチ

                                     身幅  約57センチ

                                     袖丈  約27センチ

                                           トラウザース

                              ウエスト 約40センチ

                                    着丈  約108センチ

                                    股下  約82センチ

                                    股上  約31センチ

                                    裾幅  約23センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 愛知県の専門店

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

5  まとめ

すでに亡くなっている国の装備なので貴重です。

ジンバブエあたりでモデル品が作られているようですね。

我が国でもモデル品が存在しました。

しかしそのモデル品は、偶然か?意図的か?ベースのダークイエローがタンになっていました。

官給品は、程度の良いものがあってもサイズが小さくてガッカリすることが多いですね。

でも諦めず探してみましょう。

勿論、絶滅危惧種中でもさらに少ないものですので、万難を排して保護してあげましょう!

(かつてのようにサバゲーで使用するのは、控えた方が良いかもしれませんね。)

 

今回は、旧ローデシア軍の希少な、それもデッドストックの迷彩服を紹介しました。

次回は、アメリカ軍の信じられない迷彩服を紹介します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

タイから、希少な小動物17匹を日本へ密輸入しようとした日本人が、成田で逮捕されましたね。

最近こんな事件が多いです。ペット界で何が起こっているのでしょうか?

でも今回は、いつもとちょっと違っていました。

男は、小さい猿、カメ、トカゲなどを現地で調達、日本へ持ち込もうとしたらしいのですが、そのうち猿の一匹は新種だったとか!(画像が流れましたが、みんなメチャ可愛いかったです💕)

犯罪ですし偶然だと思いますが、凄い発見なのかもしれませんね。

地球の仲間がまた一種類増えて嬉しいです。

保護された動物たちが、一刻も早く元気に元の場所に戻れる事を願っています。

自分の儲けや、好きだという気持ちを優先させるのではなく、彼らの暮らしを脅かさないようにして欲しいですね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。