いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

奇跡の逸品!【旧ローデシアの軍服】陸軍迷彩ユニフォーム(Statesman社製・官給品)とは?0072 Rhodesia ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220210121539p:plain

今回は、1970年代の旧ローデシア軍迷彩ユニフォームを分析します。

既に存在していない国の装備品ですね。

だからでしょうか?

世界的に大人気のアイテムですね。

今回は、奇跡のデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  ローデシア陸軍迷彩ユニフォーム(Statesman社製・官給品)とは?

永くコレクションを続けていると、ある傾向があることに気付きます。

 

それは、

  • 製造中止
  • 入手困難
  • 生産数が少ない
  • 特異な経歴がある

というアイテムは、とても高額で取引されることが多い…ということです。

 

プレミア価格…とでもいうのでしょうか?

 

これは分野を問わず、コレクションアイテムに共通した事象のようですね。

 

今回の旧ローデシア軍迷彩ユニフォームは、上記の全てに合致するアイテムといえます。

 

かつて南アフリカに存在した国「ローデシア」。

(現在のジンバブエ付近でしょうか?)

 

やはり白人が支配する極端な国でしたね。

 

旧ローデシアの盛衰については、以下をご覧ください。⬇︎

https://ja.wikipedia.org/wiki/ローデシア

ja.wikipedia.org

 

華々しい活躍をした軍隊も消えてしまった現在、時間と共に当時の装備も激減しているようですね。

 

そんな中、以前当ブログでは同じく旧ローデシア軍の迷彩スモック(フィールドジャケット)を分析しました。

 

以前の旧ローデシア軍迷彩スモックに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 

今回はその続編とも言えるものですね。

 

全くの未使用品で保管時の汚れもないことから、資料的価値もあると思われますよ!

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回はローデシア軍装備マニアのみならず、ベテラン迷彩服コレクターのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

シャツ
前面  
今回のモデルは、明るい色調の迷彩ですね。f:id:akmuzifal6489:20190607175502j:image

 

背面  
素晴らしい迷彩ですね。
美しいです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175509j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175452j:image

 

背面裏側  
迷彩は裏側に殆ど透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190607175457j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175533j:image

 

タグ
「Statesman」社製  
サイズはアメリカ表示の「40」インチ?
f:id:akmuzifal6489:20190607175531j:image

 

袖口  
補強布を縫い付けてあります。
f:id:akmuzifal6489:20190607175542j:image
f:id:akmuzifal6489:20190607175440j:image

 

胸ポケット  
プリーツ付きです。  ボタンで開閉f:id:akmuzifal6489:20190610083119j:imagef:id:akmuzifal6489:20190607175443j:image

 

ボタンはグリーンのプラスティック製で2つ穴タイプ
f:id:akmuzifal6489:20190607175522j:image

 

エポレット  
テーパー付きのラウンドタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175512j:image

 

背中の裁断  
プリーツではありません。
f:id:akmuzifal6489:20190607175540j:image

 

内側にも縫い目が。
それも途中まで。f:id:akmuzifal6489:20190607175515j:image

 

トラウザーズ

前面  
迷彩の色調がシャツとそっくりで、違和感が全くありませんね。
左右非対称のデザインです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175454j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190607175506j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175437j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175446j:image

 

右側面レイアウト
右腰前面の小さいポケットは、イギリス軍装備に多いですね。

(ファーストエイドドレッシング用でしょうか?)
パッチポケットはいずれもプリーツ付き。
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190607175545j:image

 

サイズタグ  
こちらは英軍表記のように一桁の数字で表示 
メーカーのタグはありませんでした。
f:id:akmuzifal6489:20190607175519j:image

 

ウエストのボタン  
表裏で合計4個のボタンで開閉します。少々面倒でしょうか?
ボタンは4つ穴皿型のイギリス軍タイプです。f:id:akmuzifal6489:20190607175528j:image

 

ウエストには前後に合計3本のベルトループが。
ピストルベルト用なので設定幅が広いですね。
英軍系軍装の特徴です。
f:id:akmuzifal6489:20190607175435j:image

 

背面のベルトループは一本です。
いずれもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190607175525j:image

 

ウエストのサイズ調整タブ。

金属製のバックル付。
f:id:akmuzifal6489:20190607175500j:image

 

ウエスト前面裏側  
見えづらいですが、前合わせはボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20190607175432j:image

 

ウエスト背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607175547j:image

 

スラッシュポケットの内布  
身体と反対側は、シルクのような滑らかな材質
f:id:akmuzifal6489:20190607175536j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ダークイエローの生地に、グリーン、ブラウンを用いて、刷毛で荒く塗ったような独特のパターンを描いています。

 

海外では「イギリス軍デニソンスモックから派生した迷彩」という説もありますね。

 

ただし、製造国、製造会社、製造時期により、色調やパターンに誤差があります。

 

このメーカーの迷彩は、配色やプリントの状態がとても美しいのが特徴ですね。

 

生地はコットンツイルで、シャツは薄いのですが、トラウザーズは少々厚めです。

(乾燥地帯での戦闘を考えると、足回りは丈夫な生地の方が良いかもしれませんね。)

 

デザインは、シャツがエポレット付、開襟、胸ポケット×2で、今回モデルはシンプルな半袖です。

 

トラウザーズは、右腰前面小ポケット、腰スラントポケット×2、膝ポケット×2で、ウエストにはサイズ調整タブがあります。

 

面白いのは前あわせで、合計4個のボタンで留めるようになっているところです。

(急いでいる場合は大変ですね!)

 

全体的な縫製は、丁寧で正確で上質な仕立てですよ!

 

もしかしたらメーカーは英国系だったのでしょうか?🤔

4  製造、サイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     旧ローデシア

・契約会社     旧ローデシア

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    40(ジャケット)

          3(トラウザーズ)

・各部のサイズ(平置)

           シャツ

          着丈 約74センチ

          肩幅 約45センチ

          身幅 約57センチ

          袖丈 約27センチ

           トラウザース

        ウエスト 約40センチ

          着丈 約108センチ

          股下 約82センチ

          股上 約31センチ

          裾幅 約23センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     愛知県の専門店

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

今回のモデルは、1980年代に専門誌のサバイバルゲーム記事で見かけて一目惚れした迷彩です。

 

その後一年以上たって、その記事にあった愛知県の有名なサバイバルゲームショップへ行き購入しました。

 

まさか入手できるとは思っていなかったので、奇跡ってあるんだな…と思いましたね。

(当時は人気がなかったのでしょうか?)

 

以降、大切に保管してきました。

 

こうやって皆さんに紹介することができて、本当に嬉しいです。


それはともかく、今回のモデルは、すでに亡くなっている国の装備なのでとても貴重です。

 

現在では、ジンバブエあたりでモデル品が作られているようですね。

 

かつて我が国でも、モデル品が存在しました。

 

しかしそのモデル品は、偶然か?意図的か?ベースのダークイエローがタンになっていましたね。

(勿論S屋のように、忠実なモデル品も存在しましたよ。)

 

だからでしょうか?

 

殆どのモデル品は、現在製造中止のようです。

(S屋のモデル品は、現在でも一部が入手可能…との情報がありますよ?)

 

官給品は、程度の良いものが少なく、あってもサイズが小さくてガッカリすることが多いですね。😅

 

でも絶滅危惧種中でもさらに少ないものですので、もし着られるサイズで良品を見つけたら万難を排して保護してあげましょう!

(入手できたら、かつてのようにサバイバルゲームで使用するのは控えた方が良いかもしれませんね。)

 

今回は、希少なローデシア軍の、それもデッドストックの迷彩ユニフォームを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220210更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 参考:その他のローデシア軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


南ローデシア 発行初年 1932年 Southern Rhodesia 幸福の6ペンス コイン .925 スターリングシルバー 銀貨 ジョージ5世 ハッピー ウェディング シックス ペンス Happy wedding sixpence 結婚式 花嫁に左の靴 プレゼント ギフト 【中古】


南ローデシア 1935年 Southern Rhodesia 幸福の6ペンス コイン .925 スターリングシルバー 銀貨 ジョージ5世 ハッピー ウェディング シックス ペンス Happy wedding sixpence 結婚式 花嫁に左の靴 プレゼント ギフト 【中古】


【品質保証書付】 アンティークコイン NGC PCGS 1936年 S ローデシア 1 シリング NGC MS64- show original title

スポンサーリンク

愛を教えてくれた君へ

愛を教えてくれた君へ

  • クアイフ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Binary Star

Binary Star

  • SawanoHiroyuki[nZk]:Uru
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes