いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

色調の違うモデルです!【ローデシアの軍服】陸軍迷彩シャツ(アナザーパターン・レアカラー)とは? 0492 Rhodesia ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220226153842p:plain

今回は、ローデシア軍の迷彩シャツを分析します。

以前も同じメーカーのフィールドジャケットを分析しましたが、今回のモデルはシャツになります。

でも、迷彩生地の色調がやや違っていました。

疑問点もありますが、程度は良いですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  ローデシア陸軍迷彩シャツ(アナザーパターン・レアカラー)とは?

以前分析したフィールドジャケットは、それまで分析した「STATESMAN」社や、「PARAMOUNT」社とはまた違った迷彩パターン、デザインでしたね。

 

また、タグのサイズ表記も違っていましたね。

  

過去記事:旧ローデシアの軍服】陸軍迷彩スモック(アナザーパターン)

 

今回のモデルも、おそらくそのフィールドジャケットと同じメーカーだと思われます。

でも今度は色調が微妙に違っていましたよ。

(本当にローデシア軍の迷彩服は色調の違うモデルが多いですね。)

 

さてさて、それはどんな迷彩シャツなのでしょうか?

 

今回は、ローデシア軍マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面f:id:akmuzifal6489:20200822161311j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200822161436j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200822161251j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200822161425j:image

 

タグ
やはりイタリア語?
f:id:akmuzifal6489:20200822161415j:image

 

エポレットはややテーパー付きのラウンドタイプです。
ボタンは皿型のイギリス軍タイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200822161331j:image

 

胸ポケット
ボタンで開閉
ポケットフラップは、一般的なホームベース型
f:id:akmuzifal6489:20200822161243j:imagef:id:akmuzifal6489:20200822161219j:image

 

各胸ポケットの上には何かのタグ(何種類か)を縫い付けてあったようです。
f:id:akmuzifal6489:20200822161352j:imagef:id:akmuzifal6489:20200822161342j:image

 

袖はテーパー付きです。
袖口はボタンで開閉。
マチはありません。
f:id:akmuzifal6489:20200822161321j:imagef:id:akmuzifal6489:20200822161300j:imagef:id:akmuzifal6489:20200822161406j:image

 

背面裾にはプリーツが。
この辺りの処理は「statesman」社製と似ていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200822161230j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず迷彩ですが、パターンはフィールドジャケットと同じです。

(やはり少々整い過ぎていますね。)

 

しかしライトカーキ(又はダークイエロー)が、ライトグリーンになっていますよ。

(やはりこのモデルも、別の意味で血色の悪いローデシア迷彩…といったところですね。)

 

色調比較

今回のモデル(背面)f:id:akmuzifal6489:20200822161436j:image

 

同じメーカーのスモック(背面)旧旧ローデシア軍迷彩スモック(フィールドジャケット)背面

 

一方、グリーンやブラウンの色調は大きく変わっていません。

 

生地はコットンのツイルでやや厚いですが、肌触りは良好です。

 

デザインは、「STATESMAN」社のデザインに似ていますね。

 

構成は、開襟、エポレット付き、胸ポケット×2で、背中裾にはプリーツがあります。

 

一般的なYシャツと比べ、生地が厚いので、しっかりした造りですよ。

 

縫製も丁寧で、好感が持てますね。

 

今回のモデルは、左右ポケットの上に、何らかのタグを縫い付けてあった跡がありました。

 

でも、一部はローデシア軍のものではないようです。

 

近所なので、南アフリカ軍などで使用されたものなのでしょうか? 

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     不明

・契約会社     旧ローデシア

・製造会社     不明

・材  質     コットン

・表記サイズ    4

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約75センチ

          肩幅 約46センチ

          身幅 約58センチ

          袖丈 約60センチ

・状  態     中古上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

今回のモデルは、このシャツのみオークションで入手しました。

 

以来ずっと同じメーカーの同じ色調のトラウザースを探していますが、全く見かけませんね。

(そもそも、亡国ローデシアの、それも戦闘装備自体が品薄ですからね。)

 

当時のローデシア軍では、迷彩服を上下バラバラに支給していたそうです。

 

そのため、上下で色違いは普通だったとか?

 

今回のモデルも、おそらく業者からの納入時には上下セットだったと思いますが、いつしかトラウザースとは生き別れになったようです。

(どこかで元気にしていることを願っています。😅)

 

でも何とか、せめて同じロットのトラウザースが欲しいですね。

 

現在残っているローデシア軍迷彩服は、着られるサイズが少なく、極端に小さいものか大きいものが主体ですね。

 

しかも年々高価になりつつあります。

 

購入する場合はなるべく早く、でもサイズや程度に妥協することなく、自分が着られて、程度の良いものを選ぶのが良いようです。

 

絶滅危惧種の代表格と言えるローデシア軍迷彩服 。

 

後世に伝えていきたいアイテムですね。

 

さて、私事ですが、いよいよ手持ちのローデシア軍ユニフォームも、今回が最後となりました。

 

一区切りついて、一安心したところですね。

(何故に?何処に?)

 

でもこれで終わりとせず、これからも機会を見て探していきたいですね!

 

今回は、ローデシア軍の少々色調の違う迷彩シャツを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に面白いですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220226更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他のローデシア軍装備はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 ローデシア軍迷彩に似ている南アフリカ軍特殊部隊迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 国籍不明ですが、ローデシア軍とよく似た迷彩のジャケットはこちらです。

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

スポンサーリンク


【品質保証書付】 アンティークコイン NGC PCGS サウスローデシア1953Crown Superb Gem Proof、NGC Prf 65、Rare 1,500、w / Case South Rhodesia 1953 Crown Superb Gem Proof, NGC Prf 65, Rare 1,500, w/Case

【品質保証書付】 アンティークコイン NGC PCGS ローデシア ? 1 14th Oct 1968 P28d PMG 64 EPQ チョイス 未流通- show original title

【品質保証書付】 アンティークコイン NGC PCGS 南ローデシア19322シリングレア素晴らしい宝石PCGSプルーフ64、ミンタージュ496が打たれた South Rhodesia 1932 2 Shilling Rare Superb Gem PCGS Proof 64, Mintage 496 struck

スポンサーリンク

Tranquility

Tranquility

  • SawanoHiroyuki[nZk]:Anly
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes