いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ポケットフラップがエレガント!【ローデシアの軍服】陸軍迷彩ユニフォーム(PARAMOUNT社製)とは? 0463 Rhodesia ミリタリー

今回は、1970年代の旧ローデシア軍の迷彩ユニフォームを分析します。

以前もローデシア軍の迷彩装備を分析しましたが、メーカー毎に迷彩色調やデザインが微妙に違っていましたね。

今回のメーカーも、これまでのものとは少々違った箇所がありましたよ!

(今回のアイテムも、少々汚れがあってお見苦しい点があります。予めご了承ください。)

中古品ですが程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  ローデシア陸軍迷彩ユニフォーム(PARAMOUNT社製)とは?

少数ながら勇猛果敢かつ効果的な戦闘を行ったことから、ミリタリー界隈では、もはや伝説ともいえるローデシア軍。

 

Twitterなどでも、定期的にローデシア軍の画像や装備がツイートされていますね。

 

日本のみならず、世界中で大人気の状態が続いていますよ。

 

ローデシアの国としての歴史や盛衰は他に譲るとして、ここでは迷彩服について取り上げたいと思います。

 

ローデシア軍迷彩服の製造メーカーとしては、日本では比較的沢山輸入された「STATESMAN」社が有名ですね。

 

その他には、TREVAIN社、STUD社など、多数のメーカーがあったようです。

(一説には、アジアでも製造されていたとか?)

 

今回のモデルは、「PARAMOUNT」というメーカーの製品になります。

 

「パラマウント」と聞くと、どこかの映画会社やベッドを想像してしまいがちですね。

 

でも、このメーカーは上記「STATESMAN」社と同様、数多くのローデシア軍迷彩服を納入していたようですよ。

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回はコアなローデシア軍マニアのみならず、これからローデシアの迷彩服を集めてみようと思うあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

シャツ
前面
迷彩の色調は、ベースとなるタンが少々暗いですね。
でも素敵な迷彩ですね💕f:id:akmuzifal6489:20200722151558j:image

 

背面
キレッキレの鋭い迷彩パターンが魅力ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200722151459j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200722151422j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200722151430j:image

 

襟周りのレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20200722151426j:image

 

サイズタグ
表記はインチですね。
f:id:akmuzifal6489:20200722151551j:image

 

メーカータグ
「PARAMOUNT」社製(文字は刺繍です。)
f:id:akmuzifal6489:20200722151536j:imagef:id:akmuzifal6489:20200722151555j:imagef:id:akmuzifal6489:20200722151608j:image

 

エポレット
テーパーなしのラウンドタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200722151516j:image

 

胸ポケット
プリーツ付きでボタンで開閉
ポケットフラップは波型でエレガントなタイプです。
このポケットフラップが大きな識別点ですね。
(今回は、奇跡的にARMYタグ(手縫い)が残っていました。)
f:id:akmuzifal6489:20200722151503j:imagef:id:akmuzifal6489:20200722151603j:image

 

ボタンはグリーン4ホールのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20200722151524j:image

 

半袖ですが、先端の縫い糸が他と違っていました。
もしかしたら長袖だったのかもしれませんね。
f:id:akmuzifal6489:20200722151442j:image

 

背中には左右にタックがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200722151621j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20200722151455j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200722151617j:image

 

前面裏側
少々汚れが目立ちます。
f:id:akmuzifal6489:20200722151547j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200722151625j:image

 

前合わせはボタンのみです。
しかしウエスト部分は二重になっていて、4個のボタンで開閉するシステム。
f:id:akmuzifal6489:20200722151418j:image

 

右腰の小ポケット
昔のイギリス軍風ですね。
プリーツ付きでボタンで開閉。
ロングなベルトループに注意!
f:id:akmuzifal6489:20200722151438j:image

 

右側面
一見、小ポケットと膝ポケットしかないように見えますが…
f:id:akmuzifal6489:20200722151520j:image

 

実は側面にスラッシュポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200722151533j:image

 

ウエストにはサイズ調整ストラップあり。
金属製バックル
f:id:akmuzifal6489:20200722151507j:image

 

膝ポケット
プリーツ付きでボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200722151512j:imagef:id:akmuzifal6489:20200722151413j:image

 

股間から臀部には円形の補強生地あり。
f:id:akmuzifal6489:20200722151447j:image

 

膝の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20200722151612j:image

 

裾にはボタンホールが。
おそらくドローコードで裾を絞るため用では?
f:id:akmuzifal6489:20200722151529j:image

 

トラウザースのタグは、印字消失😞
f:id:akmuzifal6489:20200722151451j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、いわゆるローデシア迷彩で、タンをベースに、レッドブラウンとグリーンで雲型や長く細い植物の葉のようなパターンを描いています。

 

ところが、「STATESMAN」社のモデルに比べると、全体的に色調が暗く、沈んでいるように見えますね。

 

ローデシア陸軍迷彩戦闘服(STATESMAN社製)

 

生地は、一般的なツイルでおそらくコットン製だと思われます。

 

ローデシア軍迷彩服に共通する、上質な感じの生地ですね。

 

デザインは、シャツがエポレット付き、胸ポケット×2で、今回のモデルは半袖です。

 

ただよく見ると、袖口の糸が、本体と違うものが使用されていて、もしかしたら長袖を改造したのかもしれません。

(ローデシア軍は、半袖、短パンの迷彩服がありましたね。白人が多かったのですが日焼けは大丈夫だったのでしょうか?)

 

トラウザーズは、腰スラッシュポケット×2、膝ポケット×2、右腰前面に小ポケットという、標準的なデザインになっています。

 

やはりイギリス軍の影響を受けたデザインですね。

 

今回のモデルは、右胸に陸軍のパッチが残っていました。

 

手縫いでしっかり縫い付けられていましたよ。

 

これは貴重かもしれませんね。

4  製造とサイズのデータです!

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     ローデシア

・契約会社     ローデシア

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    シャツ:16?

       トラウザース:不明

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           シャツ

          着丈 約73センチ

          肩幅 約46センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約25センチ

           トラウザーズ

        ウエスト 約40センチ

          着丈 約106センチ

          股上 約34センチ

          股下 約73センチ

          裾幅 約21センチ

・状  態     中古上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ローデシア陸軍迷彩ユニフォーム(PARAMOUNT社製)まとめ

このメーカーの迷彩色調は、やや暗いですね。

 

ローデシア軍の迷彩服は、メーカーによって迷彩の色調が違っているのが面白いです。

 

また、シャツのポケットフラップ形状に特徴があることから、最悪タグが紛失していても、こメーカーに関しては識別は容易かもしれません。

 

しかし2020年現在、本当にローデシア軍迷彩服は品薄で、見つけても小さいサイズか、とんでもなく大きいサイズしかありませんね。

 

しかも程度は悪いものが多いようです。

 

今から集めるのは、かなり困難かつ高額になる恐れがありますね。

 

実用ではなく、コレクションオンリーで購入するあなたは、海外のオークションにも注目してみましょう。

 

日本より品数が多いです。

 

でも、日本産のモデル品を当時の官給品として偽って出品している場合があります。

要注意ですね。

 

実用目的で購入を考えているあなたは、ぜひ国産(日本産)のモデル品を購入しましょう。

(東京の有名かつ老舗のS社製なら、忠実で比較的安価ですよ!)

 

今後も次第に入手困難になっていモデルです。

 

アクションは早めに起こしましょう!

(気長に待っていただけるなら、このモデルもオークションに出品する予定です。 )

 

今回は、比較的知られているメーカー製のローデシア軍迷彩服を分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220921更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他のローデシア軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

ローデシア軍のよく出来ている国産モデル品はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ローデシア軍 FAL チェストリグ TAN G3 M14 SA58 7.62x51 マガジンポーチ

ローデシア軍 FAL チェストリグ OD G3 M14 SA58 7.62x51 マガジンポーチ

フランス軍タイプ バックルブーツ(43 BLACK) ミリタリー ミリタリーブーツ コンバットブーツ

スポンサーリンク

雨のステイション

雨のステイション

  • 荒井由実
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes