いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

旧ローデシアの軍服 陸軍迷彩スモックとは?(その2) 0099 Rhodesia

こんにちは!

今回は、再度旧ローデシア軍の迷彩フィールドジャケットを分析します。

前回紹介したフィールドジャケットとは、僅かに違うものになります。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  旧ローデシアの軍服  陸軍迷彩スモックとは?(その2)

以前にもローデシア軍のフィールドジャケットを分析しました。

以前の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com 

今回は、私がコレクターになったばかりの頃に、東京の有名なミリタリーショップで購入したものです。

迷彩生地の色調や細部デザインが若干変わっています。

バリエーションでしょうか?

早速確認していきましょう!

2  スモックの全体及び細部写真です。

前面  着丈長いですね。
 f:id:akmuzifal6489:20190707120825j:image

 

背面  相変わらずステキな迷彩ですね。

迷彩の色調は、前回よりやや明るいです。
f:id:akmuzifal6489:20190707120833j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190707120846j:image

 

背面裏側  ライニングがベージュですね。
f:id:akmuzifal6489:20190707120803j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20190707120811j:image

 

サイズタグ  これまでのモデルと違うタグです。

メーカー名等はありません。
f:id:akmuzifal6489:20190707120806j:image

 

胸ポケット  2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190707120816j:image
f:id:akmuzifal6489:20190707120838j:image

 

腰ポケット  2個のボタンで開閉  ポケット口のゴムも内蔵されています。
f:id:akmuzifal6489:20190707120827j:image
f:id:akmuzifal6489:20190707120808j:image

 

エポレット   先端がクサビ型というのがこれまでのモデルと違っています。
f:id:akmuzifal6489:20190707120814j:image

 

ペンケース  4本用
f:id:akmuzifal6489:20190707120819j:image

 

肘には小判形の補強布を縫ってあった跡が。

購入時から綺麗に取り除いていてありましたよ。破損していたのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190707120844j:image

 

袖口  ボタンで開閉、調整
f:id:akmuzifal6489:20190707120849j:image

 

ドローコードはグリーンのナイロン製
f:id:akmuzifal6489:20190707120852j:image

 

脇の下にもライニングが。通気孔はありません。
f:id:akmuzifal6489:20190707120841j:image

 

ライニングの一部が、ポケットの力布を兼ねています。
f:id:akmuzifal6489:20190707120829j:image

 

ドローコードは、もしかしたら交換されているかも。

f:id:akmuzifal6489:20190707141403j:image

 

ボタンはカーキのイギリス軍タイプの皿形、
f:id:akmuzifal6489:20190707120822j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

前回分析したフィールドジャケットと大きく変わりません。

迷彩は、若干色調が明るいですね。

ベースのダークイエローは、むしろタンに近いです。

デザインは変わりませんが、肘に小判形の補強布が縫い付けられていた跡が残っています。

また脇の通気孔がなく、ライニングの生地はベージュです。

タグの形も、前回のモデルと違いますね。

サイズ表記は数字でイギリス系ですね。

もしかしたら旧ローデシア軍は、自国での迷彩服生産に加え、諸外国にも発注していたのかもしれませんね。

一定の規格に沿って作られてはいますが、細部にバリエーションが多いのがその理由です。

最早、解明できないかもしれませんが、いつか知りたいですね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造年又は契約年度     1970年代

 ・製造場所                       旧ローデシア

 ・契約会社                       旧ローデシア

 ・製造会社                             〃

 ・材質                              コットン

 ・表記サイズ                   4

 ・各部のサイズ(平置) 

                                     着丈  約87センチ

                                     肩幅  約46センチ

                                     身幅  約61センチ

                                     袖丈  約67センチ                             

 ・状態                         中古極上品

 ・官民区分                  官給品

 ・入手場所                  東京の専門店

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

ずっと見ていたいステキな迷彩ですね。

このジャケットは、実家を片付けていた時に、古い荷物の中から出てきました。

アメリカ軍M65フィールドジャケットのM–Rを着る私には、少々大きいです。

でも、大きいサイズは本当に少なくなりましたね。

また、見つけても高価です。

希少価値はありますが、現在の価格では、若いコレクターには手が出ないかもしれませんね。

この素晴らしい迷彩服を、未来に残していきたいですね。

誰でも入手できて、サバイバルゲームやコスプレ(ヒストリカルゲーム)なんかに使用できるように…。

…というわけで、このスモックをオークションに出品する予定です。

ヤフオクを観ててくださいね!

 

今回は、ちょっと違うバージョンのローデシア迷彩スモックを分析しました。

次回は、航空自衛隊のフライトジャケットを分析します。お楽しみに!

       ✳︎             ✳︎             ✳︎

京都福知山動物園の有名なお猿さん「みわ」ちゃん。

無事に見つかって良かったですね。

小さい頃、一生懸命ウリ坊に乗ってたのが可愛かったです。

(ウリ坊も可愛かったですね。)

今朝は雨が降っているので、イルカさんの名曲「雨の日の動物園」を思い出しました。

「みわ」ちゃんやイノシシさんも(暖かい)雨にぬれてるのかな?

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

付録  

家族で楽しめる自衛隊イベント

(予約なしで参加できます。)

 

9/16   航空自衛隊  

          小松基地航空祭(石川県)

      (ブルーインパルス参加予定)

9/21   海上自衛隊  

          八戸航空基地祭(青森県)

9/25   陸上自衛隊

          仙台駐屯地(宮城県)

          東北方面隊創隊59周年記念行事

9/28〜29  広島地本

           広島市外貿埠頭

           練習艦「やまゆき」一般公開

10/6   陸上自衛隊

          伊丹駐屯地 (兵庫県)

          中部方面隊創設59周年記念行事

10/20  航空自衛隊

           浜松基地(静岡県)

           エアフェスタ浜松2019

       (ブルーインパルス参加予定)