いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ドイツ軍迷彩の子孫!【ブルガリアの軍服】陸軍迷彩ユニフォーム(ライトグレイグリーンベースタイプ)とは? 0009 🇧🇬ミリタリー

今回は、1980年代のブルガリア軍迷彩服を分析します。

第二次大戦中のドイツ軍迷彩服の影響を受けていますね。

今回のモデルは、ベース色が明るいタイプになります。

全く使用感のないデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ブルガリア陸軍迷彩戦闘服(ライトグレイグリーンベースタイプ)とは?

この迷彩服を初めて見たのは、このブログでも度々話題にしております伝説のミリタリー雑誌「PXマガジン」内の記事でした。

 

ただし、ブルガリア軍ではなく、アフガニスタン軍ということでしたが。

(輸出していたのでしょうか?)

 

迷彩パターンを見てすぐ、「これは、大戦中のドイツ空軍空挺迷彩スモックのスプリンター迷彩の派生型だ!」と思いました。

 

大戦中のドイツ空軍空挺迷彩スモックの記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

 

以来ずっと探していましたが、最近やっと入手することができました。

 

ブルガリア軍のものだったのですね。

 

今回紹介するシャツ、トラウザースの他、カバーオール、フィールドジャケットも入手できました。

 

後日、分析したいと思います。

 

この迷彩は、1960年代から使用が確認できますが、パターンや色彩を微妙に変えて(マイナーチェンジ?)2000年くらいまで使用されていましたよ。

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、ブルガリア軍装備品マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  迷彩ユニフォームの全体及び細部写真

シャツ

前面  

前合わせはボタンのみ。

左右袖付け根付近のボタンに注意

f:id:akmuzifal6489:20190406093746j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190406093828j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190406093750j:image

 

背面裏側  

タック付き
f:id:akmuzifal6489:20190406093735j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20190406093815j:image

 

袖口裏側  袖を捲り上げた時に留めるストラップがあります。

オシャレですね。
f:id:akmuzifal6489:20190406093657j:image

 

右ポケット中央にマチ  ポケットフラップは中央のみ。  

ペンが差せる様にしてるのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190406093706j:image

 

左胸ポケットはオーソドックス
f:id:akmuzifal6489:20190406093702j:image

 

袖口

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190406093726j:image

 

エポレット

テーパーなしのラウンド型で小さいタイプ。
f:id:akmuzifal6489:20190406093743j:image

 

裾のスリットの頂部に意味不明なループが!

補強布の処理でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190406093806j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20190406093713j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190406093832j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190406093721j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190406093753j:image

 

背面裏側中央

ベルト付近  生地がいくらか余っていて、仕立て直しでサイズ調節可能?

f:id:akmuzifal6489:20190406093730j:image

 

後面裏側

ポケット付近の補強布
f:id:akmuzifal6489:20190406093810j:image

 

前面裏側ポケットにも補強布が見えます。
f:id:akmuzifal6489:20190406093819j:image

 

タグ  

シャツと同様ですが、上から3段目の数字が違いますね。
f:id:akmuzifal6489:20190406093717j:image

 

前面腰スラッシュポケットは、ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190406093709j:image

 

前合わせもジッパーです。

ベルトループは英軍式の幅広タイプでボタンで開閉。

やはりピストルベルト用でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190406093802j:image

 

側面

 左側膝のパッチポケット ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190406093823j:image

 

お尻のポケットは右側のみ。  右側の膝ポケットは、コンパートメントが前後二つに分かれていて、フラップは前側のみ。ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190406093758j:image

 

裾にゴム  昔のジャージみたいです。長靴を履く軍隊は、時々付いてますよね。 これなら裾がズレ上がることがないので安心です。
f:id:akmuzifal6489:20190406093738j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトグレイグリーン(明灰緑色?飴色?)にダークブラウンとダークグリーンで幾何学模様を描き、そのすき間に誰かがペンで試し書きしたようなダークグリーンの縦波線をプリントしてあります。

 

ブラウンとグリーンは独立していて、接する箇所はありません。

 

ある意味大胆な迷彩ですね。

(実際のフィールドで、どんな見え方をするのか気になりますね。)

 

スプリンター迷彩とダックハンター双方の効果を狙ったのでしょうか?

 

今回の迷彩服は、比較的明るい色調ですが、ベースのライトグレイグリーンがフィールドグレイのモデルもあります。

 

暗い色調ですね。

 

生地はコットンのツイルで、肌触りが良いです。

 

デザインは、シャツがエポレット付き、胸ポケット×2で、袖を捲り上げた時に固定するストラップが内側についています。

 

トラウザーズは、腰スラントポケット×2、ヒップポケット、膝ポケット×2で、スラントポケットはジッパーで開閉。

(珍しいですね。)

 

全体的な縫製は、とても丁寧かつ正確で、高い技術で仕立ててられています。

 

もしかして士官用なのでしょうか?

4  製造とサイズのデータ

・製造年又は契約年度 1989年

・製造場所      ブルガリア

・契約会社      ブルガリア

・製造会社       〃

・材  質      コットン

・表記サイズ     176/104

・各部のサイズ(平置)

            シャツ

           着丈 約76センチ

           肩幅 約52センチ

           身幅 約60センチ

           袖丈 約65センチ

            トラウザーズ

         ウエスト 約45センチ

           股上 約33センチ

           股下 約78センチ

           着丈 約109センチ

           裾幅 約20センチ

・状  態      デッドストック

・官民区分      官給品

・入手方法      ヤフオク

・入手難易度     3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

明暗がはっきりしていて、とてもメリハリの効いた迷彩ですね。

 

そしてやはり、微かにドイツの「スプリンター迷彩」の匂いがする迷彩服でした。

 

縦波線にどんな効果が隠されているか気になるところです。

 

そいえば、大戦中のドイツ国防軍や旧東ドイツ軍の迷彩には通称「レインドロップ」と呼ばれる縦線が入っている迷彩が多いです。

(チェコスロバキア軍やポーランド軍でもも採用していましたね。)

 

迷彩や装備では、他国より30年進んでいたと言われているドイツを参考にしてこの迷彩服が作られたなら、とても効果的な迷彩かもしれませんね。

 

サバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測などに使用してみると、面白いかもしれません。

(ちょっと街中では着用しにくい迷彩服ですね。上級者向けかも知れませんね。)

 

ところで、ブルガリア軍の迷彩服は、最近オークションでも頻繁に出品され、入手し易くなった感があります。

(それでも困難な状況ですが、ひと頃の状態がウソのようです。)

 

これを機会に、あなたも入手してみてはいかがでしょうか?

  

今回は、ずっと探していたブルガリア陸軍の迷彩ユニフォームを分析しました。

次回は、イギリス軍の迷彩服を紹介します。

お楽しみに!

参考:他のブルガリア軍装備はこちらです。⬇︎

🇧🇬ブルガリア(Bulgaria) カテゴリーの記事一覧

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

Twitterで見つけました。

 大戦中にブルガリア軍は、ドイツ軍の迷彩服を着用していたのですね。

 

これは空挺迷彩スモックですが、スモックの枯渇にともない、現行のスプリンター迷彩が採用されたのかもしれませんね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

桜ひらり

桜ひらり

  • 高野健一
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes