いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

自衛隊装備品 陸上自衛隊リバーシブル防寒外被(防寒外衣)完全版とは? 0311 🇯🇵 ミリタリー

こんにちは!

今回は、またまた陸上自衛隊のリバーシブル防寒外被(防寒外衣)を分析します。

上下同じ年代のもので、前回の専用ライナーとも符合するものです。

いくつか「おまけ」も集めてみましたよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  自衛隊装備品 陸上自衛隊リバーシブル防寒外被(防寒外衣)完全版とは?

以前、同じく陸上自衛隊のリバーシブル防寒外被(防寒外衣)を分析しましたが、諸事情で上衣のみの分析で終わりました。

以前の記事はこちらです。(シェルがOGの中期型でした。)⬇︎ 

www.military-spec-an.com

今回は、リベンジと言ってはなんですが、上下セットで分析します。

何故何回も同じものを?…そう思われるのも仕方ありません。

でもじつは、年代が新しいモデル(後期型)になります。

末期のモデルと言っても良いでしょう。

また驚くことに下衣は、劇的な改良が施されていましたよ。

(長年にわたる隊員の思いが反映されていました!)

今回のモデルは、おそらく既に用途廃止になったと思われますが、今回こうやって記録を残す事ができて、本当に良かったです。

さて、中期型と何が違うのでしょうか?

早速、上衣から確認していきましょう!

2  陸上自衛隊リバーシブル防寒外被(防寒外衣)完全版の全体及び細部写真

上衣

OG側前面

一見旧モデルとの違いはわかりませんね。

でも前身頃の  ダットファスナーに目が行きますね。

今回は、汚れが殆どありません。

f:id:akmuzifal6489:20200209190141j:image

 

OG側背面
f:id:akmuzifal6489:20200209190306j:image

 

ホワイト側前面

前身頃にストームフラップが、肩にはエポレットが追加されていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200209190347j:image

 

ホワイト側背面
f:id:akmuzifal6489:20200209190056j:image

 

前合わせは、ジッパーのみから、ダットファスナーとの併用に変更。
f:id:akmuzifal6489:20200209190327j:image

 

エポレット

テーパー付きのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20200209190137j:image

 

胸ポケットは従来通り左右にあります。

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200209190351j:imagef:id:akmuzifal6489:20200209190117j:image

 

腰ポケット

こちらも従来通り右側のみです。

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200209190036j:imagef:id:akmuzifal6489:20200209190217j:image

 

タグ①

1996年度契約品です。

タグは、両胸ポケット内にあります。
f:id:akmuzifal6489:20200209190339j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20200209190300j:image

 

ジッパーはOGの「YKK」で歯はプラスティックです。
f:id:akmuzifal6489:20200209190336j:image

 

裾のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200209190028j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200209190221j:image

 

中期型では別部品で首のダットファスナーが設けられていましたが、後期型ではフードと一体になっています。
f:id:akmuzifal6489:20200209190015j:image

 

袖は変わらず、ゴムを内蔵です。
f:id:akmuzifal6489:20200209190126j:image

 

フードも中期型と大きく変わりません。
f:id:akmuzifal6489:20200209190145j:image

 

OG側の腰ポケット

ちゃんとポケット口に折り返しがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200209190103j:image

 

OG側の裾とウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200209190256j:imagef:id:akmuzifal6489:20200209190122j:image

 

フード首元の  ダットファスナー
f:id:akmuzifal6489:20200209190040j:image

 

OG側袖口
f:id:akmuzifal6489:20200209190113j:image

 

ライナーとの着用例
f:id:akmuzifal6489:20200209190032j:imagef:id:akmuzifal6489:20200209190231j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

下衣

OG側前面

腰左右には二段階のホックがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200209190310j:image

 

OG側背面
f:id:akmuzifal6489:20200209190356j:image

 

ホワイト側前面
f:id:akmuzifal6489:20200209190052j:image

 

ホワイト側背面
f:id:akmuzifal6489:20200209190213j:image

 

タグ③
f:id:akmuzifal6489:20200209190100j:image

 

タグ④

1994年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20200209190226j:image

 

体側のジッパーは、フルジッパーに変更されていました!

これは着脱が容易ですね。

長年の隊員の理想が形になりました。

勿論、上下から開くダブルジッパーで、全開にすることもできます。
f:id:akmuzifal6489:20200209190210j:imagef:id:akmuzifal6489:20200209190154j:image

 

左右のフルジッパーとホックで開閉するため、ウエストは繋がっています。

ベルトループもあります。
f:id:akmuzifal6489:20200209190204j:image

 

ホワイト側にするとウエストのタブに、各タグが縫い付けてあるのが丸見えです。

(上衣で隠れますが…。)
f:id:akmuzifal6489:20200209190331j:image

 

おまけ①

最初期型の下衣

シェルのカラーがODです。

ウエストにはベルトループに加えて、ストラップ(紐)もありました。
f:id:akmuzifal6489:20200209190150j:imagef:id:akmuzifal6489:20200209190318j:image

 

最初期型のタグ

1969年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20200209190107j:image

 

最初期型〜中期型の一大欠点であった、膝下までしか開かないジッパー。

分厚く大きな防寒靴が、引っかかって下衣が脱ぎ難かったですよね。

しかし、後期型では改造されていました。
f:id:akmuzifal6489:20200209190314j:image

 

前合わせはジッパーとストラップです。
f:id:akmuzifal6489:20200209190110j:image

 

新旧シェルカラーの違い

左:後期型(OG:オリーブグリーン)

右:最初期型(OD:オリーブドラブ)

全く別のカラーですね。
f:id:akmuzifal6489:20200209190044j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェルのカラーは、中期型から続くOG(オリーブグリーン)です。

(おまけで最初期の下衣を載せました。色調やデザインの違いに注意です。)

生地はコットンからポリエステルとレーヨンの混紡に変更されています。

これで全体的な軽量化が図られていますね。

デザインは、一見中期型と大きく 変わりませんが、上衣はエポレット、ストームフラップが新たに追加されていますね。

下衣は、側面のジッパーがフルジッパーに変更されていました!

これで防寒靴を履いたままの下衣着脱が容易になりましたね。

(最初からこうすれば良かったですね。)

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1996年

                         下衣(1994年)

 ・製造場所                   日本

 ・契約会社                   日本

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          ポリエステル

                                      レーヨン

 ・表記サイズ                2

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)

                                         上衣

                                    着丈  約79センチ

                                    肩幅  約52センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約61センチ

                                       下衣

                        ウエスト 約31〜46センチ

                                   股上  約32センチ

                                   股下  約73センチ

                                   着丈  約103センチ

                                   裾幅  約24センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 神奈川県のイベント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

自衛隊の装備品は、正面装備のみならず、個人装備も一旦採用したら何十年もその仕様が変わらないことで有名でした。

(用兵思想や隊員の体格が変化しても…でした。)

でも、1990年代の迷彩服2型や戦闘装着セットの開発・支給後には、従来の装備も見直されたりしています。

今回のモデルも、従来のモデルから各部が変更されていました。

陸上自衛隊に何があったのでしょうか?

それはともかく、装備が使いやすくなるのは大歓迎ですね。

(あの頃、この装備だったら…。)

さて、せっかく改良された防寒外被(防寒外衣)ですが、最近の冬季演習の写真を見ると、全く使用されていませんね。

現在は、基本は迷彩防寒外被(防寒戦闘服外衣)を着用して、積雪地では薄いホワイトのポリエステル製のシェルパーカー(上下)を重ね着しているようです。

でも決して今回の改良が無駄になったわけではなく、ちゃんと現在の装備にも活かされていると思います。

いつか、それを確認したいですね。

今回のリバーシブル防寒外被(防寒外衣)も、敢えて一般の方が購入する必要性はありません。

しかし、自衛隊マニアの皆さんには、ぜひ探し出して入手して欲しいですね。

 

今回は、陸上自衛隊リバーシブル防寒外被(防寒外衣)完全版を分析しました。

次回は、アメリカ軍のフィールドジャケットを分析します。

お楽しみに!

参考:同じ形式又は同じ時代の陸上自衛隊防寒装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 

おまけ②

防寒面覆(ぼうかんめんおおい:目出し帽:バラクラバ)

前面

官給品はタグがあり、毛糸の色調も違うので、これはPX品でしょうか?

アクリル製
f:id:akmuzifal6489:20200209190238j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200209190024j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200209190408j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200209190323j:image

 

おまけ③

防寒手袋

甲面

ミトンタイプで、左右はストラップで繋がれています。
f:id:akmuzifal6489:20200209190133j:image

 

掌面
f:id:akmuzifal6489:20200209190020j:image

 

タグ

1981年度契約品です。

品名に注意
f:id:akmuzifal6489:20200209190246j:image

 

手のひらには皮革が縫い付けられていますよ。

これでキンキンに冷えた銃を触っても平気ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200209190401j:image

 

手首はバックルとストラップで絞りを調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20200209190242j:image

 

内側はアクリルのボアが。

昔のモデルは、ウサギさんの毛が貼ってありました💕

(昔のモデルが欲しいですね!)
f:id:akmuzifal6489:20200209190049j:image

 

手の甲には変な物体が!
f:id:akmuzifal6489:20200209190130j:image

 

これは人差し指だけ独立して動かせるようにしたものです。

用途は勿論「トリガー:引き金」を引くため。

(普段はボアがないので使用しません。)
f:id:akmuzifal6489:20200209190252j:image

 

ストラップはループに連結させて縫い付けられています。(可動)
f:id:akmuzifal6489:20200209190234j:image

ペアでキャメルカラーの防寒手袋(軍手に類似)がありました。

まずそれをつけて、その後この大手袋を装着します。

(ですが、導爆線などを結んだりする場合は面倒なので、素手のうえに大手袋をつけてましたね。)

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

昨日の夕食は、家族で近所の回るお寿司屋さんへ行ってきました。

駐車場の車のナンバーをみると、かなり遠くから来ている人も!

地元由来のお寿司屋さんで、我が家では行きつけだったのですが、じつは有名なお店だったんですね。

大手チェーン店ほど華やかさはないですが、とても美味しいお店です。

地元の良さを再認識した夕食でした。

地元のお店…大切にしたいですね!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク