いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】陸軍M41フィールドジャケットとは? 0312 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の古いフィールドジャケットを分析します。

採用された当時は、それまでの常識を覆す画期的なジャケットでした。

諸事情で、今回はモデル品になります。

でも、とてもよくできていますし、官給品の問題点を克服していますよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍M41フィールドジャケットとは?

古今東西、世界の軍服を見ていると、面白い事がわかります。

第二次世界大戦くらいまでは、多くの国における戦闘時の服装は「制服」、自衛隊で言う「常装」でした。

一般的なサラリーマンの服装に例えると、スーツ上下で戦闘していたような感じです。

昔はこれが常識でした。

しかし、塹壕(ざんごう:戦場に掘られた兵士が行き交う溝)での活動や匍匐(ほふく:敵弾に当たらないよう這いつくばって移動すること)でいつも制服は汚れてしまいます。

(映画1917参照)

そこで発達してきたのが、防水処理されたコットン製のコートでした。

制服の上に着用して、制服の汚れを最小限にしたのですね。

(これが後のトレンチ(塹壕)コートです。今ではファッションアイテムですよね。)

第二次大戦中の主要国は、こんな感じで概ね装備は共通していました。

しかし、アメリカ軍は全く違っていました。

大戦前から戦闘に特化した「戦闘服」を開発し、国内でテストしていました。

それが、M36フィールドジャケットです。

しかし、いくつかの問題点があってそれを改良したモデルが、1941年に採用されました。

それが今回のM41フィールドジャケットです。

前作より軽量化を図り、防寒性、量産性を向上させたこのモデルは、次のM43フィールドジャケットが支給された以降も使用された、当時としては傑作ジャケットでした。

さてどんなフィールドジャケットなのでしょうか?

早速確認していきましょう!

2  アメリカ陸軍M41フィールドジャケットの全体及び細部写真

前面

当時アメリカにあった紳士用の軽い衣類に似ていますね。

f:id:akmuzifal6489:20200207174413j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200207174428j:image

 

前面裏側

ライニング(裏地)はウールフランネルと呼ばれる、薄い毛布のような生地です。

(今回のモデルは、アクリルです。)

脇の下は
f:id:akmuzifal6489:20200207174454j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200207174446j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20200207174458j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20200207174424j:image

 

エポレット

テーパー付きのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20200207174508j:image

 

腰ポケット

ポケット内の生地は生成りです。
f:id:akmuzifal6489:20200207174442j:image
f:id:akmuzifal6489:20200207174419j:image

 

脇の下は、特殊な裁断です。
f:id:akmuzifal6489:20200207174513j:image

 

袖はシンプルな筒で、ストラップとボタンで調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20200207174431j:image
f:id:akmuzifal6489:20200207174505j:image

 

背中にはアクションプリーツが!
f:id:akmuzifal6489:20200207174439j:image

 

裾左右には、絞りを調整するタブとボタンが。

ボタンの雰囲気はまあまあ。
f:id:akmuzifal6489:20200207174435j:image

 

ジッパーは黒染めされた「IDEAL」です。
f:id:akmuzifal6489:20200207174501j:image

 

襟はチンストラップで立てる事ができます。

ボタンは現在のプラスティック製ですが、当時のボタンに似せてあります。

f:id:akmuzifal6489:20200210213422j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ陸軍M41フィールドジャケットの特徴とは?

シェルはカーキのコットンでポプリンと呼ばれる、薄い生地です。

(後に、カラーは違いますが、ジャングルファーティーグに使用されましたね。)

当時の生地を、とてもよく再現していますよ。

ライニングはウール製で、薄い毛布のような生地でできています。

(ウールフランネルと呼ばれています。)

…ですが、今回のモデルは、モデル品なのでここはアクリル製です。

これは有難いですね。

デザインは、1940年代にアメリカにあったウインドブレイカーやスイングトップと呼ばれる、軽い上着に似ています。

丈が短くとてもシンプルで、ポケットは左右の腰ポケットのみです。

内ポケットもありません。

4  アメリカ陸軍M41フィールドジャケットの製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1990年代

 ・製造場所                   日本

 ・契約会社                   日本

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

                                      アクリル

 ・表記サイズ                38

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)

                                    着丈  約65センチ

                                    肩幅  約47センチ

                                    身幅  約56センチ

                                    袖丈  約56センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク


SESSLER(セスラ) M-41 FIELD JACKET WW2 フィールドジャケット 【中田商店】 A-1941

スポンサーリンク

5  アメリカ陸軍M41フィールドジャケットまとめ

昔々、アメリカのTV番組で「コンバット」という、第二次大戦中のアメリカ軍兵士のドラマがありました。

その番組で、ビッグ・モロー演じる「サンダース軍曹」他が、このジャケットを着ていました。

(惜しい人を亡くしました。)

近年では、映画「プライベートライアン」でトム・ハンクス演じるミラー大尉他が着ていましたね。

第二次大戦のアメリカ軍を再現する上では、欠かせないジャケットと言えます。

そんな代表的なジャケットでしたが、実戦を経て、いくつか不具合点が発覚します。

それは、

 ・ライニングがウールであったため、洗濯で縮んだ

 ・シェルの生地が薄すぎて、すぐに擦り切れたり、破れたりした

 ・シェルの色調がカーキで目立つ

 ・ポケット数、容量とも少ない

でした。

しかし、この欠点が後のM43フィールドジャケットの登場を促すことになったのは面白いですね。

でも、結局M43フィールドジャケットの支給が遅れたため、大戦を通じて活躍したジャケットでした。

さて、今回のモデルですが、官給品の欠点であったウールのライニングをアクリルに変更されています。

ここは当時に忠実ではありませんが、これで家庭の洗濯機でも洗えるようになりました。

実用に適したモデルと言えます。

(ただ、シェルのポプリンはそのままなので、擦り切れに弱いのはそのままですね。)

外観も正確なので、ヒストリカルゲームでは普通に使えそうですよ。

モデル品なので、ガンガン着られるのも魅力ですね。

一方、程度の良い当時の官給品は、現在とても高価で取引されています。

数も減ってきていていますが、将来を考えるなら官給品の入手は不可欠ですね。

購入する場合は、モデル品、官給品に限らず、ワンサイズ大きく造られていることに注意してください。

また、アメリカ海軍もよく似たデザインのデッキジャケットを採用しています。

シェルのカラーがOD(オリーブドラブ)で、左胸に「USN」とステンシル(又はスタンプ?)でプリントされていますので識別は容易ですよ。

 

今回は、アメリカ軍が第二次大戦とほぼ同時に採用したフィールドジャケットを分析しました。

次回も、アメリカ軍のフィールドジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:第二次大戦中のアメリカ陸軍の装備品はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

今日で連休も終わって明日から仕事です。😞

本日中にバイクで単身赴任宿舎へ帰るのですが、天気が良くてラッキーですね。😃

今回は、途中にあるインドカレー屋さんで夕食をいただく予定です。

しかし気まぐれな店なので開いているかどうか…。

(Googleマップは…載ってないし!)

もし開いていなければ…宿舎でインスタントラーメンが私を待っています!😃

明日からも頑張るぞ!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コンバット!

コンバット!

  • シエナ・ウインド・オーケストラ
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes