いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【国籍不明】フィンランド型迷彩戦闘服とは? 0411 Unknown ミリタリー

こんにちは!

今回は、フィンランド軍の迷彩に酷似した生地で製造された迷彩服を分析します。

この迷彩服も、どこの国のものか不明です。

ご存知の方がいらしたら、教えて欲しいところです。

今回も、デッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  国籍不明フィンランド型迷彩戦闘服とは?

今回のモデルは、海外のネットオークションで入手しました。

出品者の商品説明によると、フィンランド軍とのことでしたが、迷彩生地以外はそれらしい特徴はありませんでした。

正体不明ながら、入手できれば儲けもの…とばかりに、軽く入札しておいたら運良く落札できましたよ。

(入札者ゼロ!おそらく、みんな用心したのでは?)

そして送られてきた商品には、やはり製造を示すタグやスタンプはなかったですね。

乏しい知識を導入して、デザインの共通点も探してみましたが、特定には至りませんでした。

とても興味深いです。

フィンランド軍(一部のロシア軍)迷彩に似ていることから、やはり北欧または東欧のどこかの軍隊の戦闘服だと思うのですが…。

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

フィンランド軍マニアのみならず、迷彩服コレクションベテランのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  国籍不明フィンランド型迷彩戦闘服の全体及び細部写真

前面

迷彩の影響で、ポケットなどが判別し難いですね。

f:id:akmuzifal6489:20200414145118j:image

 

背面

美しい迷彩ですね。

色調は、やはり大戦中のドイツ武装親衛隊迷彩に似ています。

f:id:akmuzifal6489:20200414145016j:image

 

前面裏側

内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20200414145109j:image

 

背面裏側

迷彩は、裏側には殆ど透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20200414145122j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200414145020j:image

 

襟はチンストラップで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200414145058j:image

 

左胸ポケット

角度が付いていてマジックテープで開閉

マジックテープの使い方が独特ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200414145024j:image
f:id:akmuzifal6489:20200414145131j:image

 

右胸ポケット

パッチポケットの下に垂直ジッパーで開閉するポケットあり。
f:id:akmuzifal6489:20200414145007j:image

 

袖ポケット
f:id:akmuzifal6489:20200414145138j:image
f:id:akmuzifal6489:20200414145102j:image

 

 

 


f:id:akmuzifal6489:20200414145127j:imagef:id:akmuzifal6489:20200520131845j:image

 

袖口もマジックテープで調整・開閉
f:id:akmuzifal6489:20200414145134j:image

 

袖の補強生地下部はマジックテープがあって開放できます。

f:id:akmuzifal6489:20200520152335j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20200414145054j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200414145003j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200414145143j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200414145113j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20200414144959j:image

 

右側面
f:id:akmuzifal6489:20200414145041j:image

 

左右のウエスト部分にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20200414144955j:image

 

膝のカーゴポケット
f:id:akmuzifal6489:20200414145031j:image
f:id:akmuzifal6489:20200414145036j:image

 

膝補強生地の下にある小ポケット

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200414145045j:image
f:id:akmuzifal6489:20200414145049j:image

 

臀部には四角い補強生地あり。
f:id:akmuzifal6489:20200414145027j:image

 

膝の補強生地も、下部がマジックテープで開きます。

ここには衝撃吸収のパットを挿入します。
f:id:akmuzifal6489:20200414145106j:image

裾にはドローコードあり。

コードを通す穴は、刺繍のボタンホールタイプ。

f:id:akmuzifal6489:20200520152625j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  国籍不明フィンランド型迷彩戦闘服の特徴とは?

迷彩は、ライトブラウンをベースに、濃淡2色のグリーン、チャコールグレイで斑点、葉、雲型を描いています。

一見デジタル迷彩のように見えますが、各色の縁がギザギザになっているだけですね。

 

生地は厚いツイルで、重量があります。

防風性能もあるようですね。

冬用でしょうか?

 

デザインは、ジャケットがエポレットなし、胸ポケット×3、袖ポケット×1で、襟はチンストラップで立てることができます。

トラウザースは、左右の腰にスラントポケット、膝にカーゴポケットがあります。

ジャケットの肘、トラウザースの膝には補強生地があって、いずれも下部がマジックテープで開きパットを挿入することができます。

(今風ですね。)

 

全体的に造りは堅牢で、縫製は丁寧です。

レベルの高い戦闘服と言えます。

 

これがもし、フィンランド軍の官給品なら、然るべきタグが全くありません。

(外した痕もなし。)

いったいどこの国のものなのでしょうか? 

4  国籍不明フィンランド型迷彩戦闘服の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     不明

 ・製造場所                   不明

 ・契約会社                   不明

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                不明

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約76センチ

                                    肩幅  約49センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約59センチ

                             ウエスト  約44センチ

                                    股上  約32センチ

                                    股下  約76センチ

                                    裾幅  約24センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 不明

 ・入手場所                 海外オークション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  国籍不明フィンランド型迷彩戦闘服まとめ

今回のモデルは、生地は厚いものの真面目な縫製で、好感のモデル戦闘服ですね。

これは使えそうです。

 

ただ日本の夏には少々蒸しそうですね。

 

この迷彩は、日本でも十分な効果が期待できますね。

細かくメリハリのある迷彩は、積雪期以外ではオールラウンダーと言えそうです。

サバイバルゲームはもちろんのこと、狩猟、野鳥観測、そして釣り(?)にも使えそうですね。

この迷彩生地のフィールドジャケットやパーカーが欲しいですね。

とても魅力的なアイテムです。

 

惜しむらくはこの戦闘服も、日本では全く見かけないことですね。

そもそも、製造場所すらわからないので、追跡しようがないです。

でも、諦めずサンプルを探してみたいですね。

 

今回のモデルは、傑作です。

もし見つけたら、万難を排して購入しておきましょう!

  

今回は、国籍不明ながら素晴らしい戦闘服を分析しました。

次回は、フィリピンの迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の国籍不明迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

私の住んでる地方では、「激レアさんを連れてきた。」という番組が夕方放映されます。

本日も放映されました。

今回のゲストさんは、店員がヤンキーばかりで負債4億円のスーパーを見事に立て直した人だったのですが、その人が最後に言いました。

「いつか我々を必要としてくれる人がきっと現れる。その時のために技を磨いておけ!」

良い言葉ですね。

私には、「君のブログは、今は誰にも読まれていないけど、いつかきっと必要な人に読まれる時が来る。だから腐らず内容を充実させろ!」

と言ってくれてる気がしました。

ちょっと元気がでた夕方でした。😃

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LET IT OUT

LET IT OUT

  • 福原 美穂
  • R&B/ソウル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes