いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

熱帯用です!【ポルトガルの軍服】陸軍迷彩シャツ(DPM・半袖タイプ)とは?0888 🇵🇹 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211002185305p:plain

今回は、1990年代のポルトガル陸軍迷彩シャツを分析します。

ポルトガル軍といえば、リザード迷彩が有名ですね。

でも今回のモデルはDPMになります。

なんとデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  ポルトガル陸軍迷彩シャツ(DPM・半袖タイプ)とは?

洋の東西を問わず、軍隊や軍事組織における熱帯衣料の開発には少々頭を悩ませる国が多いようです。

 

素人的には「暑ければ薄い生地で半袖・半ズボンにすればいいでしょ!」なんて考えてしまいますが、実はそう簡単にはいきません。

 

確かに半袖・半ズボンは製造コストが抑えられ、通気性も確保できることから身体の放熱も可能ですね。

 

しかし腕や足がむき出しで、ちょっとしたことでも損傷を受けやすいです。

(熱帯雨林などでは害虫の存在も無視できません。(虫だけに…😓))

 

何よりせっかく迷彩服を着ているのに効果が半減されますよね。

(肌が露出するのは、赤外線暗視装置対策でも問題ありです。)

 

そのため、多くの軍隊では砂漠用や熱帯用でもいわゆる「長袖・長ズボン」を標準装備としています。

 

でも比較的気温が高く乾燥している国では。意外に半袖・半ズボンを支給している場合が多いですね。

 

ポルトガル軍も以前から(少なくとも)半袖の迷彩シャツを支給していました。

 

今回のモデルは、そんなポルトガル軍が近年に支給したDPM迷彩シャツになります。

 

それまでのリザード迷彩の次に採用された一連の迷彩装備の一つですね。

 

さてさて、それはどんな迷彩シャツなのでしょうか?

 

今回はポルトガル軍装備マニアのみならず、DPMマニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  迷彩シャツの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20211003062748j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20211003062812j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211003062757j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211003062801j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20211003062815j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20211003062819j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20211003062754j:image

 

エポレット

テーパーなしのクサビ型
f:id:akmuzifal6489:20211003062733j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉

中央にプリーツ付
f:id:akmuzifal6489:20211003062736j:imagef:id:akmuzifal6489:20211003062808j:image

 

襟元から脇の下にかけて独特のステッチ。
f:id:akmuzifal6489:20211003062805j:image

 


f:id:akmuzifal6489:20211003062730j:imagef:id:akmuzifal6489:20211003062751j:image

 

背面上部に水平のステッチ
f:id:akmuzifal6489:20211003062739j:image

 

ポルトガル軍官給品ボタン

ODのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20211003062742j:image

 

迷彩パターン

DPMなのですが、本家イギリスのパターンとは僅かに違っていますね。
f:id:akmuzifal6489:20211003062746j:image

 

生地はリップストップです。
f:id:akmuzifal6489:20211003062821j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩はイギリス軍発祥のDPMです。

 

でもオリジナルとは一部迷彩パターンが違っていますね。

(製造誤差かもしれません。)

 

配色は、タンの生地にグリーン、ブラウン、ブラックを用いて、刷毛で丸く塗ったようなパターンをプリントしています。

 

生地はコットンとポリエステル混紡ツイルのリップストップですね。

 

細い糸で編まれていてとても肌触りが良ク丈夫でね。

 

軽量で通気性がよく、水濡れ時の乾燥も早そうですよ。

 

デザインはエポレット付き、胸ポケット×2、半袖ですが、襟から脇下にかけて独特の縫製がされています。

 

全体的な縫製はとても正確かつ丁寧でレベルの高い仕立てですね。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     ポルトガル

・契約会社     ポルトガル

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    42

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約76センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約62センチ

          袖丈 約26センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     京都の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

とても着やすいシャツですが、やはり半袖なので蚊や毛虫の多い日本のフィールドや山岳地帯では少々難がありそうです。

 

迷彩効果は定評のあるDPMなので、防虫に工夫して夏場のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、登山、キャンプなどに使用できそうですね。

 

でも危害予防の観点から、むしろ街中でファッションとして使用するのがベストかもしれません。

(見ようによっては「アロハシャツ」や「かりゆしウェア」に見えなくも…ないでしょうか?)

 

ところがこのブログを始めた頃は大手通販サイトでも取り扱っていましたが、現在はハットやトラウザーズを残し、全て売れてしまったようです。

(残ったアイテムも小さいサイズですね。)

 

現在では、大手通販サイトどころかオークションやフリマでも見当たりません。

 

コレクションしたいあなたは、大手SHOPの片隅や古着屋さんを探してみましょう!

 

私は同じ迷彩生地の空挺スモックを探したいと思います。

 

今回は、珍しいポルトガル軍の熱帯用迷彩シャツを分析しました。

次回は、イギリス軍のジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他国の半袖迷彩服に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他のポルトガル軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

🇵🇹ポルトガル(Portugal) カテゴリーの記事一覧 - いつだってミリタリアン!

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ワールドサープラス ポルトガル軍 迷彩パンツ

新品◆実物 ポルトガル軍 カモフラージュ ジャングルハット リップストップ生地♪迷彩 軍物 ミリタリー 登山 キャンプ アメリカ 帽子 ストリート アーミー アウトドア

スポンサーリンク

夜に駆ける

夜に駆ける

  • YOASOBI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
大正浪漫

大正浪漫

  • YOASOBI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
群青

群青

  • YOASOBI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes