いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

戦士の休息!【イタリア軍装備品】空軍コーヒーカップ&ソーサー(トニャーナ社製)とは?0840 🇮🇹 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210815133830p:plain

今回は、1990年代のイタリア空軍のコーヒカップ&ソーサーを分析します。

カプチーノ用でしょうか?

イタリアを代表する有名なメーカー製ですね。

普段使用している中古品ですが、程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  イタリア空軍コーヒーカップ&ソーサー(トニャーナ社製)とは?

多くの場合、軍で使用するあらゆる官給品は、その目的に応じて専用に開発されたものが多いですね。

 

例えば、大きいものでは戦車、戦闘艦、戦闘機。

 

小さいものでは、衣類やバッグなど。

 

各国の技術や思想を反映させた独自デザインの装備は、とても機能的かつ効果的で、耐久性も高いものが多いですね。

 

反面開発や量産にかかるコストなどで、単価は市販品より桁違いに高くなる場合もあります。

 

各国はその単価を抑えるために、大量に発注するとともに、製品そのものを輸出したり余剰の製品を払い下げたりして、なんとか総合的な単価を抑えようとする場合が多いですね。

 

今回のモデルは、イタリア空軍が同国の有名窯元に発注した製品で、官給品になります。

 

でも理由は不明ですが、現在多くが未使用の状態で払い下げられていて、日本でも入手できるようになりましたね。

 

払い下げ品とはいえ、一国の官給品が(良心的なお店なら)安価に入手できるのは、とても嬉しいですね。

 

それも伝統的な空軍なら大歓迎です!

 

さてさて、それはどんなコーヒーカップ&ソーサーなのでしょうか? 

 

今回は、イタリア空軍マニアのみならず、イタリア製食器コレクターのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  カップ&ソーサーの全体及び細部写真

全体

f:id:akmuzifal6489:20210815135859j:image

 

カップ

左側面

下部が小さくなっていて、カップを重ねることができます。

側面には空軍マークが!
f:id:akmuzifal6489:20210816093355j:image

 

右側面

ハンドルは指が一本入るサイズ
f:id:akmuzifal6489:20210816093404j:image

 

上面
f:id:akmuzifal6489:20210815135851j:image

 

底面
f:id:akmuzifal6489:20210815135912j:image

 

製造メーカープリント

主婦に人気のあるメーカーですね。
f:id:akmuzifal6489:20210815135920j:image

 

ソーサー

上面

ソーサーにも空軍マークあり!

f:id:akmuzifal6489:20210815135855j:image

 

底面
f:id:akmuzifal6489:20210815135916j:image

 

ソーサースタンプ
f:id:akmuzifal6489:20210815135844j:image

 

おまけ

今回のモデルと違うメーカーです。

こちらも有名ブランドですね!
f:id:akmuzifal6489:20210815135904j:image

 

同じようなデザインのカップですが、2社で僅かに仕様が違っていますよ。

(直径、底面の面積、高台の処理、ハンドルの太さなど)
イタリアらしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20210815135847j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210816110357p:plain

材質は磁器で、型抜きで製造されています。

 

表面にはホワイトの釉薬が塗られていて、マーキングは濃いブルーですね。

 

カップ、ソーサーとも、ラインと空軍のマークがプリントされていますよ。

 

カップの下部に段差があり、同じカップなら重ねておくことも可能です。

 

ソーサーは一般的なものですね。

 

因みに英語では、各サイズのお皿を

 

 大皿:プレート

 小皿:ディッシュ

 受皿:ソーサー

 

と言います。

(いわゆる「フライングソーサー」は、「空飛ぶ受け皿」だったのですね!)

 

また、イタリア語でソーサーを

 

「ピアッティーノ」

 

というらしいです。

 

話を戻して、カップの容量は、某メーカーのドル◯ェグスト一杯分がジャストですね。

(専用のカップなのでは?…と思ったくらいです。)

 

全体的な造りは、さすがイタリアの一流メーカー(?)整で、丁寧な仕事がなされていますが、個体によって少々バラツキがありますね。

 

また、このカップ&ソーサーは、当然ながら複数のメーカーが製造しています。

4  製造とサイズのデータ

f:id:akmuzifal6489:20210816111313p:plain

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     イタリア

・契約会社     イタリア

・製造会社      〃

・材  質     磁器

・各部のサイズ    カップ

          直径 約88ミリ

          深さ 約58ミリ

           ソーサー

          直径 約160ミリ

          深さ 約22ミリ

・カップ容量    約200ml

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     神戸の専門店

・入手難易度    1(容易)   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210816110650p:plain

一国が命運(?)をかけて開発した官給品には、とても優れた製品が多く、かつ市販品にはない独特の魅力がありますね。

 

そんな官給品が払い下げられる場合には、二束三文というのは信じられないことですよ。

(国もマニアもWIN WIN?)

 

マニアやコレクターは、そこに魅力を感じて「沼」に足を踏み入れることが多いようです。

 

勿論、払い下げられるもの全てが未使用ではありませんが、中古品は中古品の魅力があったりします。

 

でも、できるなら口にするものは、未使用品が欲しいところですよね。

 

そういう意味では、今回のコーヒーカップ&ソーサーは、コレクションにも実用にも最適なものといえます。

 

また、海軍(特にアメリカ)用のセットは多く見掛けますが、空軍ものは少ないですよね?

 

珍しい一品ともいえます。

 

ただ、イタリア(軍)の様式なので、使用には少々慣れが必要ですね。

(幅広で底が浅く、ハンドルの小さいタイプなので、通常のコーヒーカップとは少々使い勝手が違います。)

 

嬉しいことに、現在大手通販サイトでも取り扱っていて、いつでも誰でも入手可能ですよ!

 

この秋から冬にかけては、このカップ&ソーサーでコーヒーを楽しんでみませんか?

(ミリタリー好きな来客用にも!)

 

私は、同国軍のもっと容量の小さい(カプチーノ用?エスプレッソ用?)のカップ&ソーサーを購入…してもよろしいでしょうか?(←…って誰に許可を求めてるの?勿論…)

 

首尾よく入手できたら、後日記事にしたいですね。😃

 

今回は、小粋なイタリア空軍のコーヒーカップ&ソーサーを分析しました。

次回は、アメリカ軍のナイフを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のイタリア空軍関連記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎ 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【 イタリア軍放出 】 A. M.I.コーヒーカップ&ソーサデットストック 【 未使用 】 【 デットストック 】 ホビー エトセトラ ミリタリー その他のミリタリー top1-ds-693718-sd5-ah [独自簡易包装]


イタリア軍放出品 エスプレッソカップ&ソーサー 食器 並品

デロンギ コンパクト全自動エスプレッソマシン ディナミカ ECAM35015BH

デロンギ 全自動コーヒーマシン エレッタ カプチーノ ECAM44660BH

スポンサーリンク

時には昔の話を

時には昔の話を

  • 加藤登紀子
  • 歌謡曲
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes