いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

美しい試作品!【ドイツの軍服】陸軍迷彩シャツ(試作フレックパターン) とは?0839 🇩🇪 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210815120257p:plain

今回は、1990年代のドイツ陸軍迷彩シャツを分析します。

フレック迷彩が日本で出回り出した頃に、並行して輸入されましたね。

試作のフレック迷彩という説もあります。

中古ですが、使用感の殆どない極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ドイツ陸軍迷彩シャツ(試作フレックパターン)とは?

f:id:akmuzifal6489:20210815120410p:plain

第二次大戦で多くの素晴らしい迷彩服を量産・支給したドイツ。

 

でも戦後は、一転して装備の迷彩化や支給にはあまり積極的ではありませんでした。

 

実際に採用されていた1950年代の迷彩服はすぐに廃止、以降はヘルメットカバーやテントの一部に迷彩生地が使用される程度でしたね。

 

それでも、細々と迷彩の研究はしていたようです。

 

そして1980年代には、かつての迷彩大国復活を思わせるような素晴らしい迷彩が開発・量産化されました。

 

それが現用の「フレックパターン迷彩」です。

 

そして、この迷彩にはいくつかの試作パターンが存在していましたよ。

 

今回のモデルは、その試作パターンと呼ばれる迷彩生地を用いて製造されたシャツになります。

 

量産型とは違った、明るい色調が美しい迷彩ですね。

 

さてさて、それはどんな迷彩シャツなのでしょうか?

 

今回は現用ドイツ軍装備マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  迷彩シャツの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20210814110215j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210814110239j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210814110200j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210814110152j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210814110219j:image

 

タグ①

手前の小さいタグは、或いは輸入業者が取り付けたものかもしれません。
f:id:akmuzifal6489:20210814110247j:image

 

タグ②

官給品なのですが、NSN(国際物品番号)が記載されていませんね?
f:id:akmuzifal6489:20210814110243j:image

 

エポレット

テーパーなしのラウンド型です。
f:id:akmuzifal6489:20210814110235j:image

 

右胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210814110231j:imagef:id:akmuzifal6489:20210814110211j:image

 

左胸ポケット

ポケとフラップには…
f:id:akmuzifal6489:20210814110156j:image

 

ペン用のスリットが!(2本用)
f:id:akmuzifal6489:20210814110146j:image

 

テーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20210814110223j:imagef:id:akmuzifal6489:20210814110141j:image

 

袖口はボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210814110252j:image

 

両袖の国籍マーク
f:id:akmuzifal6489:20210814110203j:image

 

迷彩パターン

量産型フレック迷彩より明るい色調ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210814110227j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210815120459p:plain

迷彩は、ホワイトの生地に濃淡三色のグリーン、ブラウン、ブラックを用いて、様々な大きさの斑点を描いています。

ブラックとブラウンはともかく、その他のカラーは色調が明るく面積も広いですね。

 

そのため量産型フレック迷彩より、明暗のコントラストが強いですね。

 

迷彩比較

今回のモデル

ドイツ陸軍迷彩シャツ(試作フレック迷彩)

 

量産型フレック迷彩(ジャケット)

現用ドイツ軍量産型フレック迷彩ジャケット

 

生地はコットンの平織で、薄く通気性が良いです。

デザインは、かつてのOD装備時代に支給していたシャツと同じデザインですね。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2で、左胸ポケットフラップにはペン用のスリットがあります。

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、上質な仕立てです。

4  製造とサイズのデータ

f:id:akmuzifal6489:20210815120911p:plain

・製造又は契約年度 1990年

・製造場所     ドイツ

・契約会社     ドイツ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    4

         (日本人のL〜XL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約81センチ

          肩幅 約46センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     大阪の専門店

・入手難易度    3(困難)    

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210815121507p:plain

今回のモデルの迷彩パターンは、記憶の限りではこのシャツタイプしかありませんでした。

 

このシャツはもしかしたら夏季用として実際に採用する予定だったのかもしれません。

(パターンは明らかに夏用ですよね。)

 

でも何らかの理由で、採用は見送られたため、全て払い下げられたのではないでしょうか?

 

…というのも、1990年当時は、日本にもかなりの数が輸入されていたからです。

(目視で確認!)

 

採用されなかった理由は、定かではありませんがおそらくドイツ的合理精神からではないでしょうか?

 

それはともかく、かつてはどこにでもあった今回のモデルも、2021年現在では極端に品薄状態になってしまいました。

 

コレクションしたいあなたは、店舗ではなくネットのオークションやフリマで探すしかないようです。

 

でも、まだ新しい装備なので見つかる確率は高いです。

 

諦めず探してみましょう!

 

今回は、明るい色調のドイツ陸軍め迷彩シャツを分析しました。

次回は、イタリア軍の食器を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の現用ドイツ陸軍に関する装備の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パンツァー・リート

パンツァー・リート

  • 浜口史郎
  • サウンドトラック
  • provided courtesy of iTunes