いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ノルウェーの軍服】陸軍M85迷彩スモックとは? 0376 🇳🇴ミリタリー

こんにちは!

今回は、北欧ノルウェーの迷彩服を分析します。

比較的新しい迷彩服です。

一般の方が考える典型的な迷彩パターンとは、こういうものなのでは?

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1 ノルウェー陸軍M85迷彩スモックとは?

1905年にスウェーデンから無血独立を果たしたノルウェーですが、第二次大戦中の1940年にはドイツ軍に占領されてしまいました。

ドイツの敗北で、再度独立を果たすことができましたが、国防の重要性を再認識して、現在でも徴兵制を採用していますね。

(女性も徴兵されるようですよ。)

現在ノルウェー軍の戦車はドイツのレオパルド 、戦闘機はアメリカのF–35を採用するなど、かなり強力な軍事力を持っていることで有名です。

そんなノルウェー軍の個人装備品は、アメリカの影響を大きく受けていますね。

今回のモデルも、何処かで見たデザインのスモックになっていますよ。

さてさて、どんな迷彩スモックなのでしょうか?

迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう! 

2 ノルウェー陸軍M85迷彩スモックの全体及び細部写真

前面

一見、アメリカ軍のM43ジャケットに似ていますね。

f:id:akmuzifal6489:20200415123020j:image

 

背面

右下のパーツに注意
f:id:akmuzifal6489:20200415123402j:image

 

前面裏側

フルにライニングがあります。

ライナー用のボタンなどはありません。
f:id:akmuzifal6489:20200415122929j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200415123031j:image

 

前合わせはジッパーと  ダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20200415123211j:image

 

タグ

シンプルだけどサイズがわかりやすいですね。
f:id:akmuzifal6489:20200415123116j:image

 

所々にあるスタンプ

意味は何でしょう?
f:id:akmuzifal6489:20200415123415j:image
f:id:akmuzifal6489:20200415123104j:image

 

襟はチンストラップとボタンで立てることができます。

レイアウトは、M43そのものですね。
f:id:akmuzifal6489:20200415123232j:image

 

エポレットは僅かなテーパー付きのクサビ型です。

ボタンはグリーンの古いアメリカ軍タイプ
f:id:akmuzifal6489:20200415123330j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200415123043j:image
f:id:akmuzifal6489:20200415123256j:image

 

腰ポケット

こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200415133254j:image
f:id:akmuzifal6489:20200415123052j:image

 

ナスビ型の補強生地あり。
f:id:akmuzifal6489:20200415123202j:image
f:id:akmuzifal6489:20200415122943j:image

 

袖口はボタンで開閉・調整

袖先端は最初から補強のためにナイロンテープが縫い付けられています。

これは助かりますね。
f:id:akmuzifal6489:20200415123150j:image
f:id:akmuzifal6489:20200415123246j:image

 

袖口はマチ付きで、マチにはスタンプが。

パーツの番号でしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20200415123222j:imagef:id:akmuzifal6489:20200415123308j:image

 

背面下部は大きなポケットになっています。

右側にポケットフラップが。

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200415123340j:image
f:id:akmuzifal6489:20200415123318j:imagef:id:akmuzifal6489:20200415133245j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200415123137j:image

 

背面裏側の裾下端にあるゴムループ

用途は?
f:id:akmuzifal6489:20200415123127j:image

 

前身頃裾裏側にナイロンテープのループ(  ダットファスナーで開閉)があって…
f:id:akmuzifal6489:20200415123008j:image

 

股間を通して、ナイロンテープゴムループに通すことにより、裾のばたつきを防止します。

デニソンスモックのテイルピースみたいですね。
f:id:akmuzifal6489:20200415122954j:image

 

ジッパー

刻印はヨーロッパで有名な「OPTI」
f:id:akmuzifal6489:20200415123353j:image

 

追記(20200510)

専用のフードを発見しました!

右側面

f:id:akmuzifal6489:20200510112412j:image

 

左側面
f:id:akmuzifal6489:20200510112358j:image

 

左側面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200510112416j:image

 

右側面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200510112354j:image

 

タグ

未完成?
f:id:akmuzifal6489:20200510112424j:image

 

スタンプ
f:id:akmuzifal6489:20200510112350j:image

 

前縁のドローコードとボタン
f:id:akmuzifal6489:20200510112407j:image

 

着用例

正面
f:id:akmuzifal6489:20200510112346j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200510112403j:image

 

フードはエポレットとジャケット正面のボタンで取り付けます。
f:id:akmuzifal6489:20200510112421j:image

追記(20200513)

専用のフードを見つけました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3 ノルウェー陸軍M85迷彩スモックの特徴とは?

迷彩は、ライトグリーンをベースに、ライトブラウンとオリーブグリーンで大まかな雲型を描いています。

パターンは直線部分がなくて全体的に曲線で、一部が斑点のように独立しています。

よくアニメやマンガなどで描かれる架空の迷彩パターンのようです。

生地はやや厚いコットンサテンで、アメリカ軍のM43フィールドジャケットとソックリです。

デザインもM43フィールドジャケットに酷似している典型的な4ポケットのコートタイプです。

さすがに前合わせはジッパーとダットファスナーに変更されていますが、襟のチンストラップ、袖などに面影がありますね。

ただ、M43フィールドジャケットで問題になっていた袖口は、なんとナイロンのテープで補強されていました。

これは最初から補強されているようです。

今なお残る多くのM43ですが、中古品の多くはここが擦り切れています。

さすがノルウェー。唯のコピーではないようです。

裏側全面にライニングはありますが、ライナーを取り付けることはできません。

これもM 43フィールドジャケットと同じですね。

4 ノルウェー陸軍M85迷彩スモックの製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1980年代

 ・製造場所                   ノルウェー

 ・契約会社                   ノルウェー

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                9

                              (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約75センチ

                                    肩幅  約52センチ

                                    身幅  約62センチ

                                    袖丈  約63センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5 ノルウェー陸軍M85迷彩スモックまとめ

1980年代の後半でしたか、大阪のミリタリーショップにM43フィールドジャケットが大量に入荷したことがありました。

噂を聴いて観に行って見ると、それはアメリカ軍のものではありませんでした。

造りはM43そのもので、アメリカ軍とよく似た色調のモデルもありましたが、中にはライトオリーブグリーンのモデルもありましたよ。

店員さんに聞くと、ノルウェー軍のものだとか。

他には、あまり使用感のないヘルメットもあって、これがまたアメリカ軍のM1ヘルメットにソックリでしたね。

(ライナーはさすがにプラスティック製でしたが…。)

思えばあの頃、ノルウェー本国ではこの新しい装備(こんかいのスモック)に更新されたので、余剰の単色装備は民間業者に払い下げられたのかもしれませんね。

当時、ノルウェー軍はまだOD単色の戦闘服が主流でした。

そのため、防寒と迷彩を兼ねた迷彩スモックとして今回のモデルを着用する方式だったようです。

(後に夏用の上下迷彩服が採用されました。)

 

迷彩パターンは大まかで、メリハリに欠けているところから、迷彩効果としては疑問が残りますね。

でも、各種装備や服のシワなどで、また見え方が変わってくるのかもしれません。

日本のフィールドで効果を確認したい迷彩ですね。

(野生動物には、どう見えるのでしょうか?実験したいですね。)

サバイバルゲーマーでも、この迷彩を使用している方を見たことがありません。

とは言え、衣類としては完成していて、ライナーを工夫したり重ね着をすれば真冬でも使用できそうです。

狩猟、野鳥観測、釣り、そしてファッションに使用して見るのはいかがでしょうか?

 

残念ながら、現在は数が少なくて(なんと単色のM43類似ジャケットも減っています!)、見つかるサイズも大きいものばかりです。

でも比較的新しい迷彩服なので、諦めず気長に探してみましょう。

(女性用もあるはずなのですが…。)

全体的には、店舗よりネットオークションなどの方が安価に入手できる場合が多いようですよ。

 

今回は、ノルウェー軍の比較的新しい迷彩服を分析しました。

次回は、既になくなってしまったアメリカ軍のある部隊の装備品を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の北欧の迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

ニュースで、ブームになっている「ZOOM」の脆弱性を報じていました。

中国のサーバーに繋がっているとか、第三者が猥褻画像や音声を挿入できるとか…。

恐ろしいですね。

テレワークで使用している企業や大学も多いと聞いています。

思わぬ所から、個人情報や企業の極秘情報が漏れるかもしれませんね。

アメリカでは既に使用禁止になっているようです。

利用されていらっしゃる方は、十分注意してください。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Binary Star

Binary Star

  • SawanoHiroyuki[nZk]:Uru
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
WISH

WISH

  • ELISA
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes