いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ロシアの軍服】内務省迷彩服(デジタルパターン)とは? 0317 🇷🇺 ミリタリー

こんにちは!

今回は、ロシア内務省の迷彩服を分析します。

いくつか種類がありますが、今回はデジタルタイプで色調がやや暗いタイプになります。

(デジタルフローラではありませんよ!)

今回は、偶然入手したデッドストックです!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ロシア軍内務省迷彩服(デジタルパターン)とは?

ロシアには、旧ソ連時代から受け継がれている組織が沢山あり、内務省もその一つです。

日本でいうところの、公安と警察特殊部隊(SIT、SAT)を合わせたような部隊でしょうか?

とても幅広い任務があって国境警備もその一つのようです。

今回のモデルは、そんな内務省の国境警備隊(の一部)が使用している迷彩服になります。

ロシア陸軍の標準的な迷彩とは、また違ったものになっていますね。

さて、どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ロシア軍内務省迷彩服(デジタルパターン)の全体及び細部写真

ジャケット

前面

デジタルフローラ程ではありませんが、暗い迷彩ですね。

f:id:akmuzifal6489:20200215110209j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200215110158j:image

 

前面裏側

画像が切れていますが、両袖のポケット状のものに注意

f:id:akmuzifal6489:20200215110305j:image

 

背面裏側

迷彩は裏側にやや透けています。
f:id:akmuzifal6489:20200215110122j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。

f:id:akmuzifal6489:20200215204301j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20200215110422j:image

 

エポレット

階級章を刺繍するループ付き。

よく見ると、ライトグリーンの生地に他のカラーをプリントしてありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200215110109j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110058j:image

 

胸ポケット

2個のボタンで開閉

ボタンは、エポレットを除き、カナディアンタイプです。

新しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20200215110105j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110321j:image

 

左右胸ポケット内側にあるスラッシュポケット

ジッパーで開閉

イギリス軍のようですね。
f:id:akmuzifal6489:20200215110419j:image

 

腰ポケット

こちらも2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200215110117j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110206j:image

 

両袖にあるボタン

これは…

f:id:akmuzifal6489:20200215204858j:image

 

肘の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20200215110232j:image

 

袖口

ボタンで開閉・調整

タブのボタンホールは開いていませんでした。

f:id:akmuzifal6489:20200215204946j:imagef:id:akmuzifal6489:20200215110250j:image

 

襟はボタンで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200215110301j:image

 

脇はメッシュ生地で通気性抜群
f:id:akmuzifal6489:20200215110133j:image

 

デッドストックなのでメーカータグ付き
f:id:akmuzifal6489:20200215110335j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110126j:image

 

なんと予備のボタンと補修用の迷彩生地が!
f:id:akmuzifal6489:20200215110150j:image

 

襟裏にはフード取り付け用のボタンが。

工夫したら、指輪を隠せるかも!

f:id:akmuzifal6489:20200215110331j:image

 

背面裾にはポケットが!

もうこれで判明しましたね。
f:id:akmuzifal6489:20200215110410j:image

 

袖の小さなポケットは、肘の補強生地の中にパットを挿入するためのものでした。

入り口が狭く、折り畳んで中で展開します。

そうすれば落ちてこないですね。
f:id:akmuzifal6489:20200215110136j:image

 

袖内側にはストラップが。

そうです。袖表面のボタンは、袖をまくり上げた時にストラップで固定しておくものでした。
f:id:akmuzifal6489:20200215110324j:image

 

内ポケット

左右にあります。

強力なマジクテープで開閉しますが、現時点では片手で開放できません。

ナイロン製で防水のようです。
f:id:akmuzifal6489:20200215110328j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110429j:image

 

ウエストはボタンホールの開けてあるゴムテープとボタンで調整できます。

これはドイツやスイス風ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200215110154j:image

 

裾のドローコード

ロックは縫い付けられています。

フィンランド風ですね。


f:id:akmuzifal6489:20200215110217j:image

 

裾のポケット

中央で仕切るように縫われています。
f:id:akmuzifal6489:20200215110342j:image

 

トラウザース

 

前面
f:id:akmuzifal6489:20200215110345j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200215110308j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200215110349j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200215110220j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20200215110445j:image

 

前合わせはボタンとドローコードです。

他にベルトループも。

左右のループはサスペンダー用です。
f:id:akmuzifal6489:20200215110143j:image

 

ポケットの構成

左右にスラッシュポケット、臀部にパッチポケット、膝にカーゴポケットです。

アメリカ軍のBDUに似ていますね。

f:id:akmuzifal6489:20200215110246j:image

 

臀部のパッチポケット

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200215110258j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110213j:image

 

カーゴポケット

角度が付いていて使いやすいですね。

ポケット口にはドローコードとロックがあります。

アメリカ軍ACUのようですね。
f:id:akmuzifal6489:20200215110201j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110426j:image

 

股間には補強生地が。
f:id:akmuzifal6489:20200215110441j:image

 

裾は二重になっています。

長いブーツ装備の軍に見られる処理ですね。

ドローコードも準備
f:id:akmuzifal6489:20200215110129j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110338j:image

 

外側の裾には、ゴムが内蔵されています。
f:id:akmuzifal6489:20200215110242j:image

 

膝にもパット挿入用のスリットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200215110147j:image

 

専用サスペンダー

にまいのゴムテープと日本のループで構成されています。
f:id:akmuzifal6489:20200215110403j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110357j:image

 

取り付け例

トラウザースのループに取り付けます。
f:id:akmuzifal6489:20200215110313j:image

 

フード表側左右
f:id:akmuzifal6489:20200215110317j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110433j:image

 

裏側左右
f:id:akmuzifal6489:20200215110228j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110407j:image

 

後頭部にはサイズ調整用のドローコードあり。
f:id:akmuzifal6489:20200215110415j:image

 

フード前縁もコードで絞れます。

ヘビーデューティーですね。

前面は2個のボタンで開閉できます。
f:id:akmuzifal6489:20200215110102j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215110254j:image

 

ジャケット襟裏のボタンで連結
f:id:akmuzifal6489:20200215110449j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ロシア軍内務省迷彩服(デジタルパターン)の特徴とは?

迷彩はライトグリーンをベースに、ライトグレイグリーン、ブラウン、ブラックグレイの四角いダットを用いて斑点を描いています。

全体的に暗い印象のある迷彩です。

(確か、ベース色がダークイエローグリーンのモデルもあったような気がしました。)

生地は、おそらくポリエステルとコットンの混紡で、一部に艶があります。

(もしかしたら難燃繊維が使用されているのかもしれません。)

デザインは、アメリカやイギリスの特徴を巧みに取り入れていますよ。

ジャケットは内ポケットも含め合計10個ものポケットがある、イギリス軍スモックに似たものです。

トラウザースはアメリカ軍のACUに似ていますね。

「良いものは体裁を無視して積極的に取り入れる…」そんな軍隊は、実は精強な場合が多いです。

ロシア…侮れません。

勿論、袖をまくり上げたままキープするストラップや、トラウザースの裾のデザイン(二重裾)、肘・膝にはパットを挿入するスリットが設けられていたりと、伝統のデザインも残しつつ、近代化も図られています。

専用のフードやサスペンダーも準備されていて、なかなかシステマティックな戦闘服ですね。

デッドストックで、予備のボタンや補修用の生地が付属していました。

これは有難いですね。

(自衛隊ではPXやBXに売っています。)

4  ロシア軍内務省迷彩服(デジタルパターン)製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2020年代

 ・製造場所                   ロシア

 ・契約会社                   ロシア

 ・製造会社                       〃

 ・材質                       コットン

                                     ポリエステル

 ・表記サイズ              170–176 96-100

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)

                                    ジャケット

                                    着丈  約77センチ

                                    肩幅  約48センチ

                                    身幅  約58センチ

                                    袖丈  約61センチ

                                 トラウザース

        ウエスト  約38センチ

                                    股上  約29センチ

                                    股下  約80センチ

                                    着丈  約104センチ

                                 裾幅  約18センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所             神奈川県のイベント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ロシア軍内務省迷彩服(デジタルパターン)まとめ

暗い迷彩は、日本の森林地底で効果を発揮しそうですね。

実際に着用してみると、手の届く箇所にポケットがあって、使いやすい印象があります。

ただ少し通気性が少々悪そうです。…かと言って冬は寒そうですね。

専用のフィールドジャケットが欲しいところです。

(見たことないですが…。)

惜しむらくは、出回っている数が極端に少ないですね。

新しい迷彩服なので、今後も入手可能だと思われますが、一般の方が敢えて実用目的で購入することもなさそうです。

ただし、ロシア軍マニアは積極的に探して、コレクションしましょう!

 

今回は、ロシア内務省の珍しい迷彩服を分析しました。

次回は、ドイツのフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

参考:その他のロシア軍迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes