いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ロシアの軍服 陸軍迷彩スナイパースモックとは? 0243 🇷🇺 ミリタリー

こんにちは!

今回は、ロシア軍の迷彩服を分析します。

今回の迷彩も、何処かの国とよく似た(と言いますか、そのものと言いますか…)迷彩パターンですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ロシアの軍服 陸軍迷彩スナイパースモックとは?

第二次大戦前から、旧ソ連軍のスナイパー(狙撃兵)は各国に恐れられていました。

我が国においても、1939年から始まったノモンハン戦争で、モンゴル軍のフリをしたソ連軍のスナイパーに多大な被害を受けたのは、記憶に新しいところです。

(…って私だけ?)

第二次大戦では、女性のスナイパー部隊が編成されていましたね。

(女性は射撃に向いているのでしょうか?)

独特の迷彩スモックが支給されていました。

また、ベトナム戦争時代にはオートマチックのスナイパーライフル(狙撃銃)を開発して、西側の度肝を抜いた事がありました。

(ドラグノフSVDのことですよ❤️)

今回のモデルは、そんな旧ソ連軍の流れや装備を踏襲した、ロシア軍の狙撃兵用スモックになります。

多種多様なロシア製迷彩服の一端を担う、凄い迷彩服です。

さて、どんな迷彩スモックなのでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  迷彩スモックの全体及び細部写真

ジャケット

前面

色調が武装親衛隊のスモックに似ていますね。
f:id:akmuzifal6489:20191109161430j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191109161456j:image

 

前面裏側

生地は薄く、迷彩は透けています。

リバーシブルではありません。
f:id:akmuzifal6489:20191109161517j:image

 

背面裏側

ドローコードは左右で制御します。
f:id:akmuzifal6489:20191109161422j:image

 

肩背面

偽装用のループがあります。
f:id:akmuzifal6489:20191109161342j:image

 

肩から上腕にかけては一枚生地が追加されています。

変わったデザインですね。

f:id:akmuzifal6489:20191109161500j:image

 

胸ポケット

角度が付いていて、ボタンで開閉

ポケットループはテープです。
f:id:akmuzifal6489:20191109161520j:imagef:id:akmuzifal6489:20191109161435j:image

 

腰ポケット

こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191109161510j:imagef:id:akmuzifal6489:20191109161507j:image

 

フード
f:id:akmuzifal6489:20191109161539j:image

 

フードの後ろはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191109161414j:image

 

袖口もゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191109161447j:imagef:id:akmuzifal6489:20191109161451j:image

 

肘の補強生地は大面積です。
f:id:akmuzifal6489:20191109161531j:image

 

袖口裏側
f:id:akmuzifal6489:20191109161350j:imagef:id:akmuzifal6489:20191109161440j:image

 

サイズは迷彩生地のタグにスタンプ(プリントかも。)
f:id:akmuzifal6489:20191109161405j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20191109161444j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20191109161335j:image

 

オーバーパンツ

前面
f:id:akmuzifal6489:20191109161418j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191109161524j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191109161408j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191109161536j:image

 

前合わせはボタンとドローコードです。

ウエストはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191109161547j:imagef:id:akmuzifal6489:20191109161426j:image

 

腰ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191109161339j:imagef:id:akmuzifal6489:20191109161503j:image

 

膝の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20191109161357j:image

 

ゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191109161346j:imagef:id:akmuzifal6489:20191109161543j:image

 

ジャケット同様のサイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20191109161527j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトブラウンをベースに、濃淡2色のグリーン、ブラックで小さな葉や雲を描いています。

特徴的なのは、各色の境目を深い波型にしているところです。

一見、デジタル迷彩のように見えますが、正方形のダットではありません。

この迷彩、じつはフィンランド軍の迷彩に、パターン、色調ともそっくりです。

コピーと言っても過言ではないくらい似ていますね。

フィンランド軍の迷彩もそうですが、大戦中のドイツ武装親衛隊の迷彩スモックを進化させたイメージがあります。

もし、そうだとしたら…ドイツ恐るべしですね。

生地は薄く、防風・防寒性能は低いですね。

(でも通気性は抜群です。)

あくまで、スモックなんですね。

デザインは、ジャケットがフード付き4ポケットのコートタイプ、オーバーパンツが2ポケットのシンプルなモデルです。

ジャケットには偽装用のループが縫い付けられていて、これも武装親衛隊の迷彩スモックを連想させます。

全体的には、簡易的に製造されたという印象で、サイズ的にはゆったりした造りです。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2010年頃

 ・製造場所                   ロシア

 ・契約会社                   ロシア

 ・製造会社                      〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                170–100   88

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                ジャケット

                                    着丈  約76センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約70センチ

                                    袖丈  約69センチ       

                                       オーバーパンツ

                          ウエスト 約40センチ

                                 着丈 約106センチ

                                 股上 約34センチ

                                 股下 約75センチ

                              裾幅    約18センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品(?)

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

既にこのブログでも、何種類かのロシア軍迷彩服を分析してきましたが、何故か他国の迷彩を忠実にコピーしているモデルが多かったですね。

ここまで徹底していると、テストとかではなくて、別のきな臭い目的があるように思えてなりません。

単なるマニアのくだらない想像なら良いのですが…。

ところで今回の迷彩は、マニアの間でも優れた迷彩とされています。

勿論日本でも、積雪地以外では高い効果を発揮しそうです。

サバイバルゲームは勿論のこと、狩猟、野鳥観測にも使用できそうです。

スモックなので、現場近くまで普段着で行き、現場ではこれを着て動き回る事ができますね。

日本で目にする機会は少ないですが、新しい迷彩服なので、気長に探してみましょう。

(レインスーツ上下なら、オークションに出品されていますよ!)

 

今回は、ロシア軍のフィンランド迷彩型スナイパースモックを分析しました。

次回は、イギリス軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

参考:ロシア軍各種迷彩服の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

ロシア軍が参考にしたと思われるフィンランド軍の迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

旧ソ連時代の迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com    ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes