いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

オランダの軍服 陸軍迷彩ジャケット(DPM)とは? 0180 🇳🇱

こんにちは!

今回は、オランダ軍の迷彩服を分析します。

「これ、イギリス軍の迷彩服じゃないの?」と思った貴方は、やはりマニアさんですね。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  オランダの軍服 陸軍迷彩ジャケット(DPM)とは?

古今東西の軍隊が使用する兵器や装備は、他国のものにとても似ている場合があります。

モノによっては、そっくりそのままコピーして、知らん顔して採用している場合がありますね。

例えば、第二次大戦中にイギリス陸軍空挺隊が装備した、重力で刃が出る特殊なナイフ。

じつはドイツ空軍降下猟兵が装備した「G(グラビティ)ナイフ」のフルコピーでした。

使い勝手が良いものを採用するのは、世の軍隊の常です。

でも上記のナイフは、イギリスがドイツのメーカーの許可を得て製造していたとは到底思えないですね。

こんなふうに、無許可の「モノマネ」や「パクリ」が横行しているのが普通です。

衣料品も同様です。

今回のモデルも、迷彩は超有名なパターンですが、パターン開発国の許可を得て製造したのかどうか不明なものです。

勿論、両国ともヨーロッパを代表する有名な国ですので、何らかの話し合いを経てのことだと考えられますが…。

さて、どんな迷彩服でしょうか?

早速、確認していきましょう。 

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190920125058j:image

 

背面

迷彩パターンは、イギリス軍が使用していたDPMと同じです。

f:id:akmuzifal6489:20190920125200j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190920125143j:image

 

背面裏側

迷彩の透けは殆どありません。
f:id:akmuzifal6489:20190920125101j:image

 

前合わせは、ジッパーと  ダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20190920125139j:image

 

タグ

文字は刺繍です。

KLはオランダを指すイニシャルですが、製造会社はSEYNTEXになっていますね。

その下にはNATOサイズが刺繍されています。

内容は、適正身長/適正胸囲になります。(160–180/95-100)
f:id:akmuzifal6489:20190920125136j:image

 

襟は自立しません。

各マジックテープやパッチ(ワッペン)の配置に注意
f:id:akmuzifal6489:20190920125104j:image

 

エポレットは長方形。

何故か、一本ループを通して、マジックテープで留められます。
f:id:akmuzifal6489:20190920125206j:image
f:id:akmuzifal6489:20190920125129j:image

 

右胸ポケット 

ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190920125150j:image

 

ジッパースライダー  

何処かで見た刻印ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920125115j:image

 

左胸ポケット

左右ともジッパーには角度が付いていますね。

ポケット上に生地の縫い目が。独特の裁断です。
f:id:akmuzifal6489:20190920125203j:image

 

袖ポケット(ペンポケットですね。)

ポケットフラップに国籍パッチ

フラップを失うと一大事!

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190920125111j:image
f:id:akmuzifal6489:20190920125118j:image

 

リッチに手首からダットファスナーで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20190920125132j:image
f:id:akmuzifal6489:20190920125127j:image

 

左胸ポケット裏側の内ポケット

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190920125134j:image

 

縫い付けは上部だけで下部はフリーです。

珍しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920125155j:image
f:id:akmuzifal6489:20190920125158j:image

 

ダットファスナーの裏側 

無刻印です。
f:id:akmuzifal6489:20190920125146j:image

 

裾にはタグが挟まっていました。何のタグでしょう?
f:id:akmuzifal6489:20190920125152j:image

 

ダットファスナー表側の防反射処理

不規則な並びです。お国柄でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190920125107j:image

 

迷彩生地

うーん、綺麗なDPMですね!(私は変人ではありません。)
f:id:akmuzifal6489:20190920125124j:image

 

国籍パッチ

ネットショップでは、平気でフランス軍!として販売しているところも。

恥ずかしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920125121j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず迷彩生地ですが、パターンは間違いなく(鮮やかな)DPMです。 

でも生地は、イギリス軍のウインドプルーフ生地でも、ギャバジンでもないですね。

オランダ独特の生地になります。

しかも製造はベルギーです。

デザインは、胸ポケット×2と袖ポケットの典型的なシャツタイプですね。

しかし胸ポケットは、ジッパーで開閉し、フラップはありません。

前合わせはリッチにダットファスナーとジッパーの併用です。

変わっているのはエポレットで、一本のループを通してマジックテープで開閉します。

オランダ軍被服のエポレットは、この形式が多いですね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1990年代

 ・製造場所                   ベルギー

 ・契約会社                   オランダ

 ・製造会社                   ベルギー

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                6080/9500

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約78センチ

                                    肩幅  約46センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約62センチ                                          

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 兵庫県の専門店

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

今回のモデルを採用する前のオランダ軍は、アメリカ軍のリーフパターン迷彩を濃淡のブラウンのみで構成した迷彩服を採用していました。

しかし、何の前触れもなく1980年代後半にこの迷彩服に変更されました。

世界中のDPMマニアが、大喜びしたことは言うまでもありません。

オランダに何があったのでしょうか?

同じ時期に、ポルトガル軍も空挺迷彩スモックでDPMを採用していました。

DPMマニアとしては、迷彩効果が各国に認められたのでは?

なんて思ってしまいましたね。

さて、この迷彩服はDPMですので、日本のフィールドでも効果抜群です。

サバイバルゲームから野鳥観察まで幅広く使用できそうです。

またデザインも洗練されているので、シティユースも問題なさそうですよ。

現在、日本ではデッドストックが安価に入手できます。

購入する場合は、店舗よりネットショップが比較的安価でおすすめですね。

 

今回は、オランダ軍の何故DPMなの?ジャケットを分析しました。

次回は、ロシア軍の珍しい迷彩服を分析します。お楽しみに!

 

参考:イギリス軍のDPM装備関連の記事はこちらです。

www.military-spec-an.com

     ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとう御座いました。