いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【自衛隊装備品】陸上自衛隊戦車兵用カバーオール(昭和30年代)とは? 0621 🇯🇵 ミリタリー

こんにちは!

新年おめでとうございます。🎌

今年も、ブログ「いつだってミリタリアン!」をよろしくお願いいたします。

 

さて今回は、陸上自衛隊古の戦車兵用カバーオール(つなぎ)を分析します。

セパレートの夏用や、オーバーオールの冬用は、見たことがありますが、今回のモデルは初めて観ました。

何処かで見たデザインですが、これが本来日本軍の伝統的なデザインなのかもしれませんね。

それはともかく、今回のアイテムも中古品ですが程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  陸上自衛隊戦車兵用カバーオール(昭和30年代)とは?

1950年に北朝鮮の奇襲で勃発した朝鮮戦争。

 

暴力革命を是とする、共産主義の拡大でした。

 

それを阻止すべく日本に駐留していたアメリカ軍は、その殆どを朝鮮半島へ出撃しなければなりませんでした。

(朝鮮半島に駐留していたアメリカ軍はごく僅かだったので、アメリカ本土からの応援がくる間は、日本にいたアメリカ軍が出撃したのですね。)

 

しかし、日本にも中国他のスパイがいて、アメリカ軍不在の間隙をついて日本でも暴力革命を起こそうと虎視眈々と狙っていたのです。

(共産党は今でも暴力革命による政府打倒と日本の社会主義化を企んでいます。…恐ろしいですね。)

 

そこで急遽、アメリカが自ら作った憲法を自ら逸脱して、日本に警察予備隊という組織を作り、治安の維持を任せました。

(本当に危ないところでした。)

 

これが自衛隊の前身でしたね。

 

その後、保安隊→自衛隊と名称が変わっていったのは、周知のとおりです。

 

そんな黎明期の陸上自衛隊装備は、アメリカ軍供与装備をメインに、一部個人装備などで旧軍関係の物やアメリカ軍装備を元に、新しく製造した物などを使用していました。

 

例えば戦車兵。

 

ゴーグルは、旧軍の飛行眼鏡(ゴーグル)の生地をODに変更して使用していました。

(帆布でできたODの専用ケースもありましたね。)

 

そして戦車兵用の服は、旧軍の飛行服(セパレートとカバーオールがありました。)の生地をOGのコットンに変更して使用していました。

 

今回のモデルは、まさに旧軍の飛行服(つなぎ型)生地を変更した冬用のつなぎ(カバーオール)になります。

 

…でも、徐々に姿を消していきましたよ!

(何故でしょう?)

 

さてさて、それはどんなカバーオールなのでしょうか?

 

今回は、自衛隊装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  陸上自衛隊戦車兵用カバーオール(昭和30年代)の全体及び細部写真

全体前面

f:id:akmuzifal6489:20201231170306j:image

 

前面上半身
f:id:akmuzifal6489:20201231162856j:image

 

前面下半身
f:id:akmuzifal6489:20201231163402j:image

 

全体背面
f:id:akmuzifal6489:20201231162336j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20201231162927j:image

 

背面下半身

f:id:akmuzifal6489:20201231162948j:plain



 

前面上半身裏側

ほぼ全面にライニングがあります。
f:id:akmuzifal6489:20201231162247j:image

 

前下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20201231163339j:image

 

背面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20201231162910j:image

 

背面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20201231162309j:image

 

前合わせはジッパーの身です。
f:id:akmuzifal6489:20201231162752j:image

 

タグ①

サイズですね。
f:id:akmuzifal6489:20201231162102j:image

 

タグ②

昭和30年度(1955年度)契約品です。

f:id:akmuzifal6489:20201231164715j:image

 

襟はチンストラップで立てることができますが、ゆるゆるです。
f:id:akmuzifal6489:20201231162140j:imagef:id:akmuzifal6489:20201231162226j:image

 

右胸ポケット

ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201231162010j:imagef:id:akmuzifal6489:20201231162431j:image

 

左胸ポケット

右ポケットと同様ですが、糸で何かマーキングしてありました。

f:id:akmuzifal6489:20201231204146j:image

 

腰のスラントポケット

後ろにジッパーで開閉するスリットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20201231162201j:imagef:id:akmuzifal6489:20201231162837j:image

 

裏側からのスリット

f:id:akmuzifal6489:20201231204320j:image

 

膝ポケット

角度とプリーツが付いています。

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201231164735j:imagef:id:akmuzifal6489:20201231162648j:image

 

ボタン

色や材質が違っていますが、デザインは後のモデルに似ています。
f:id:akmuzifal6489:20201231162121j:image

 

裾は僅かですがジッパーで開閉できます。

(マチ付き)
f:id:akmuzifal6489:20201231164608j:imagef:id:akmuzifal6489:20201231163449j:image

 

ウエスト左右にはサイズ調整のストラップらしきものが。

本当はバックルがあったのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20201231162047j:image

 

袖ポケット

ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201231164636j:image

 

袖は強いテーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20201231162624j:imagef:id:akmuzifal6489:20201231162027j:image

 

袖口もジッパーで開閉

こちらもマチ付きです。
f:id:akmuzifal6489:20201231163242j:image

 

股間の丸い補強生地
f:id:akmuzifal6489:20201231162405j:image

 

ライニングはカーキのツイルです。
f:id:akmuzifal6489:20201231162812j:image

 

着用例

Twitterより引用

 (右の写真です。膝ポケットが特徴的ですね。…でも、もしかしたらセパレートタイプなのかもしれません。)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  陸上自衛隊戦車兵用カバーオール(昭和30年代)の特徴とは?

シェルの生地は、OG(オリーブグリーン)のコットンサテンで重量があり、現時点ではゴワゴワです。

(少々硬いです。ハードコットン?)

 

一方、ライニングはカーキのツイルで、ほぼ全面にあります。

(セパレートモデルを縫い直してカバーオールにしたものもあるそうですが、今回のモデルはちゃんとライニングがついていて、メインタグは1枚でした。)

 

デザインは、旧日本軍が使用していた飛行服にそっくりですね。

 

構成は、胸ポケット×2、腰スラントポケット×2、膝ポケット×2、袖ポケットで、袖口や裾はジッパー付きで、とてもタイトです。

 

面白いのは左右ウエストに、サイズ調整用と思われるストラップがあるところです。

 

でもバックルなどはなくて、そのままでは使えませんでした。

(都合もう一着コレクションしていますが、それも同じ造りでしたね。何に使うのでしょう?)

 

全体的な作りは少々雑ですが強度はありますよ。

 

サイズ2号は、現在のSくらいに相当します。

 

かなりタイトなサイズ感ですね。 

4  陸上自衛隊戦車兵用カバーオール(昭和30年代)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1955年

 ・製造場所                   日本

 ・契約会社                   日本

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                2号

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約136センチ

                                    肩幅  約44センチ

                                    身幅  約51センチ

                                    袖丈  約54センチ

                             ウエスト  約44センチ

                                    股下  約63センチ

                                    裾幅  約12センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 北海道の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  陸上自衛隊戦車兵用カバーオール(昭和30年代)まとめ

今回のモデルは、材質はともかくデザインは良くできていると思いますね。

 

元々飛行服のデザインが基になっているとすると、使い勝手もなかなかの物です。

 

しかし、何故廃止…というか使用されなくなってしまったのでしょうか?

 

これは想像ですが、現在の他国の戦車兵装備を見ると、一つ思い当たることがあります。

 

それはトイレの問題です。

 

今回のモデルは、着たままトイレ(大)ができないからではないでしょうか?

(あくまで私の想像ですが…。)

 

思えば、このモデル以降は、上下セパレートの作業服または戦車兵服をずっと継承していますね。

(セパレートとワンピースは、トイレの手間が何倍も違います。)

 

でも、本当のところは案外「旧軍の否定」だったのかもしれませんね。

 

今回のモデルが消えていった背景については、今後も自分なりに調査してみたいと思います。

 

また大切に保管して、これからの世代に引き継ぎたいですね。

 

今回は、日本独自デザインの古い陸上自衛隊戦車兵用カバーオールを分析しました。

次回は、アメリカ軍のフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:初期の自衛隊(警察予備隊、保安隊を含む)が使用していた装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.comwww.military-spec-an.com

その後の自衛隊単色装備はこちらです。 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました💕

何か匂いの良い葉っぱがあったので、自分に匂いつけしているのでしょうか?🤔

 

メチャ可愛いですね💕

 

そういえば、本日の出勤時(0430時)に雪上で野生動物の足跡を見つけました!

f:id:akmuzifal6489:20210101162430j:plain

キツネさんでしょうか?タヌキさんでしょうか?

ワンコなら条例で必ず繋いで散歩しなければならず、こんな風に独立して足跡は残さないですよね!

 

また飼い主の足跡やリードの跡もあるはずです。

(ちなみに、以前キツネさんを目撃した場所の近隣です。)

 

俄然、早番が面白くなってきました。😃

 

仲良くなれるでしょうか?

 

今後に期待です💕

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Enter Enter MISSION!

Enter Enter MISSION!

  • あんこうチーム
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes