いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】海軍レザーフライトジャケットG–1(7823D・1968年)とは? 0612 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ海軍のフライトジャケットを分析します。

今回はサブタイプ(モデル番号の最後のアルファベット)が「D」で、G–1としては5番目のモデルになります。

勿論、ベトナム戦争ロットですね。

ニットはともかく、レザーの状態は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ海軍迷彩フライトジャケットG–1(7823D・マーティンレーン社製)とは?

アメリカ海軍を代表するレザーフライトジャケットG–1。

 

伝統あるこのジャケットは、多くの映画にも出演していることでも有名ですね。

 

中でも1986年公開の「トップガン」(主演トムクルーズ)は映画のヒットとともに、日本に一大「G–1」ブーム(…と何故かMA–1ブーム)を巻き起こしたのは、記憶に新しい(?)ところです。

(読者の大半はご存知ないと思われますが…。)

 

この映画で使用されたG−1は、派手なパッチ(ワッペン)を沢山縫い付けて、襟がやや明るいブラウンでしたね。

 

G–1はモデルによって襟の材質が天然と化繊のムートンがあるのですが、もしかしたら撮影で使用されたものは天然ムートン襟のモデル…もしくは全くの衣装だったかもしれませんね。

 

一概には言えませんが、天然ムートン襟のモデルは、襟の色調変化でG–1の着用頻度がわかると言われていますね。

 

天然ムートンは、元々羊毛を黒に近い茶色に染めているので、使用や紫外線で次第に変色(脱色?)してくることが原因のようです。

 

今回のモデルは、私のコレクションの中でも最も明るい襟のモデルになります。

 

さてさて、それはどんなG–1なのでしょうか?

 

今回は、アメリカ海軍マニアのみならず、レザーフライトジャケットマニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

 

2  アメリカ海軍迷彩フライトジャケットG–1(7823D・マーティンレーン社製)の全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20201222081931j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20201222081949j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201222081825j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201222082004j:image

 

前合わせはジッパーのみです。
f:id:akmuzifal6489:20201222081832j:image

 

タグ

1968年度契約品です
f:id:akmuzifal6489:20201222081914j:image

 

襟は天然ムートンなので、経年変化して変色しています。

(少々剥がれもあり。)
f:id:akmuzifal6489:20201222081809j:image

 

襟はチンストラップで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20201222082049j:image

 

右腰ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201222081924j:imagef:id:akmuzifal6489:20201222081940j:image

 

左腰ポケット

こちらもボタンで開閉しますが、向かって左側にペンポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20201222082013j:imagef:id:akmuzifal6489:20201222081849j:image

 

内ポケット

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201222082030j:image

 

ストームフラップのパンチング

このメーカーはジャケットの右側を上にして「USN」と打ってあります。
f:id:akmuzifal6489:20201222082021j:image

 

緩やかなテーパー付き

袖口にはニットを装備
f:id:akmuzifal6489:20201222081958j:image

 

腰ニット
f:id:akmuzifal6489:20201222081907j:image

 

脇の通気孔

3個の金属製ハトメ
f:id:akmuzifal6489:20201222081857j:image

 

背中のアクションプリーツ

ライニングにもあります。
f:id:akmuzifal6489:20201222082037j:imagef:id:akmuzifal6489:20201222081817j:image

 

ジッパーは「SCOVILL」のゴツいタイプ

プルタブはワイヤー。
f:id:akmuzifal6489:20201222081839j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ海軍迷彩フライトジャケットG–1(7823D・マーティンレーン社製)の特徴とは?

レザーは、おそらくゴート(山羊)スキンで、薄くしなやかです。

 

襟は上述のとおり天然ムートンで、しかも頻繁に着用されていたせいか、かなり変色と一部にムートンの抜けもありますが、不快なものではありません。

 

各種G–1による襟ムートン色調の違い。

(今回のモデルは一番上になります。同時ににレザーやライニングの色調が違うところにも注意)

f:id:akmuzifal6489:20201223003429j:plain

因みに、現在販売されている「A社」のトップガンモデルのG–1は、最初から明るいムートン襟(おそらく化繊)になっていますね。

 

デザインは、腰ポケット×2、内ポケットで、左腰ポケットにはペンポケットも備わっています。

 

袖、裾はニットですが、今回のモデルは右袖ニットが破損していました。

(でも、予備ニットも販売されていますし、交換してくれる修理専門店もありますよ!)

 

今回のモデルのメーカーはマーチンレーン社で、他のメーカーに比べ僅かながらゆったりめの造りが特徴ですね。

 

気になるサイズ感ですが、元々G–1は作りがタイトなので、今回のモデルもサイズ42(インチ)なのですが、普段40を着ている私でも大き過ぎることはありませんでした。

4  アメリカ海軍迷彩フライトジャケットG–1(7823D・マーティンレーン社製)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1968年代

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          ゴートスキン

          (山羊革) 

 ・表記サイズ                42

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約64センチ

                                    肩幅  約47センチ

                                    身幅  約58センチ

                                    袖丈  約62センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 大阪の古着屋

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ海軍迷彩フライトジャケットG–1(7823D・マーティンレーン社製)まとめ

黒っぽい化繊ムートン襟のG–1を多くみているので 、今回のモデルは新鮮に思えますね。

 

ここまで着用されているのに、レザーの状態がこれほど良いモデルは、とても珍しいですね。

(購入できたのはラッキーでした。)

 

真冬では少々寒い(かなり寒い)ですがバイクや車など、そして普段のオシャレ着として使用できますね。

 

でも古いG–1は、できれば大切にして欲しいものです。

 

さて購入ですが、根強いマニアが多いG–1なので、あらゆるモデルが入手可能…なのですが、専門店などの実店舗では、価格が程度の3乗に比例した高額なものとなっていますね。

(中には、程度が悪いのを逆手に取って「歴戦の勇士」的な扱いで法外な値段で販売しているところも…。)

 

潤沢に資金が使用できる富裕層ならいざ知らず、なるべく安く…でも程度も良いG–1を探しているあなたは、ぜひネットのオークションやフリマを覗いてみましょう。

 

思わぬ掘り出し物があるかもしれませんよ。

 

平均的な価格も、A–2より安価なのも助かりますね。

 

ところで、「トップガン2マーベリック」は、本来なら12月25日公開予定だったのですが、来年7月に延期されたようですね。

 

この再延期が、「吉」とでるのか「凶」とでるのか、とても楽しみです。

 

この映画にも勿論G–1が出てきます。

 

でも、前作とは大きく違ったところがあるようですね。

 

いつか確認したいです!

av.watch.impress.co.jp

今回は、貴重な天然ムートン襟のアメリカ海軍フライトジャケットG–1を分析しました。

次回は、フライトジャケット繋がりで、亡国東ドイツ軍のフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のアメリカ海軍フライトジャケットG–1はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました!

仲良いですね😍

(背中からでも、可愛いのがわかりますね。)

 

こんな3密なら大歓迎です💕

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【あす楽】AVIREX アビレックス 6181013 G-1フライトジャケット TOP GUN【クーポン対象外】|メンズ アウター 革ジャン ミリタリージャケット レザージャケット ボマージャケット バイク ツーリング ブランド おしゃれ 映画 トップガン ワッペン 冬 クリスマス 送料無料

ノベルティープレゼント YMCLKYオリジナル 米軍タイプ G-1 フライトジャケット メンズ GI US G1 アメリカ アウター ゴートスキン 山羊 レザー 革

[アヴィレックス] GOAT G-1 JACKET 6191069 メンズ

スポンサーリンク

Danger Zone

Danger Zone

  • ケニー・ロギンス
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Mighty Wings

Mighty Wings

  • チープ・トリック
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Top Gun Anthem

Top Gun Anthem

  • ハロルド・ファルターメイヤー & スティーヴ・スティーヴンス
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Take My Breath Away

Take My Breath Away

  • ベルリン
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes