いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ドイツの軍服】陸軍防寒リバーシブル迷彩パーカー(スプリンターパターン)モデル品とは? 0423 🇩🇪ミリタリー

こんにちは!

今回は、第二次大戦中のドイツ国防軍迷彩服を分析します。

大戦前のドイツで、初めて採用された迷彩パターンの生地で製造された防寒着になります。

このパーカー(パルカまたはアノラック)を観て、「東部戦線」とか「T–34」という言葉を連想したあなたは、生粋のマニアですね!

誠に残念ながら、今回もモデル品です。

でもよく出来ていますよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ドイツ陸軍防寒リバーシブル防寒パーカー(スプリンターパターン)とは?

1939年に当時のドイツとソ連との間で締結された「独ソ不可侵条約」でしたが、1941年6月にドイツ軍はソ連への侵攻を始めました。

世に言う「バルバロッサ(赤ひげ)作戦」の開始です。

当初、ソ連軍を舐め切っていたドイツ軍は、冬までにモスクワを占領できると考えていました。

ところがいざ戦ってみると、当時の全ドイツ戦車を凌駕するT–34戦車、低空ではドイツ戦闘機よりも運動性の良いYak戦闘機など、当時のドイツ軍と同等以上の兵器と頑強な兵士の抵抗に、思わぬ苦戦を強いられます。

そうこうしているうちに冬将軍が到来、貧弱な防寒装備だったドイツ軍は、各所で敗退を余儀なくされました。

戦争って、相手を舐めたり、油断した方が負けるんですね。

そんなバルバロッサ作戦の教訓に関しては他に譲るとして、以降ドイツ軍は本格的な野戦用防寒装備の開発を進めます。

そうやって開発されたのが、今回のモデルです。

無雪期から積雪期までの広い季節に使用できると言う贅沢な迷彩パーカーでしたが、何かと欠点の多いことでも有名でした。

今回のモデルは、そんな欠点もしっかり再現している力作です。

 

さてさて、それはどんな迷彩パーカーなのでしょうか?

ドイツ軍マニアのみならず、迷彩服コレクター初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ドイツ陸軍防寒リバーシブル防寒迷彩パーカー(スプリンターパターン)の全体及び細部写真

通常迷彩面

前面

f:id:akmuzifal6489:20200531230730j:image

 

通常迷彩面

背面
f:id:akmuzifal6489:20200531230805j:image

 

雪上迷彩面

前面
f:id:akmuzifal6489:20200531230714j:image

 

雪上迷彩面

背面
f:id:akmuzifal6489:20200531230643j:image

 

前合わせはボタンのみですが、三重になっています。

しかも一番外側の裏面は、なんとホワイトです。
f:id:akmuzifal6489:20200531230635j:image

 

よくみると三枚の重ね合わせがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200531230821j:image

 

ウエストのドローテープまで、裏面がホワイトです。
f:id:akmuzifal6489:20200531230550j:image

 

フード側面
f:id:akmuzifal6489:20200531230618j:imagef:id:akmuzifal6489:20200531230748j:image

 

腰ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200531230740j:imagef:id:akmuzifal6489:20200531230600j:image

 

袖口

こちらもボタンとストラップで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200531230626j:imagef:id:akmuzifal6489:20200531230704j:image

 

雪上迷彩面も、一枚裏側は通常迷彩です。

これ、意外と目立ちますよね。
f:id:akmuzifal6489:20200531230721j:image

 

雪上迷彩面ポケット

こちらもボタンで開閉

このポケットがダミーのモデルもありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200531230651j:imagef:id:akmuzifal6489:20200531230812j:image

 

雪上目迷彩面袖
f:id:akmuzifal6489:20200531230830j:image

 

袖口のストラップもリバーシブル

f:id:akmuzifal6489:20200601143316j:image

 

 

ウエストのドローテープ付け根にはスリットがあって、一本のテープを両面で使用できるようになっています。
f:id:akmuzifal6489:20200531230755j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ドイツ陸軍防寒リバースブル迷彩パーカー(スプリンターパターン)の特徴とは?

迷彩は、一般迷彩面がカーキーグレイをベースに、ブラウンとグリーンでスプリンター(破片)模様を描き、ほとんどの部分にブラックグリーンで長い破線を加えています。

パターン自体は、ドイツ国防軍が1931年に採用したツェルトバーン(テント、天幕)と同じです。

でも、今回のモデルは、ブラウンの赤味が強い色調です。

(当時の官給品にも、同じようなパターンがありましたよ。)

裏面は白色で、雪上迷彩になっていますよ。

 

生地は、おそらく前出の津ツェルトバーンと同じではなく、より薄い別生地のようです。

今回のモデルには、当時の官給品同様コットンの中綿が入っていますよ。

(量はやや少ないようですが…。)

そのため、やや重く当時の欠点であった水を吸った時に重くなったり、乾きにくかったりと言う欠点も見事に再現しています。

(ここはポリエステルでよかったような気もします😓)

 

デザインは、前作グレイ単色の防寒リバーシブルパーカーを原型としています。

フード付き、左右の腰ポケットで、着丈が短いです。

これは、通常ペアで使用するオーバーオールがあるからなんですね。

そうそう、完全リバーシブルです。

 

特筆するべきはその前合わせで、なんと三重になっていますよ!

(万全というか、やりすぎでは?←素人判断!)

 

私が観た当時の官給品は、実際に戦闘で使用されたものだったので、めちゃくちゃ汚れていて各部も擦り切れていました。

でも、今回のモデルはそれを思い出させるくらい、よく出来ていますよ。 

4  ドイツ陸軍防寒リバースブル迷彩パーカー(スプリンターパターン)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1980年代

 ・製造場所                   不明

 ・契約会社                   不明

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                表記なし

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約69センチ

                                    肩幅  約54センチ

                                    身幅  約67センチ

                                    袖丈  約63センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 民生品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ドイツ陸軍防寒リバーシブル迷彩パーカー(スプリンターパターン)まとめ

実際に着用してみると、まず重いです。

また、着膨れしている感じがしますね。

イメージ的には、現代の防寒着のように軽い素材を重ね着するのではなく、「冷気はこの1着で止める!」という考えのもとに設計された感じですね。

でも、けっして不快ではないですよ。

 

ただ、ウエストのドローテープ、前見頃の重ね、そしてフードの裏側がすぐに迷彩だったりホワイトだったりというのは、リバースブルでの迷彩効果を半減させているような気がしますね。

というのも、狙撃兵が使用する照準眼鏡(スコープ)では、森林の中で白いものはとても目立って、良い標的になるからです。

ましてや暗視装置の発達した現代では、夜に白いものは輝いて見えるので致命的ですね。

(かつて自衛隊の「曹」と呼ばれる階級の階級章は、白地でした。夜間、暗視装置みると、頭の位置がすぐわかりましたね。カモでした。)

 

それはともかく、迷彩服としては、これも効果的な迷彩ですね。

日本のフィールドでも十分に使えそうです。

 

冬季のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、そして勿論ヒストリカルゲームにも使えるでしょう。

 

今回のモデルは、おそらく海外製です。

現在でも、継続的に生産されているので、入手は容易のようです。

でも、軽量で優秀な防寒装備がある現在では、やはりヒストリカルゲーム主体で使用するのが良いのかもしれませんね。

 

今回は、ドイツ国防軍(陸軍)の防寒パーカーを分析しました。

次回は、アメリカ軍のジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の第二次大戦中ドイツ軍迷彩装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.co    ✳︎               ✳︎               ✳︎

今日も会社のパトロールと機材の点検に行ってきました。

すると、一定の間隔で道路にヒバリさんが沢山いましたよ。

車をゆっくりと近付けると、最初は歩いて、最後には飛んで逃げます。

でも、何故か車の前方に逃げるんですよね💕

野生のウサギさんも同じなのですが、何故でしょう?

横に逃げれば良いのですが…。

友達になったら教えてくれるかな?

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夢想花

夢想花

  • 円 広志
  • J-Pop
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes