いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

多機能が魅力!【アメリカ軍装備品】陸軍エアクルー・サバイバルベスト(ODモデル)とは? 0713 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210404171912p:plain

今回は、1990年代のアメリカ陸軍エアクルーサバイバルベストを分析します。

ヘリコプターに搭乗するパイロットやメディック、ドアガナーなどが着用していました。

ウッドランド迷彩全盛期の装備ですね。

今回は、ほとんど使用されていない極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍エアクルーサバイバルベスト(ODモデル)とは?

以前、アメリカ空軍のサバイバルベストSRU–21Pを分析しました。

 

これは戦闘機パイロットなどに支給されている、言わば簡易的なベストで、メッシュ生地に各種ポケットやホルスターを縫い付けるのが特徴でしたね。

(アメリカ全軍で使用されています。)

 

ポケット位置などを任意に変更できる画期的なサバイバルベストでしたね。

 

それに比べると、今回のモデルは仰々しい(語彙力!)デザインのベストになります。

 

SRU–21Pに比べて各種機能がさらにアップされていて、よりサバイバビリティが向上させていますね。

 

さてさて、それはどんなサバイバルベストなのでしょうか?

 

今回は、ベトナム戦争マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2 アメリカ陸軍エアクルーサバイバルベスト(ODモデル)の全体及び細部写真

前面

ベストなのですが両足に通すハーネスがあって、パラシュートハーネスのようなデザインですね。

f:id:akmuzifal6489:20210403194435j:image

 

背面

背面にはハーネスが「✳︎:アスタリスク」型に重なっています。

ちゃんと腰にもハーネスがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20210403194438j:image

 

ベスト展開裏側

前合わせはジッパーとハーネス  です。
f:id:akmuzifal6489:20210403194501j:image

 

ベスト展開背面
f:id:akmuzifal6489:20210403194426j:image

 

タグ

1993年度
f:id:akmuzifal6489:20210403194514j:image

 

背面のハーネスが重なり具合
f:id:akmuzifal6489:20210403194448j:image

 

ジッパーは「TALON」
f:id:akmuzifal6489:20210403194505j:image

 

右側の各種ポケット

全てマジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210403194443j:imagef:id:akmuzifal6489:20210403194518j:image

 

左側各種ポケット

こちらも全てマジックテーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210403194510j:imagef:id:akmuzifal6489:20210403194457j:image

 

背面のポケット

やはりマジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210403194452j:imagef:id:akmuzifal6489:20210403194431j:image

 

前身頃裏側には別隠しポケットが左右にあります。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210403194526j:image

 

両足のハーネスは、ラチェット式のフックで装着

外す場合は「コツ」が必要です。
f:id:akmuzifal6489:20210403194523j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3 アメリカ陸軍エアクルーサバイバルベスト(ODモデル)の特徴とは?

本体のベストは、メッシュ生地で、各ポケット、ハーネスなども全てノーメックス(難燃ナイロン)性です。

 

そのため、金属のバックルが装備されているにもかかわらず、意外に軽量です。

 

デザインは、メッシュ生地の素材に横2本、斜めに2本のハーネスが縫い付けられていて、前身頃でバックルやカラビナで連結できます。

 

両足に通すアーネス(金属製バックルやフックで取り外し可能)もあって、一見パラシュートハーネスのようです。

 

ポケットは、身体の左右で合計12個もあり、最初から縫い付けられています。

(多くのシチュエーションに対応させるため、ポケットを増やしたのでしょうか?)

 

SRU–21Pのように、前身頃裏側にも隠しポケットがありますよ!

 

全体的な縫製は、アメリカ軍スタンダードの「少々雑だが強度は抜群!」ですね。 

4 アメリカ陸軍エアクルーサバイバルベスト(ODモデル)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1993年

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     ノーメックス

         (難燃ナイロン)

          スチール

・表記サイズ    M

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)  

          着丈 約65センチ

          身幅 約54センチ

・状態       中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     沖縄の専門店

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5 アメリカ陸軍エアクルーサバイバルベスト(ODモデル)まとめ

厳重なパラシュート型ハーネスの装備は、身体を釣り上げることが可能ということを意味しています。

 

ヘリコプター搭乗時のみならず、ラペリングで地表面等に降下し、作戦後吊り下げられて撤収する…そんな柔軟な運用ができそうですよ。

(クルーを収納する時間がなかった場合。アメリカ軍の特殊部隊には、そんな専用ハーネスが装備されていますね。)

 

 ポケットの数も多く、使い方を習熟していれば実戦でも使い勝手の良いベストですね。

 

しかし、新しい概念(MOLLE)に基づく装備の開発及び新型迷彩(ACU)の導入に伴い、今回のモデルは極短い期間のみ使用されて、次のモデルにチェンジされました。

 

惜しいですね。 

 

ただし我々が普段の生活で使用するにはオーバースペックで、必要のないものが多く付いていますね。

 

使用するとしたら命綱をつけての磯釣りとか、ロッククライミング(?)くらいでしょうか?

 

でも、1990年代のアメリカ軍ヘリコプタークルーを再現するコスプレには欠かせないアイテムと言えますね。

(ウッドランド迷彩にとても合うベストですよ!)

 

さて今回のモデルですが、使用期間が短かかったことから、絶対数は少ないです。

 

それでも有名ショップやオークションでも、たまに見かけることがありますよ。

 

中には酷使されて、とても痛んでいる個体もありますが、今回のような極上品も多いですね。

 

探しているあなたは、よく確認して納得してから購入しましょう!

(コレクションとしてでも、一部に破損や欠品のあるものは購入を避けましょう。)

 

今回は、ヘビーデューティー過ぎて、普段使いには少々持て余すアメリカ陸軍エアクルー・サバイバルベストを分析しました。

次回は、エジプト軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の近年のアメリカ陸軍エアクルー装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました!

どう見ても、サイズは合っていないような気がするのですが???

ニャンズは、ことのほか満足しているみたいですね💕

 

そこまで箱が好きとは!😍

 

欲張らない人生を送りたいです。👍

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Hello, Again ~昔からある場所~

Hello, Again ~昔からある場所~

  • My Little Lover
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Dear My Friend

Dear My Friend

  • Every Little Thing
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
フレンズ

フレンズ

  • REBECCA
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes