いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

旧チェコスロバキアの軍服 陸軍迷彩ジャケットとは? 0058 Czechoslovakia

こんにちは!

今回は、今は亡きチェコスロバキアの迷彩服を紹介します。

初めて見る方には、インパクトが大きいかもしれません。

   目次

1  旧チェコスロバキアの軍服  陸軍迷彩ジャケットとは?

トルコ軍の迷彩服は「青い衝撃」、スイス軍の迷彩服は「赤い衝撃」でした。

今回紹介するモデルは、「黄色い衝撃」と言えるでしょう。

今では分離していますが、以前はチェコスロバキアという一つの国でした。

この迷彩服は、その時代のものです。

第二次大戦中から、優秀な兵器を作る事で有名なチェコスロバキア。

迷彩服も優秀だったのかもしれませんね。

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190526135500j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190526135512j:image

 

前面裏側  見えにくいですが、同じ規格のフラップ付きスラッシュポケットが3つあります。
f:id:akmuzifal6489:20190526135423j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190526135419j:image

 

前合わせはボタンのみ。でも完璧な防風対策が施されています。
f:id:akmuzifal6489:20190526135455j:image

 

こんな風に二重のフラップがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190526135400j:image

 

ボタンホールはODの生地で補強されています。
f:id:akmuzifal6489:20190526135444j:image

 

右胸ポケット 2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190526135503j:image

 

鎖骨辺りには、偽装用ループが。
f:id:akmuzifal6489:20190526135409j:image

 

ポケットの中もODの生地
f:id:akmuzifal6489:20190526135507j:image

 

袖口はボタンで絞りを調整可能
f:id:akmuzifal6489:20190526135440j:image

 

内側にもゴムを内蔵しボタンで開閉する別の袖が。防風対策は万全ですね。もしかして?
f:id:akmuzifal6489:20190526135428j:image

 

右後ろ腰ポケット  2個のダットファスナーが錆び付いていて固着してます。
f:id:akmuzifal6489:20190526135432j:image

 

背中にあるボタン 用途は、皆さんならご存知ですよね。
f:id:akmuzifal6489:20190526135437j:image

 

肘には補強布が。
f:id:akmuzifal6489:20190526135403j:image

 

内側ポケットのスタンプ  剣が交差するのがチェコスロバキアのマーク
f:id:akmuzifal6489:20190526135413j:image

 

その裏側にある手書きとスタンプの番号
f:id:akmuzifal6489:20190526135405j:image

 

フード内側 うなじのループと、フード固定用テープ
f:id:akmuzifal6489:20190526135446j:image

 

ウエストにはドローテープ  ウエスト周りは、ゴム入りOD布で外気を遮断することができます。

アメリカ軍のECWCSパーカーの初期型みたいですね。

内ポケットはそれぞれ角度が付いています。
f:id:akmuzifal6489:20190526135416j:image

 

フードは縁にゴムを内蔵  2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190526135426j:image

 

前合わせ大きなボタン
f:id:akmuzifal6489:20190526135450j:image

 

ポケットはふた回りくらい小さいボタン
f:id:akmuzifal6489:20190526135515j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  特徴

まず迷彩です。

厚手のコットンホワイトの生地にレモンイエローベースに、オレンジイエロー、オレンジ、グリーン、ブラックバイオレットで、破片のような雲形のような模様と一部斑点を描いています。

およそ軍装備品とは思えない迷彩ですね。

ひまわり畑で効果を発揮しそうなイメージがあります。

デザインも独特で、表面にポケットは少ないのですが、なんと内ポケットが3つも準備されています。

いずれもスラッシュポケットですが、表面には出てきていません。

…ということは、シェルとライニングの狭間にポケットがあるんですね。

また腰には外気を遮断するためのゴム入り布が準備されています。

袖もそうですが、この準備万端の防風防寒対策!もしかしてこのジャケットは空挺用でしょうか?

確か、一般兵科用のジャケットもコレクションしているはずなので、後日比べてみたいと思います。

4  諸元

   ・製造年又は契約年度       1961年

   ・製造場所                         チェコスロバキア

   ・契約会社                         チェコスロバキア

   ・製造会社                                    〃

   ・材質                                コットン

   ・表記サイズ                      3(2A)

   ・各部のサイズ(平置)

                                     着丈  約78センチ

                                     肩幅  約49センチ

                                     身幅  約63センチ

                                     袖丈  約63センチ

   ・状態                       中古極上品

   ・官民区分                官給品

   ・入手方法                大阪専門店

  

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

実は大好きな迷彩です。

特撮「ウルトラマン」で初めてウルトラマンを倒した怪獣(宇宙恐竜?)ゼットンの胸の色に似ているので、一人で「ゼットン迷彩」と呼んでいます。

初めて店舗で見た時のインパクトは強烈で、一目惚れしてしまいました。

(変態ではありません。)

これをサバイバルゲームで使用している方はいらしゃるのでしょうか?

おそらく、フィールドでこの迷彩を見たら、相手方の動作が固まってしまうのではないでしょうか?

(志村ケンさんの「なんだつぃみは!って感じで。)

どちらかというと、シティーユースで使い道がありそうです。

勿論、絶滅危惧種です。見かけたら保護してあげましょう!

 

今回は、旧チェコスロバキアのビビットで素敵な迷彩服を紹介しました。

次回は、陸上自衛隊の希少な迷彩服を紹介します。お楽しみに!

       ✳︎            ✳︎           ✳︎

また一週間の始まりですね!

今週は前半に気圧の谷が通過するので、天気が崩れるところがありそうですね。

でも気温は高い状況が続きます。

体調管理を万全にして、今週も頑張りすぎず頑張りましょう!

 

読んでいただき、ありがとうございました。