いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】防寒難燃パイロットスーツ(CWU–64P)とは? 0528 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の防寒パイロットスーツを分析します。

以前分析したCWU–1Pの後継モデルですね。

なんと殆どが難燃繊維でできている、夢の防寒パイロットスーツですよ。

今回は中古品ですが、極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ軍防寒難燃パイロットスーツ(CWU–64P)とは?

航空機が開発されたのは、1903年アメリカのライト兄弟が最初とされています。

既にこの頃から、パイロットの天敵は、上空の低い気温と機内の火災でした。

 

これは現代の軍用機でも同様です。

 

特に近年では、高射砲や各種ミサイルの性能が向上し、被弾による機内の火災と高空における緊急脱出などが懸念されていますね。

 

被弾や火災でも、どうやってパイロットの生命を守るかを最優先に考えるようになりましたね。

(機体はいくらでも(?)製造できますが、パイロットの養成は簡単ではありませんから当然の考え方ですね。)

 

アメリカ軍でも、まず1960年代くらいから、CWU(コールドウェザーユニフォーム)という一連の防寒装備を開発してきました。

 

そしてベトナム戦争の戦訓を取り入れ、1970年代くらいからはユニフォームの素材を次第に難燃繊維に変えていきましたよ。

 

素晴らしいですね。実戦を経験している軍隊は、良い意味で進化し続けていますね。

 

今回のモデルは、そんなアメリカ軍がパイロットのために開発した防寒難燃のパイロットスーツになります。

 

とてもリッチな造りに、いったいどのくらいのコストが掛かるのか?…と心配してしまうくらいですね。

 

さてさて、それはどんなパイロットスーツなのでしょうか?

今回は、アメリカ軍パイロットマニアのみならず、通年キャンパーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アメリカ軍防寒難燃パイロットスーツ(CWU–64P)の全体及び細部写真

全体前面

デザインは、CWU–1Pを概ね踏襲していますね。

f:id:akmuzifal6489:20200929163336j:image

 

前面上半身
f:id:akmuzifal6489:20200929163222j:image

 

前面下半身
f:id:akmuzifal6489:20200929163213j:image

 

全体背面
f:id:akmuzifal6489:20200929163328j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20200929163247j:image

 

背面下半身
f:id:akmuzifal6489:20200929163302j:image

 

前面裏側上半身

アラミドのキルトがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200929163355j:image

 

前面裏側下半身

下半身にもキルトがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200929163352j:image

 

背面裏側上半身

フライトジャケットCWU–45Pなどと同じキルトのライニングがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200929163306j:image

 

背面裏側下半身
f:id:akmuzifal6489:20200929163259j:image

 

前身頃はジッパーで開閉

ちゃんとストームフラップもありますよ。
f:id:akmuzifal6489:20200929163239j:image

 

襟周りのレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20200929163348j:image

 

タグ

1987年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20200929163226j:image

 

胸ポケット

オープンタイプのスラントポケットですね。

ポケット内側の生地は、シェルと同じものですね。
f:id:akmuzifal6489:20200929163203j:imagef:id:akmuzifal6489:20200929163332j:image

 

腰のスリット

ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200929163344j:imagef:id:akmuzifal6489:20200929163314j:image

 

右袖ポケット

水平のジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200929163158j:image

 

左膝ポケットとナイフポケット

膝ポケットは垂直ジッパーで、ナイフポケットはダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200929163235j:image

 

裾内側のジッパー

かなり長いジッパーで、これならブーツを履いたままでも履きやすそうです。
f:id:akmuzifal6489:20200929163310j:image

 

右ふくらはぎポケット

ジッパーで開閉

こちらにはペンポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200929163251j:image

 

左ふくらはぎポケット

こちらもジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200929163322j:image

 

ネイムタグ用マジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20200929163230j:image

 

袖ポケット
f:id:akmuzifal6489:20200929163254j:image

 

袖口はマジックテープで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20200929163318j:image

 

背面ウエスト部の伸縮生地

民間の作業用つなぎと同様のデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20200929163339j:image

 

名人ジッパーは上下から開くダブルジッパーです。

刻印は「SCOVILL」
f:id:akmuzifal6489:20200929163208j:image

 

フード前面

襟の中には簡易フードを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20200929163218j:image

 

フード背面
f:id:akmuzifal6489:20200929163243j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ軍防寒難燃パイロットスーツ(CWU–64P)の特徴とは?

シェルの生地は当時のCWU–45P、–36Pなどと同じ、セージグリーンのナイロン系ノーメックス製で、表面には艶があります。

とても綺麗ですね。

 

一方ライニングは、前面が艶消しノーメックス製のキルトです。

(背面は上半身と下半身前面がキルトです。)

下半身背面は、シェルと同じ生地ですね。

 

デザインは、エポレットなし、胸ポケット×2、膝ポケット×3、ふくらはぎポケット×2、袖ポケット、腰スリット×2で、襟には簡易フードを内蔵しています。

 

面白いのは、裾のジッパーが長いものに変更されているところで、これでブーツを履いたままの着脱がより迅速にできるようになりました。

 

反面、胸ポケットはオープンタイプで、内側の生地も通常のノーメックスに変更されていますね。

(CWU–1Pではポケット口にダットファスナーがあって、内側は起毛した暖かい生地でしたね。)

 

全体的な縫製は、一番外に使用されている糸がやや弱い感じがします。

(この時代のノーメックス系のジャケットなども一部でありましたね。)

 

でも、基本は少々雑ですが、頑丈なアメリカンスタンダードですよ。  

4  アメリカ軍防寒難燃パイロットスーツ(CWU–64P)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1987年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          ノーメックス

 ・表記サイズ               38R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約160センチ

                                    肩幅  約51センチ

                                    身幅  約53センチ

                                    袖丈  約57センチ

                             ウエスト  約49センチ

                                    股下  約71センチ

                                    裾幅  約25センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ軍防寒難燃パイロットスーツ(CWU–64P)まとめ

 1980年代に日本でアメリカ軍難燃繊維製のジャケットが販売された時、一着6万円以上しました。

 

バブル期とはいえ、やはりMA–1などのナイロン製ジャケットに比べて、手の届かないアイテム…といったイメージが今も残っていますね。

 

極端な話ですが上半身だけで6万円以上だったら、今回のモデルのように全身だったらいくらで販売されたでしょうね?

(1980年当時、今回のモデルは大々的に販売されていませんでした。)

 

そんな高価な衣類をバンバン調達するアメリカ軍は、本当に凄い軍隊です。

 

一説によると、アラミドやノーメックスのナイロン系難燃繊維は、保管期限が定められたAC(エイジ・コントロール)品目らしいですね。

 

そのため現在払い下げられているものは、未使用品でも保管期限切れの物が多いらしいです。

 

とはいえ、中古品でもナイロンのように燃え上がり溶け落ちて大火傷になるということはないようですよ。

 

実際に着用すると普通に暖かいのですが、バイクなどで使用すると風の当たる部分から急速に冷えてきますね。

(風は通さないのですが、時間と共に膝が冷たくなってきました。ナイロン系だからでしょうか?)

 

冬はさすがに素肌の上へこのカバーオールを着用する人はいないと思いますが、例えばトレーナーでも下に着込んでおいた方が良さそうですね。

 

防寒に加えて難燃繊維製ということを考えると、 冬のキャンプにうってつけかもしれませんよ。

(焚き火の火が燃え移っても、燃え上がることはなさそうです。)

 

他にもスキーウェア、迷彩スモックを加えて野鳥観測、狩猟などにも使えそうですね。

 

価格もバブル期を基準にすると、ずいぶん安価になってきています。

 

現在では、楽天などでも未使用品が簡単に入手できますよ。

(良い時代になりましたね。)

 

取り扱い時には、紫外線による部分褪色に注意してください。

 

今回は、アメリカ軍が誇る最強の防寒パイロットスーツを分析しました。

次回は、インドネシア軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルの前作はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

他のアメリカ軍パイロットスーツはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com    ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

 小石で遊んだりするんですね。

 

子イルカさんのお腹が可愛いです💕

心配して近いてくるお母さんも可愛いですね😍

 

観にいきたいです。

(普通に海でも会いたいですね😃)

 

癒されました。👍

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


実物 新品 米軍CWU-64/P NOMEX フライトスーツミリタリー 軍物

スポンサーリンク

粉雪

粉雪

  • BENI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes