いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【アメリカの軍服】陸軍迷彩カバーオール(ダックハンター・カーキタイプ)とは? 0649 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、1940年代のアメリカ軍陸軍の迷彩カバーオール(ワンピース)を分析します。

以前も同じカバーオールを分析しました。

でも、今回のモデルは迷彩色調が違っているモデルになります。

残念ポイントもありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(ダックハンター・カーキタイプ)とは?

第二次大戦中にアメリカ軍が公式的に採用した唯一の迷彩であった、ダックハンターパターン。

(フロッグスキン、レオポルドパターンとも呼ばれています。)

 

上下セパレートの戦闘服、空挺スモック、ヘルメットカバー、テント、ポンチョ、リュックサック(ジャングルパック)などに使用されました。

(でも殆ど限定使用でしたね。)

 

そして、今回のモデルのようなカバーオールも存在しましたよ。

 

元々カバーオールは陸軍の装備でしたが、海兵隊の特殊部隊である「レイダーズ」が使用していたことでも有名ですね。

 

でもこの迷彩服には、原因は不明ですが色調の違うモデルが存在しています。

 

今回のモデルは、前回と違ってカーキが目立つのが特徴ですね。

 

さてさて、それはどんな迷彩カバーオールなのでしょうか?

 

今回は、第二次大戦中のアメリカ軍装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(ダックハンター・カーキタイプ)の全体及び細部写真

全体前面

f:id:akmuzifal6489:20210128173236j:image

 

前面上半身
f:id:akmuzifal6489:20210128212601j:image

 

前面は下半身
f:id:akmuzifal6489:20210128212512j:image

 

全体背面
f:id:akmuzifal6489:20210128212346j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20210128173221j:image

 

背面下半身
f:id:akmuzifal6489:20210128212616j:image

 

全体前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210128213153j:image

 

前面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210128213206j:image

 

前面下半身裏側

f:id:akmuzifal6489:20210128212500j:image

 

全体背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210128212528j:image

 

背面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210128212957j:image

 

背面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210128212334j:image

 

前合わせはジッパーと頂部のダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20210128212205j:imagef:id:akmuzifal6489:20210128214138j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210128213240j:image

 

裏側背中にはサイズスタンプが!

f:id:akmuzifal6489:20210131115536j:image

 

前合わせには認識番号?
f:id:akmuzifal6489:20210128212448j:image

 

胸ポケット

ダットファスナーで開閉

ポケット本体にプリーツ付き
f:id:akmuzifal6489:20210128212218j:imagef:id:akmuzifal6489:20210128212546j:image

 

腰ポケット

こちらもダットファスナーで開閉

そしてプリーツ付き
f:id:akmuzifal6489:20210128213108j:imagef:id:akmuzifal6489:20210128213048j:image

 

テーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20210128212633j:imagef:id:akmuzifal6489:20210128212659j:image

 

袖口は、ボタンとストラップで調整可能

ボタンは1個で、ストラップに2つのボタンホールあり。
f:id:akmuzifal6489:20210128212400j:image

 

裾はストレートで単純な筒です。

f:id:akmuzifal6489:20210128214933j:image

 

背中にはアクションプリーツあり。

f:id:akmuzifal6489:20210128215053j:image

 

インナーサスペンダー背面

f:id:akmuzifal6489:20210128212258j:image

 

背面サスペンダー基部は、色調の違う迷彩生地でできています。
f:id:akmuzifal6489:20210128212232j:image

 

前面左右にあるサスペンダー基部の迷彩生地の色調は同じですね。
f:id:akmuzifal6489:20210128173255j:image

 

サスペンダーガイド
f:id:akmuzifal6489:20210128213134j:image

 

股間の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20210128213220j:image

 

ジッパーは「CONMAR」

スライダーは大戦中のフライトジャケットマニアにはお馴染みのベル型ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210128212434j:image

 

袖の金属製ボタン
f:id:akmuzifal6489:20210128212244j:image

 

各部のダットファスナー

f:id:akmuzifal6489:20210128215203j:image


迷彩パターンの一部
f:id:akmuzifal6489:20210128212321j:image

 

HBT生地の様子
f:id:akmuzifal6489:20210128212421j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(ダックハンター・カーキタイプ)の特徴とは?

迷彩は、表側がカーキ、濃淡2色のブラウン&グリーンで大小様々な形の斑点を描いています。

(都合、5色迷彩になります。)

 

一方、裏面はタン、濃淡3色のブラウンで同じような斑点を描いています。

(こちらは4色迷彩ですね。)

 

一応表面を春夏側、裏面を秋冬側のリバーシブル…と言えなくもないですが、ポケットやジッパーは表側からしか使用できません。

(不完全なリバーシブルと言えそうですね。)

 

同じモデルの色調違いの例は以下のとおりです。

 

左:前回のグリーン系モデル

右:今回のカーキ系モデル

色調さが顕著ですね。

(でもパターンは全く同じ…。)

f:id:akmuzifal6489:20210129095504j:image

 

生地は、やや厚手のHBT(ヘリンボーンツイル:杉綾織)で、丈夫ですがやや重く、通気性も悪そうですね。

 

デザインは、エポレットなし、胸ポケット×2、腰ポケット×2ですが、上述の通り裏側にポケットはありません。

 

面白いのは、インナーサスペンダー(インターナルサスペンダー)が装備されているところですね。

 

効果のほどは不明ですが、多くの兵士がこのサスペンダーを切り取って使用していたことを考えると、あまり必要性がなかったのかもしれませんね。

 

全体的な縫製は、正確で強度も十分です。

4  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(ダックハンター・カーキタイプ)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1940年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    42L

         (日本人のXXL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約168センチ

          肩幅 約50センチ

          身幅 約61センチ

          袖丈 約68センチ

        ウエスト 約53センチ

          股下 約83センチ

          裾幅 約26センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     沖縄の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(ダックハンター・カーキタイプ)まとめ

大戦中のHBT(ヘリンボーンツイル)装備は、表記サイズより2サイズほど大きくデザインされていますが、今回のモデルも42Lとは思えないサイズ感ですね。

 

さて問題の「同じ迷彩の色調差が顕著」なことですが、当時の写真などを見ても明らかに色調の違うモデルが混在して使用されていることから、どうやら用途や地域に応じて使い分けていたわけではないようです。

 

また、約30年前に有名なミリタリー研究家のO氏から聞いた話では、

 

「当時は現在のように厳格なスペック(規格)はなく、染色の技術も確立されていなかったので、製造会社や製造時期によって色調誤差が出たのではないか?」

 

とのことでした。

 

確かに迷彩ではない標準的なOD単色装備でも、色調が大きく違うモデルが存在していますね。

 

さすがのアメリカも、かつてはおおらかだった…ということでしょうか?

(今でも?)

 

それはともかく、大戦中のアメリカ軍ダックハンター迷彩装備は貴重です。

 

また、数も減りつつありますね。

 

同じ時期のドイツやイギリス装備に比較すると、まだ安価に購入できるので、今のうちに集めて…もとい、保護してあげるのが良いでしょう!

 

また、近年続々と忠実なモデル品が発売されつつあります。

 

どうしても実用で着用したいあなたは、モデル品を購入しましょう!

(でも、意外とお高いですよ!)

 

今回は、大戦中のアメリカ軍迷彩カバーオールでカーキタイプを分析しました。

次回は、趣向を変えて、旧ソ連軍のコクピットクロックを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:前回のダックハンター迷彩カバーオールはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

アメリカ軍のダックハンター迷彩を参考に開発された装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


40's ビンテージ ★ 米軍 実物 USMC 海兵隊 フロッグスキン ダックハンター カモ柄 オールインワン つなぎ ( 男性 メンズ 38R ) 古着 迷彩| 【USA古着】中古 ミリタリー 迷彩柄 総柄 グリーン ブラウン 緑 茶 マリンコープ マリンコ カモフラージュ コノ字


米軍タイプ USMC M1942ジャケット リバーシブル ダックハンターカモ JJ154YNメンズ M-1942 迷彩 ミリタリージャケット カモフラ カモ柄 ユーティリティージャケット 第二次世界大戦モデル アメリカ海兵隊 USMC マリンコー【TKA】


米軍タイプ USMC M1942パンツ リバーシブル ダックハンターカモ カーゴパンツ PP174YNメンズ M-1942 迷彩 ミリタリーパンツ カモフラ カモ柄 ユーティリティーパンツ 第二次世界大戦モデル アメリカ海兵隊 USMC マリンコー

スポンサーリンク

Sister Golden Hair

Sister Golden Hair

  • アメリカ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes